プロフィール

はじめまして、神崎と言います。

ここでは、私のこれまでの経歴を含め、

「どんな思いでこのブログを運営しているか」

についてお話しさせてください。

現在、私は「友人から羨ましがられるほどの美人」を彼女にしています。

モデル経験のある美女であり、Instagramフォロワー数が4000人を超えているような女性です。

新宿や渋谷を歩くと、必ずと言っていいほどナンパされたり、スカウトされたりするそうです。

その他にも、美人で性格の良いエステ嬢のセ◯レが一人おり、

「会いたいときに会って、デートしたり、セッ◯スしたりする関係」

を築いています。

過去には、

  • 「菜々緒似」のモデル経験者に「彼氏になってほしい」と言われたり、
  • セッ○スフレンドを5人作って、毎週土日に違う女性とセッ○スをしたり、
  • ナンパした丸の内OL女性の家での3Pをしたり、
  • 「本田翼似」の美人美容師とセッ○スフレンドになったり、
  • 「原宿系雑誌」の読者モデルとワンナイトラブをしたり、
  • 「Eカップの巨乳ピンサロ嬢」をストナンしてセッ○スしたり、
  • 「石原さとみ似」の彼氏持ちの会社の同期の女の子と告白せずにセッ○スしたり、

といった経験があります。

このようなことを言うと、

「どうせ、お前はもともとモテてたんだろ?」
「学生時代からイケイケのグループだったんだろ?」

と、思うかもしれません。

ですが、それは全くの間違いです。

むしろ、その「逆」です。

私は数年前まで

「どうすれば彼女ができるんだろう…」

と悩む非モテの童貞でした。

では、なぜ今は美人の彼女を作れているのかというと、

「マッチングアプリとストナンで経験を積みまくったから」

です。

・・・正直に告白します。

私は22歳まで童貞でした。

「22歳で童貞を卒業したなら、十分早いじゃないか」

と思うかもしれませんが、周りの友人は全員童貞を卒業していたため、

「何で俺だけ…」

というコンプレックスがとても強かったのです。

1. 「別に女とか興味ないわ」と嫉妬していた時代

中学時代は勉強ばかりしている「ガリ勉」でした。

もちろん、女子と仲良くできるタイプではありません。

当然、彼女ができることもなく、そのまま高校生となりました。

高校に入っても「非モテ」の状況は変わらず、クラスのモテる男がかわいい彼女と楽しそうに過ごすのを横目に、男とばかりつるんでいました。

サッカー部や野球部のモテる男たちが女子と楽しそうにしゃべっている中、クラスの片隅で将棋をしているような男だったのです。苦笑

口では、

「別に女とか興味ないわ」

と強がっていましたが、本当は、彼女がいる男が羨ましくて仕方がありませんでした。

「いいな、モテる男はかわいい彼女がいて」

と心の中でずっと嫉妬していたのです。そうして高校でも彼女ができることもなく、大学へと進学いたしました。

中学・高校で、彼女が一人もできなかったため、

「大学に入ったら絶対かわいい彼女作って童貞を卒業するんだ!」

と息巻いていたのをよく覚えています。

ですが、中学・高校時代でモテなかった男が、大学に入って急にモテる訳がありません。

「サークルに入ったら、彼女ができるかな…」

