私が自作したケーススタディを神崎様に添削していただきたいです。

神崎様

こんにちは、先日恋愛で失敗した時のモチベの保ち方を質問させていただいた、◯◯です。

その節はありがとうございました。

あの後、連絡が途絶えてしまった女の子にユーモアを含めたメッセージやスタンプを送ったのですが、結局既読無視でした泣

それに追い打ちをかけるように、

  • 高校でモテない同盟を組んでた奴らが、久々に会ったら彼女との惚気話をしてきたり(まあ彼女はブスでしたが…)
  • 大学で好きだった子が同じサークルの奴とディズニーデートしていちゃいちゃしている写真を、新年早々インスタで見せつけられたり
  • マッチした子とのデート中に、緊張で話が盛り上がらなすぎて、思いっきりため息つかれたり

メンタルえぐられるイベントだらけの超充実した日々を送っています!!泣

でも真面目な話、やっぱりこういうことがある度に、絶対に美女をものにしなくてはという決意が固まっていく実感が湧いてきます。

なんとか落ち込まずにやっていけそうです。

自分話が長くなりすみません苦笑

今回うかがいたいことですが、デート中に女の子を笑わせることに関してです。

もちろん、表情・感情指摘や擬音語、たとえ話、顔芸、キスマイネタなど、知識では理解できています。

しかしそれはあくまで知識で、実践できなければ意味がありません。

どうも私はこの技術を実践するのが苦手な様です。

神崎様は普段の講座でも会話の例を書かれることがございますが、「なるほどね!そういえば良いのか!」と思うと同時に「どうしてその上手い返しが思い浮かぶんだろう?」と思うことが多いです。

しかし最近、神崎様のメール講座33.34でのケーススタディが非常にわかりやすかったのを思い出しました。

ちょうど数学で、公式を聞いただけでは理解できず、数問問題を解いて体に染み込ませる感覚に似ているような気がします。

なので、いま私は自分自身が実際に、過去に女の子との話した会話を書き出し、自分で問題を作ることで見直そうということをしております。

そこで、私が自作したケーススタディを神崎様に添削していただきたいです。

私が自分で作った解答解説に自信がないので、神崎様に訂正していただきたいのです。

本当は30問ほど作ったのですが、流石に多すぎて迷惑ですので笑

4問ほどお願いしたいです!

これでもまだ多いかと思われますので、忙しい、気力が沸かない等の場合は一問だけでも構いませんので、添削いただけると非常にありがたいです。

お忙しい中失礼しますが、是非よろしくお願いします!

長文失礼しました。

 

——-自作のケーススタディ——

第一問

どう返すべきか?

♀「今度試験あってさー、今もそのことがフラッシュバックしちゃうんだよねー苦笑」

正解
♂「そうなんだ苦笑 モヤッとする感じね。 突然来るよね、『ウッ』って笑」
→感情指摘+顔芸、擬音で笑わせる

誤答例
♂「そうなんだ笑 どんな試験なの?」
→尋問パターン

♂「そうなの?笑 いまは一旦忘れよ!笑」
→会話の主軸が相手にない、相手の気持ちを無視してる

♂「うーん、まあ試験大変だよなぁ」
→ただの場つなぎなのがバレバレ、感情のやりとりもない

♂「まあ何個か落単しても大丈夫だって!俺はもっとひどいし!」
→自虐のつもりだが、相手が話しかけているタイミングでは、単に会話のボールを奪っているだけなので、不適切。

 

第ニ問

どう返すべきか?

♂「最近面白い映画何か見つけました?」
♀「ボヘミアンラプソディ見ましたよ!」

正解
♂「あー!最近やってる映画ですよね!評判いいみたいだけど、面白かったですか?」
→(あからさまだけど)女の子の感情にベクトルを向けている

誤答例
♂「へー!どんな映画でしたか?」
→尋問パターン

♂「面白そうですよね!周りの人も良かったって言ってるの聞きます!」
→安易な共感、”自分の周りの人=女の子の他人”なので興味なし

♂「そうなんだ!映画とかよく見るんですか?」
→女の子の話したいことは「ボヘミアンラプソディで感動した」こと、会話の軸がズレた

 

第三問

どう返すべきか?

♀「今度ねー、いまのバイト辞めようと思ってる笑」

正解
♂「え、マジかww 職場にやばい人でも居たの?」
→リアクション+悪共有へ誘導

誤答例
♂「え!何で!?いいバイトだと思うけどなぁ…」
→お前の感想は求めてない、女の子的には『だったら辞めねぇよ、お前にわかるかよ』(多分)

♂「えー!じゃあニート?笑 どうすんのお金とか!」
→問題解決思考、感情をやりとりできなければ意味がない

♂「そうなんだ笑 じゃあ次のバイト探さないとじゃん!何やるの?」
→問題解決思考、しかも話題飛びすぎ(現バイトの不満→次のバイトの候補)

 

第四問

間違いを正せ

♂「backnumber好きなんですね!」
♀「はい!好きです!」
♂「ヒロインとかつい聞き入っちゃいますよね!」
♀「ですよね~」
♂「…〇〇さんは何の曲が好きですか?」
♀「んー、私もヒロイン結構好きですねー」
♂(もっと何か話せよ…)

正解

✖️「〇〇さんは何の曲が好きですか?」
○「え、共感しませんか?過去の恋愛に重ねたりしません?笑」

→相手の感情にベクトル、恋愛方面の話へ(フック話かも)

 

 

 

 

◯◯様

お世話になっております。

ご返信遅くなりまして、申し訳ございません!苦笑

こんにちは、先日恋愛で失敗した時のモチベの保ち方を質問させていただいた、◯◯です。

その節はありがとうございました。

あの後、連絡が途絶えてしまった女の子にユーモアを含めたメッセージやスタンプを送ったのですが、結局既読無視でした泣

その節は、ありがとうございました!

マジですか。。既読無視でしたか。。

それは、辛かったですね。。苦笑

それに追い打ちをかけるように、

  • 高校でモテない同盟を組んでた奴らが、久々に会ったら彼女との惚気話をしてきたり(まあ彼女はブスでしたが…)
  • 大学で好きだった子が同じサークルの奴とディズニーデートしていちゃいちゃしている写真を、新年早々インスタで見せつけられたり
  • マッチした子とのデート中に、緊張で話が盛り上がらなすぎて、思いっきりため息つかれたり

メンタルえぐられるイベントだらけの超充実した日々を送っています!!泣

確かにキツいですね。笑

てか、そういうのろけ話はウザいですねw

なかなかメンタルに来る出来事ばかり経験されてますね。。笑

マッチした子とのデート中に、緊張で話が盛り上がらなすぎて、思いっきりため息つかれたり

↑これはキツいですねw

死にたくなってきますね。笑

ただ、絶望から逃げずに、頑張りましょう。笑

(私も昔、ナンパして連れ出した女の子に「話、下手だよね」と言われたことがありますw)

でも真面目な話、やっぱりこういうことがある度に、絶対に美女をものにしなくてはという決意が固まっていく実感が湧いてきます。

なんとか落ち込まずにやっていけそうです。

いや、本当にそうですね。

基本的に恋愛活動は

  • 上手くいくこと
  • 上手くいかないこと

で分けたら、

「上手くいかないこと」

の方が絶対的に多いので、そういう

「強い決意」

はめちゃくちゃ重要だと思います。

◯◯さんが美女をモノにして、のろけてきた友達に、見せつけてやればいいんですよ。

一瞬で黙りますから。笑

今回うかがいたいことですが、デート中に女の子を笑わせることに関してです。

もちろん、表情・感情指摘や擬音語、たとえ話、顔芸、キスマイネタなど、知識では理解できています。

しかしそれはあくまで知識で、実践できなければ意味がありません。

どうも私はこの技術を実践するのが苦手な様です。

神崎様は普段の講座でも会話の例を書かれることがございますが、「なるほどね!そういえば良いのか!」と思うと同時に「どうしてその上手い返しが思い浮かぶんだろう?」と思うことが多いです。

おお、なるほど!