と思っていくつかサークルに入ってみるものの、かわいい女子はサークルのイケメンに全て取られてしまい、私が彼女を作れる気配は全くありませんでした。

「どうすれば彼女ができるんだろう」

という焦りがふくらみ、心の中は

「早く童貞を卒業したい」

という思いでいっぱいでした。

特にサークルでの飲み会は「本当に辛かった思い出」です。大学生のサークルの話題なんて、基本的には「恋愛」の話ばかりだからです。

「昨日彼女とエッチした」
「サークルの後輩の女の子と付き合うことになった」

そんな話ばかりだからです。

童貞で女性経験のない私は、会話に参加することもできず、

「ハハッ」

と、ただ愛想笑いするだけ。

サークルの飲み会に参加するたびに、自分だけが取り残されているような疎外感を味わっていました。

・・・そして、大学4年で事件は起こりました。

大学4年生のある日、サークルの友人の男と飲んでいた時、

「おれはまだ童貞だよ」

と友人に言ったところ、

「えっお前、まだ童貞なの!?」

とバカにされたのです。

私はこの時の悔しさを今でも鮮明に覚えています。

「おれは一生彼女ができないのかもしれない…」
「一生童貞だったら、どうしよう…」

という思いが心の中でかけめぐりました。

「えっお前、まだ童貞なの!?」

と友人にバカにされたことをきっかけに、私は

「見てろよ、俺は本当にモテる男になってやる」

と、心に誓ったです。

2. 童貞卒業にはマッチングアプリしかない

しかし、

「モテるには何をすればいいか」

が全く分かりませんでした。

ただ、いくつかの恋愛ブログを読むうちに、

「彼女を作るにはマッチングアプリが一番早い」

ということを発見しました。

理由は

  • 女性も出会いを求めている場だから
  • 恋愛経験値が低い女性もたくさん参加しているから

です。

「おおっ、これだ!!」

と思い、早速マッチングアプリを始めると、確かに女の子と出会えることができました。

「やばっ、ホントに会えるのか!!」

と思いながら、何人かの女の子と出会うのはいいものの、

「どうやってセッ◯スまで持ち込めばいいのか」

が全く分かりませんでした。

「告白すればいいのか?」
「酔わせればいいのか?」

と右も左も分からないまま、ひたすらマッチングアプリで女の子との出会いを重ねていました。

3. 「あれ?これ、もしかしてエッチの流れ?」

マッチングアプリでは、

「出会っては連絡が途切れ、出会っては連絡が途切れ」

という状態が続いていましたが、ついに何度かデートをしてくれる女の子が現れました。

22歳で同い年のレストランのウェイターの女の子でした。

正直、あまり可愛くはありませんでした。

しかし、

「何としても童貞を卒業したい」
「早く周りの男友達に、追いつきたい」

という思いがとても強かったため、デートを重ねることにしました。

そうして重ねた3回目のデートで居酒屋を出た後、今までと違う雰囲気が流れました。

なんとなく

「女の子が私に好意を抱いている雰囲気」

だったのです。

私は、

「あれ?これ、もしかしてエッチの流れじゃね?」

と思い、何気なく手をつないでみました。

拒否はありませんでした。

しかも、なんと・・・

女の子が手を握り返してきたのです!