「知識は入っているけど、実践できていない気がする」

ということですね。

確かに、その視点はめちゃくちゃ重要ですね。

おっしゃるとおり、実践できなければ意味がないので、反射的に使うための訓練という意味で、

「実戦のアポで練習すること」

が重要になってくるんですよね。

◯◯さんの謙虚な姿勢と向上心は、本当にすばらしいと思います。

しかし最近、神崎様のメール講座33.34でのケーススタディが非常にわかりやすかったのを思い出しました。

ちょうど数学で、公式を聞いただけでは理解できず、数問問題を解いて体に染み込ませる感覚に似ているような気がします。

おお、良い表現ですね。笑

「公式を聞いただけでは理解できないので、実際の問題を解いて体に染み込ませなければいけない」

というのは、本当におっしゃる通りだと思います。

なので、いま私は自分自身が実際に、過去に女の子との話した会話を書き出し、自分で問題を作ることで見直そうということをしております。

そこで、私が自作したケーススタディを神崎様に添削していただきたいです。

私が自分で作った解答解説に自信がないので、神崎様に訂正していただきたいのです。

本当は30問ほど作ったのですが、流石に多すぎて迷惑ですので笑

4問ほどお願いしたいです!

すごいですねw

ご自分で問題を作られたんですね!

なるほど、分かりましたw

添削いたしましょう!!笑

第一問

どう返すべきか?

♀「今度試験あってさー、今もそのことがフラッシュバックしちゃうんだよねー苦笑」

正解
♂「そうなんだ苦笑 モヤッとする感じね。 突然来るよね、『ウッ』って笑」
→感情指摘+顔芸、擬音で笑わせる

誤答例
♂「そうなんだ笑 どんな試験なの?」
→尋問パターン

♂「そうなの?笑 いまは一旦忘れよ!笑」
→会話の主軸が相手にない、相手の気持ちを無視してる

♂「うーん、まあ試験大変だよなぁ」
→ただの場つなぎなのがバレバレ、感情のやりとりもない

♂「まあ何個か落単しても大丈夫だって!俺はもっとひどいし!」
→自虐のつもりだが、相手が話しかけているタイミングでは、単に会話のボールを奪っているだけなので、不適切。

まず、第一問についてですが、私の考え方を先に説明しますね!

女の子に、

「今度試験あってさー、今もそのことがフラッシュバックしちゃうんだよねー苦笑」

と言われた場合、私だったら、

「マジで?そんなヤバいの?笑」

と返します。

なぜこの返しをするかというと、

「相手が何かをしゃべろうとしているため、その本題が出るまでは、相手の話の腰を折ってはいけないから」

です。

「今度試験あってさー、今もそのことがフラッシュバックしちゃうんだよねー苦笑」

と切り出してきた場合、相手の女の子は次に何かをしゃべろうとしています。

それは、

「勉強しなさすぎて、ヤバい。笑」

なのかもしれませんし、

「単位を落としそうで、ヤバい。笑」

なのかもしれません。

具体的に何かをしゃべろうとしているかは、この時点では分かりませんが、

「女の子が何かをしゃべろうとしている」

ということは、確実に分かります。

だから、まず、ここで第一に考えなければいけないのは、

「相手が本当にしゃべりたい本題が出るまでは、相手の話の腰を折ってはいけない」

ということです。

なので、ここでの正解は、

「マジで?そんなヤバいの?笑」

と、相手の話の腰を折らずにつなぐことです。

相手の本題が出てくるまでは、「我慢」の時間です。

「そんなヤバいんだ。笑」
「マジか。笑」
「フラッシュバックするんだ。笑」

など、具体的な返し方は何でも良いですが、とにかく、

「相手の話の腰を折らない」

というのが、ここでの最重要ポイントです。

そして、無難な相づちでつないでいくと、どこかのタイミングで、

「その女の子が本当に話したい話題」

というのが、出てきます。

実際に話していないので、分かりませんが、

「勉強しなさすぎて、ヤバい。笑」
「単位を落としそうで、ヤバい。笑」

のどれかだと思います。

ただ、おそらくは、

「今度試験あってさー、今もそのことがフラッシュバックしちゃうんだよねー苦笑」
→「勉強しなさすぎて、ヤバい。笑」

の流れだと思うので、このパターンを前提に解説していきますね。

「今度試験あってさー、今もそのことがフラッシュバックしちゃうんだよねー苦笑」

と言われて、無難な相づちを打っていったところ、

「勉強しなさすぎて、ヤバい。笑」

が相手の女の子の本題(話のオチ)だったとしますよね。

ここで、一番ダメなパターンは、

「その試験、そんな難しいんだ?」

と、試験そのものにフォーカスを当ててしまうことです。

試験そのものにフォーカスを当てていては、この会話は絶対に盛り上りません。

フォーカスを当てるべきは、

「女の子自身」

です。

どういうことか、説明いたします。

女の子が、

「今度試験あってさー、今もそのことがフラッシュバックしちゃうんだよねー苦笑」
→「勉強しなさすぎて、ヤバい。笑」

という会話をしてきた場合、表面上は「試験」の話をしているように見えますよね?

ですが、本当は違います。

その女の子が本当にしゃべりたい話題というのは、

「試験前なのに、全然勉強してない『私』ってどうよ?笑」

なのです。

本題は「試験」そのものではなく、

「試験前なのに、全然勉強してない『私』」

なのです。

ブログやメール講座でもお話ししたと思いますが、女の子は基本的に、

「自分自身」

にしか興味がありません。

特に、万人にモテるような美人の場合は、顕著にそうです。

話を戻すと、試験の話をしているように見せかけて、本当に話題にしているのは、

「試験前なのに、全然勉強してない『私』」

なのです。

この構造を分かっておかないと、この後の会話の作り方が全く上手くいかないです。

女の子がしゃべりたい話題が「試験」だと思っている男は、どういう会話を作るかというと、

♀「今度試験あってさー、今もそのことがフラッシュバックしちゃうんだよねー苦笑」
♂「マジで?そんなヤバいの?笑」
♀「めっちゃヤバい。笑」
♂「そんな難しいんだ?」
♀「難しすぎる。笑 全然分からないし、勉強してない。笑」
♂「マジか。笑 え、どんな試験なの?」
♀「何か英語の試験なんだけどさ、前期は…」

という感じで、「試験」について話を広げてしまいます。

別に下手打ちではないですが、これでは会話は盛り上がらないです。笑

なぜなら、女の子が本当にしゃべりたい話題、メインテーマにしてほしい話題というのは、

「試験前なのに、全然勉強してない『私』」

だからです。

一方、

「女の子が本当にしゃべりたい話題」=「試験前なのに、全然勉強してない『私』」

ということに気づいている男は、どういう会話を作るかというと、

<具体例1>

♀「今度試験あってさー、今もそのことがフラッシュバックしちゃうんだよねー苦笑」
♂「マジで?そんなヤバいの?笑」←無難な相づちで様子を見る。
♀「めっちゃヤバい。笑」
♂「でも、あれでしょ?フラッシュバックはするけど、勉強はしないんでしょ?笑」←ここで、「試験前なのに、全然勉強してない『私』」にフォーカスを当てる。
♀「そうなんだよねー笑」
♂「『そうなんだよねー』ってw」←相手の表情・感情をオウム返しすることで、笑いを増幅させる。
♀「笑笑」

 

<具体例2>

♀「今度試験あってさー、今もそのことがフラッシュバックしちゃうんだよねー苦笑」
♂「なるほどね。笑 で、勉強してるの?」←無難な相づちで様子を見る。
♀「・・・いや、全然。笑」
♂「してないんかい。笑」←ここで、「試験前なのに、全然勉強してない『私』」にフォーカスを当てる。
♀「やろうとは思ってる。笑」
♂「やろうとは思ってる?道筋は見えている?笑」←ここで、再度、「試験前なのに、全然勉強してない『私』」にフォーカスを当てる。
♀「そう。笑」
♂「政治家かw」「試験前なのに、全然勉強してない『私』」にフォーカスを当てつつ、ユーモアを入れて、笑いを増幅させる。
♀「笑笑」

という感じで、

「試験前なのに、全然勉強してない『私』」

を軸に、会話を広げていきます。

「この発言が来たら、こう返す」
「この発言が来たら、ここをイジる」

と考えるのではなく、

「その女の子は、本当は何を話題にしたいのか?」

を冷静に特定し、その話題に向くように話を広げていくことが重要です。

そして、女の子が本当にしゃべりたい話題というのは、高い確率で、

「自分」

であることが多いです。

  • 女の子が本当に話題にしたいのは「試験」ではなく、「試験前なのに、全然勉強してない『私』」
  • 女の子が本当に話題にしたいのは「嵐のニノ」ではなく、「嵐のニノを小学生の頃から追いかけている『私』」