私は、

「やばい!これは童貞卒業のチャンスだ!」

と思い、手を繋いだまま歌舞伎町のラブホテルへ向かいました。

心の中は

「これでおれもついに童貞卒業だ!!」

と心臓バクバクでしたが、クールな男を装い、ラブホテルのタッチパネルを華麗にプッシュしました。笑

「ピコンッ!」

という音が鳴り、受付のおばさんに、

「ショートタイム3時間は、6800円です!!」

とぶっきらぼうに言われ、代金を支払いました。

そして、ついに入室です。

待ちに待った童貞卒業の時がきたのです。

「俺はこれからついにエッチするのか?」

と思ったのは覚えてますが、どんな会話をしていたかは全く覚えていません。

「シャワー浴びてきなよ」

とカッコつけていたのは、覚えています。苦笑

そして、いよいよ「そのとき」がやってきました。

AVで得た中途半端な知識をもとに、見よう見まねで愛撫をし、いざ「挿入」のタイミングとなりました。

・・・正直、あまり気持ちよくはありませんでした。

「とにかく1秒でも早く、童貞を卒業したい」

という思いが強すぎたのが、原因かもしれません。苦笑

こんな流れで、私は22歳で童貞を卒業しました。

4. ブスで童貞を失ってしまった

童貞を卒業したのは良いものの、私の心には「モヤッとした感情」が残ったままでした。

なぜかというと

「相手の女性が可愛くなかったから」

です。

初セッ◯スが終わった感想は、

「童貞卒業できてよかった!」

という達成感が1割と、

「可愛くない子で童貞を失ってしまった…」

という虚しさが9割でした。

とはいえ、童貞のときは

「おれはモテない」

と自分にあまり自信がなかったのですが、童貞を卒業してからは、ちょっとだけ自分に自信を持つようになりました。

「こんなおれでも、セックスしてくれる女性はいたんだ…」
「男としての自分を認めてもらえた…」

という安心感ともいる感情でした。

ただ、童貞を卒業してからは、

「もっと美人と関係を持ちたい」

という思いがだんだん強くなっていきました。

出会いからセッ◯スまでの流れがなんとなく分かった後は、マッチングアプリで何人かの女性と関係を持ちました。

でも、その中には

「自分が満足できるほどの美人」

はいませんでした。

「どうすれば美女と関係を持てるのか」

をネットで検索したところ、

「ナンパをすれば美女とエッチできる」

ということが分かったのです。

そうはいっても、ついこのあいだまで童貞だった私は

「こんなおれにできるのか?」

という思いでいっぱいでした。

ですが、それ以上に強かったのが、

「どうしても死ぬ前に最高の女性を彼女にしたい」

という思いです。

「妥協した女性と付き合っていたら、死ぬときに絶対後悔する」

という思いのもと、ナンパの道へ進むことを決意いたしました。

5. ナンパで女性にシカトされるのが怖い

ストナンを決意したまでは良いものの、やり方が全く分かりません。

とりあえずストナンの教材をいくつか買ってみて、何度か女の子に声かけをしてみるものの、

「(無視)」
「いや、いいです…」

という拒否ばかりでした。

しかし、声をかけ始めて5人目ぐらいです。

・・・なんと一人の女の子が笑ってくれたのです!

「来た!!!」

と思った私は、

「ヒマですよね!おれもめっちゃヒマです!」
「コーヒー飲みたいですよね!?」

というキモい会話でなんとかカフェに連れ出すことに成功したのです。笑

20歳の看護師の女の子で、その後何もつながらなかったのですが、

「初めてストリートナンパで連れ出せた」

という事実が、めちゃくちゃ嬉しかったのを覚えています。

「おれスゴくね!?」
「やればできるじゃん!」

という思いです。

この一件で、自分に少し自信を持つようになりました。

しかし、女の子に声かけしようとする度に襲ってくる、

「無視されたらどうしよう」

という恐怖は全然消えていませんでした。

声かけに躊躇している状態をナンパ用語では「地蔵」と呼びますが、この「地蔵」が1か月ほど続きました。

そんな「地蔵」を打破すべく、私はネット上で知り合った、あるナンパ師に弟子入りすることになったのです。

弟子入りしたナンパ師に会うやいなや、私は

「お前は、見た目がダサすぎる」

と言われました。

それからというものの、髪型、ファッション、トークなどのあらゆる知識をたたきこまれ、街でナンパを繰り返す日々が始まりました。

仕事があったので、ナンパをするのは土日でした。

土日は足が棒になるまで、ひたすら女の子に声かけを続けていました。

「月~金は仕事、土日はナンパ」

という狂った生活を半年ほど続けたと思います。

6. 全く知らない美女と出会って1時間でホテルへ

ナンパを始めた当初は失敗ばかりでした。しかし、試行錯誤を繰り返すうちに、ターニングポイントが訪れました。

いつものように土曜の夕方に街で女の子に声をかけて、公園に連れ出したあと、手をつないでキスをしたら、いい感じの雰囲気になり、そのままラブホテルへ…

初めて「即セッ◯ス」を経験したのです!