といった感じですね。

・・・ということを踏まえた上で、それぞれの回答を見ていきましょう。笑

まず、正解例の、

「そうなんだ苦笑 モヤッとする感じね。 突然来るよね、『ウッ』って笑」

という返しですが、

「女の子自身にフォーカスする」

という狙い自体はすごく良いです。

ただ、この場面では、

「相手が本当にしゃべりたい本題が出るまでは、相手の話の腰を折らずに様子を見る」

が正解の場面です。

なので、

「そうなんだ苦笑 モヤッとする感じね。 突然来るよね、『ウッ』って笑」

という返しだと、

  1. リアクションが大きすぎる
  2. 返しが長すぎる

という理由で、相手から会話のボールを奪ってしまっているので、NGです。

また、仮に無難な相づちでつないで、

♀「今度試験あってさー、今もそのことがフラッシュバックしちゃうんだよねー苦笑」
♂「マジで?そんなヤバいの?笑」←無難な相づちで様子を見る。
♀「めっちゃヤバい。笑」
♂「そうなんだ苦笑 モヤッとする感じね。 突然来るよね、『ウッ』って笑」←今回の正解例
♀「そうそう。笑」

という会話を作ったとしても、

「女の子のどの面にフォーカスするか?」

という点で外しています。

「今度試験あってさー、今もそのことがフラッシュバックしちゃうんだよねー苦笑」

で会話を切り出してきた場合、相手の女の子がしゃべりたいのは、

「勉強しなさすぎて、ヤバい。笑」
「単位を落としそうで、ヤバい。笑」

のどちらかです。

もっと言えば、

「試験前なのに、全然勉強してない『私』」
「単位を落としそうなのに、全然勉強してない『私』」

です。

次に、誤答例1の、

「そうなんだ笑 どんな試験なの?」

という返しですが、これは相手の話の腰を折っておらず、無難な相づちになっているので、OKです。

次に、誤答例2の、

「そうなの?笑 いまは一旦忘れよ!笑」

という返しは、相手の話の腰を折りっているので、NGです。笑

次に、誤答例3の、

「うーん、まあ試験大変だよなぁ」

という返しは、相手の話の腰を折ってはいませんが、テンションとテンポが悪いのでNGです。

最後に、誤答例4の、

「まあ何個か落単しても大丈夫だって!俺はもっとひどいし!」

という返しは、相手の話の腰を折っているので、NGです。笑

第ニ問

どう返すべきか?

♂「最近面白い映画何か見つけました?」
♀「ボヘミアンラプソディ見ましたよ!」

正解
♂「あー!最近やってる映画ですよね!評判いいみたいだけど、面白かったですか?」
→(あからさまだけど)女の子の感情にベクトルを向けている

誤答例
♂「へー!どんな映画でしたか?」
→尋問パターン

♂「面白そうですよね!周りの人も良かったって言ってるの聞きます!」
→安易な共感、”自分の周りの人=女の子の他人”なので興味なし

♂「そうなんだ!映画とかよく見るんですか?」
→女の子の話したいことは「ボヘミアンラプソディで感動した」こと、会話の軸がズレた

次に、第二問についてですが、私の考え方を先に説明しますね!

♂「最近面白い映画何か見つけました?」
♀「ボヘミアンラプソディ見ましたよ!」

という会話が続いたら、とりあえずは、

「おお!面白かったですか?」

と返して、様子を見ます。

(これ、多分LINEですよね?笑)

そして、99%の確率で、

「面白かったですよ!」

の1文の短文が返ってくるので、ここからは、先ほどと同じように、

「ボヘミアンラプソディを観に行った『私』」

にフォーカスを当てて、会話を作っていきます。

ほとんどのメンズは、

「ボヘミアンラプソディ」

にフォーカスを当てて、会話を作ってしまうのですが、これは完全に泥沼です。

一部の優しい女性であれば、何とか会話を盛り上げてくれるかもしれませんが、90%の女の子の場合は、

♂「最近面白い映画何か見つけました?」
♀「ボヘミアンラプソディ見ましたよ!」
♂「おお!面白かったですか?」
♀「面白かったですよ!」
♂「結構流行ってますもんね!」
♀「はい!」

という会話になって、そのまま終了しますw

一方、

「ボヘミアンラプソディを観に行った『私』」
(=少し応用して、「その女の子の中に、フレディマーキュリーのゴリゴリした感じのイメージがないこと」

にフォーカスを当てて、会話を作るとどうなるかというと、

♂「最近面白い映画何か見つけました?」
♀「ボヘミアンラプソディ見ましたよ!」
♂「おお!面白かったですか?」
♀「面白かったですよ!」
♂「ボヘミアンラプソディとか、意外ですね。笑」
♀「そうですか?」
♂「イメージ的にファンタスティック・ビーストかと思いましたw」
♀「何でですか?笑」
♂「エディ・レッドメインさんとか好きそうと思ったw」
♀「あ、でも、好きですよ!笑」
♂「やっぱり!!笑」

みたいな会話になります。

もし、ここまで盛り上がらなかった場合でも、

♂「最近面白い映画何か見つけました?」
♀「ボヘミアンラプソディ見ましたよ!」
♂「おお!面白かったですか?」
♀「面白かったですよ!」
♂「ボヘミアンラプソディとか、意外ですね。笑」
♀「そうですか?」
♂「イメージ的にファンタスティック・ビーストかと思いましたw」
♀「よくわからないです。笑」
♂「フレディ・マーキュリー派だったか。笑」
♀「そういうわけではないです。。」
♂「冷静なツッコミ。笑」

みたいな感じで会話を作っていきます。

・・・ということを踏まえた上で、それぞれの回答を見ていきましょう。笑

まず、正解例の、

「あー!最近やってる映画ですよね!評判いいみたいだけど、面白かったですか?」

という返しは、様子を見ているので、正解です。

ただ、実際の会話にせよ、LINEにせよ、少し長いので、

「おお!面白かったですか?」

という短さが良いと思います。

実際の会話にせよ、LINEにせよ、

  • 短文
  • ユーモア

というのは、鉄則なので、ここはきっちり守らないといけません。

次に、誤答例1の、

「へー!どんな映画でしたか?」

という返しは、おっしゃる通り、「尋問パターン」で、女の子が返しづらいので、NGですね。

「面白かったですか?」
→「面白かったですよ!」

は返しやすいので、大丈夫ですが、

「どんな映画でしたか?」

だと、女の子が「考えるの面倒」と感じるので、NGです。

次に、誤答例2の、

「面白そうですよね!周りの人も良かったって言ってるの聞きます!」

という返しも、女の子が返しづらいので、NGですね。

“自分の周りの人=女の子の他人”なので興味なし

という指摘で、まさにおっしゃる通りです。笑

最後に、誤答例3の、

「そうなんだ!映画とかよく見るんですか?」

という返しは、この後の展開が厳しいので、NGですね。

「そうなんだ!映画とかよく見るんですか?」
「たまに見ますよ!」
「へえ!どんな映画見るんですか?」

という泥仕合になる可能性大なので、NGです。笑

ただ、

女の子の話したいことは「ボヘミアンラプソディで感動した」こと、会話の軸がズレた

とのことですが、この場面では、

「ボヘミアンラプソディで感動した」

というのは、女の子の話したいことではありません。

「最近面白い映画何か見つけました?」と聞かれたので、「ボヘミアンラプソディと答えただけ」

というのが、正しい認識です。

なので、この会話を無理やり盛り上げようとするには、

「その女の子の中に、フレディマーキュリーのゴリゴリした感じのイメージがないこと」

にフォーカスを当てて、会話を作るしかないと思います。笑

「女の子は自分にしか興味がない」

という鉄のルールを意識して、何とかボヘミアンラプソディから女の子へと会話の焦点を変えるには、

「その女の子の中に、フレディマーキュリーのゴリゴリした感じのイメージがないこと」

ぐらいしかないです。笑

第三問

どう返すべきか?

♀「今度ねー、いまのバイト辞めようと思ってる笑」

正解
♂「え、マジかww 職場にやばい人でも居たの?」
→リアクション+悪共有へ誘導

誤答例
♂「え!何で!?いいバイトだと思うけどなぁ…」
→お前の感想は求めてない、女の子的には『だったら辞めねぇよ、お前にわかるかよ』(多分)

♂「えー!じゃあニート?笑 どうすんのお金とか!」
→問題解決思考、感情をやりとりできなければ意味がない

♂「そうなんだ笑 じゃあ次のバイト探さないとじゃん!何やるの?」
→問題解決思考、しかも話題飛びすぎ(現バイトの不満→次のバイトの候補)

次に、第三問についてですが、私の考え方を先に説明しますね!