「さっきまで全く知らなかった女性とセッ◯スしている…」

という状況に自分で自分が信じられませんでした。

ドクドクと出るアドレナリン。

「自分の実力で女性を落とした」

という達成感に包まれたのをよく覚えています。

「童貞で悩んでいた俺、がナンパで女性を落とせるまでに成長した」

という事実が、何よりも嬉しかったのです。

このとき、自分に絶対的な自信を持つようになりました。

「もう童貞で悩んでいた時の俺じゃない…」

という思いです。

完全に調子に乗った私は、ストリートナンパでみるみるうちに成長しました。

  • 女の子を楽しませるカラオケ
  • キステクニック

を身につけ、ストリートで声をかけて、カラオケに連れ出せれば、

「半分ぐらいの確率でセッ◯スまで持っていける」

というレベルになりました。

「こんな美人と何を話せばいいんだよ…」

とビビるような美人とも、関係を持てるようになりました。

7. そして、女遊びを繰り返すように

完全に調子に乗った私は

  • 「菜々緒似」のモデル経験者に「彼氏になってほしい」と言われたり、
  • セッ○スフレンドを5人作って、毎週土日に違う女性とセッ○スをしたり、
  • ナンパした丸の内OL女性の家での3Pをしたり、
  • 「本田翼似」の美人美容師とセッ○スフレンドになったり、
  • 「原宿系雑誌」の読者モデルとワンナイトラブをしたり、
  • 「Eカップの巨乳ピンサロ嬢」をストナンしてセッ○スしたり、
  • 「石原さとみ似」の彼氏持ちの会社の同期の女の子と告白せずにセッ○スしたり、

と、童貞のときには考えられない女遊びを繰り返すようになったのです。

こうして私は

「女性には不自由しないような男」

になっていきました。

  • モテない男への優越感
  • 童貞だった自分から成長した達成感

をひしひしと感じていました。

エッチした後に美女からベッドの中で聞かされる「口説いてくる男の愚痴」を聞いている時は、なんとも言えない優越感にひたっていました。

「この男からずっと口説かれてるんだよね…」
「この男何回も告白してくるんだよね…」

と女の子が私に語りかけてくるのに対し、

「へえ…モテるんだね…」

と聞き流しながら、

「その男は、何回も告白しているのに、この女の子とセッ◯スできてないのか…」
「おれは告白もしてないのに、セッ◯スしてるのに…」

と口説いても落とせない男への優越感を感じていました。

お金の力でなく、自分の魅力だけで、美女をモノにできた喜び。

まるで

「自分が世界を支配したような気持ち」

になったのを覚えています。

8. 美女の「口説いてくる男がキモい」に心が痛む

しかし、ベッドで美女から

「口説いてくる男がキモい」

という愚痴を聞くたびに、私はなぜかとても心が痛いのです。なぜなら、その女の子が「キモい」と言っているその男は、昔の私そっくりだったからです。

「童貞だったころの俺そっくりじゃん…」

という思いでいっぱいでした。

女の子が「キモい」と言っているその男は「とても優しい男」なのです。

「お前を絶対幸せにする!」

という一途な男なのです。

私は

「一途な男が女子からネタにされている現実」

にとても心が痛みました。

そして、ふと我に返り、

「おれは何でナンパを続けているんだろう…」
「美女を彼女にできたし、もうナンパを続ける必要ないや」

と思い、急速にナンパへの情熱が失われていきました。

・・・そして、今に至ります。

ちなみに今の彼女はマッチングアプリで知り合った女性で、ルックスも性格も文句なしの最高の女性です。

雑誌のモデル経験があり、Instagramフォロワー数が4000人を超えているような女性です。新宿や渋谷を歩くと、必ずと言っていいほどナンパされたり、スカウトされたりするそうです。

私はストナンで培った知識・経験で現在の彼女を口説き落としました。facebookに彼女と映った写真をアップすると、昔の学生時代の同級生から、

「お前、何でそんなかわいい彼女いるの!?」

と驚かれます。

それもそのはずで、学生時代は私まったくモテない男だったので、クラスでモテていた男からすれば、意味が分からないのです。

「なんであのダサかった奴が!?」

という印象だと思います。

9. 「そうだ、おれも昔童貞で悩んでいたんだよな」

私がこのブログを運営している理由は、

「あなたにモデル級に美人な彼女を作ってほしいから」

です。

これが私の正直な気持ちです。

会社で、童貞で悩む同僚に

「彼女欲しいけど、出会いがない…」

という相談をされた時に、私はハッとしました。

「そうだ、おれも昔童貞で悩んでいたんだよな」

ということを思い出したのです。「恋愛で悩んでいる男性」が世の中にはたくさんいることに気づいたのです。

そして、そういった「恋愛で悩んでいる男性」に対して、世の中の大人たちのアドバイスはあまりにも冷たいことに気付きました。

Yahoo!知恵袋などで、

「童貞を卒業したいのですが、どうすればいいでしょうか?」

という質問に対して、

「さっさと風俗で童貞を捨ててこい」
「すぐ人に頼る姿勢がモテない理由だ」

という、相手を傷つける回答ばかり並んでいることを知りました。私はこういった冷たいアドバイスに対して、激しい怒りを覚えます。

質問者の男性は、勇気をふりしぼって質問したはずです。そんな本気で悩んでいる男性に対して、

「さっさと風俗で童貞を捨ててこい」
「すぐ人に頼る姿勢がモテない理由だ」

と答えるような男を、私は心の底から軽蔑します。

なぜなら

「彼女ができない」

と悩んでいる男性の悩みがどれだけ深いかをよく分かっているからです。

・・・正直、痛すぎるほど分かります。

そんな「深い悩み」を他人にさらけ出す恥ずかしさも私は他人事には思えません。

まさに、私が通ってきた道だからです。

あなたには、

『恋愛で悩む男性をバカにする男が連れてる女』より、100倍美人な彼女を作って欲しい

という強い思いが私にはあります。

10. モテる方法を「知っているか、知らないか」の違い

モテる男はなぜモテているのでしょうか?

  • 顔がイケメンだから?
  • トークがおもしろいから?
  • 経験値が多いから?

もちろん、それも「理由の一つ」でしょう。

ですが、最大の理由は「モテる方法を知っているから」です。モテる方法を「知っているか、知らないか」の違いです。

「モテる方法」を多くの男性は知りません。多くの男性は「モテる方法」を知らないために、知らず知らずのうちに、決定的なミスを犯してしまうのです。

例えば、多くの男性は

「モテるためにはファッションがめちゃくちゃ重要」

ということを知りません。知らないために、

「清潔感のあるファッションだし、大丈夫だろう…」

とテキトーな服を選んでしまいます。

その結果、美女には

「ダサっ…この男とは価値観が合わない…」

と思われて、恋愛のスタート地点に立つこともできないのです。

一方で、モテる男は

「モテるためにはファッションがめちゃくちゃ重要」

ということを知っています。知っているからこそ、

  • パンツのシルエット

といった、細かいところまで一切手を抜かないのです。

ファッションの細部まで手を抜かないからこそ、美女からは、

「オシャレ!この人とは、なんか価値観が合う」

と思われて、恋愛に発展するのです。

「知っているか、知らないか」の違いだけで、天国と地獄とも言える結果の違いを生んでしまうのです。

11. メール講座では…

あなたに「モテる方法」を知ってもらうために、具体的な行動を示しながら、たっぷりと語っていきます。あなたがかわいい彼女を作るために、

「私がストリートナンパで培った知識・ノウハウ」

を全力であなたにぶつけていきます。

想像してみてください。

「モデル級に美人な女性」を彼女にしているあなたを。

「美人な彼女」を連れて、颯爽とデートに出かけるあなたを。

ひとたび、あなたが彼女を連れて表参道にデートへ行くと、すれ違う男があなたのことをチラチラと見てきます。

なぜ、すれ違う男はあなたを「チラチラ」と見てくるのでしょうか?

「おれもあんな美人の彼女がいたらな…」

と、あなたを羨ましがっているからです。

あなたが彼女との2ショット写真をfacebookにアップすると、すぐにコメントが飛んできます。

「お前、なんでそんなかわいい彼女いるの!?」

という、友人からのコメントです。あなたは何とも言えない優越感にひたりながら、友人からのコメントを眺めています。

そして、こう思うでしょう。

「ああ、美人な彼女がいる人生って最高だな…」

メール講座を読めば、あなたは、最高に美人な女性を彼女にできます。

もちろん、それは簡単なことではありません。

ですが、難しいことでもありません。

違いは、「知っているか、知らないか」だけなのです。

メール講座はこちら