「今度ねー、いまのバイト辞めようと思ってる笑」

と切り出してきたら、第一問と同様に、

「相手が本当にしゃべりたい本題が出るまでは、相手の話の腰を折ってはいけない」

と考えます。

なので、

「そのバイトで嫌なことがあったんだろうな…」
「そのバイトで嫌な人がいたんだろうな…」

と予測しつつも、

「おー、そうなんだ。笑 何かあったの?笑」

と無難な相づちでつなぎます。

・・・ということを踏まえた上で、それぞれの回答を見ていきましょう。

まず、正解例の、

「え、マジかww 職場にやばい人でも居たの?」

という返しは、非常にすばらしいです。笑

「今度ねー、いまのバイト辞めようと思ってる笑」

と切り出しきた女の子がしゃべりたい話題というのは、

「バイトで嫌なことがあった」
「バイトで嫌な人がいた」

のどちらかなので、

「バイトで嫌な人がいた」

という話題を引き出している点で、すばらしいです。

そして、その後の会話で「悪共有」を狙っている点も、言うことなしです。笑

私が同じ立場であっても、同じ会話の作り方をすると思いますw

次に、誤答例1の、

「え!何で!?いいバイトだと思うけどなぁ…」

という返しがダメな理由は、◯◯さんのご指摘の通りです。笑

お前の感想は求めてない、女の子的には『だったら辞めねぇよ、お前にわかるかよ』(多分)

で、100%合っています。笑

次に、誤答例2の、

「えー!じゃあニート?笑 どうすんのお金とか!」

という返しがダメな理由も、◯◯のご指摘の通りです。笑

問題解決思考、感情をやりとりできなければ意味がない

で間違いないです。笑

最後に、誤答例3の、

「えー!じゃあニート?笑 どうすんのお金とか!」

という返しがダメな理由も、◯◯さんのご指摘の通りです。笑

→問題解決思考、しかも話題飛びすぎ(現バイトの不満→次のバイトの候補)

で、その通りでございます。

第四問

間違いを正せ

♂「backnumber好きなんですね!」
♀「はい!好きです!」
♂「ヒロインとかつい聞き入っちゃいますよね!」
♀「ですよね~」
♂「…〇〇さんは何の曲が好きですか?」
♀「んー、私もヒロイン結構好きですねー」
♂(もっと何か話せよ…)

正解

×「〇〇さんは何の曲が好きですか?」
○「え、共感しませんか?過去の恋愛に重ねたりしません?笑」

→相手の感情にベクトル、恋愛方面の話へ(フック話かも)

最後に、第四問についてですが、私の考え方を先に説明しますね!

♂「backnumber好きなんですね!」
♀「はい!好きです!」

のあとに考えるべきは、

「いかにユーモアを作っていくか?」

という点です。

なぜかというと、第三問と同様に、

「この会話は、こちらから切り出した会話だから」

ですね。笑

実際、ここからユーモアを作っていくのは、結構難しいですが、私だったら、

♂「backnumber好きなんですね!」
♀「はい!好きです!」
♂「この前、文春に載ってましたね。笑」
♀「載ってましたね、、笑」
♂「◯◯(女の子の名前)さん的には、どうなんですか?笑」
♀「まあ、しょうがないかなーみたいな笑」
♂「心広いですね。笑」
♀「広くないです。。」
♂「彼氏に同じことされたら、どうします?笑」
♀「速攻で別れますね。笑」
♂「ブロックして、削除ですか?笑」
♀「そうです。笑」

という感じで、ユーモアを作っていきます。

ここまで上手くいくか分かりませんが、とりあえずは、

「文春に載った浮気の記事」

というところを攻めて、ユーモアを作っていきます。

その後、女の子から、

「あれ本当ショックでした!!」

とか、感情的な表現が来れば、ユーモアを作るのは楽ですが、もしそういう返しがなかった場合は、

「◯◯(女の子の名前)さん的には、どうなんですか?笑」

という感じで、相手にフォーカスして会話を進めていきます。

・・・ということを踏まえた上で、回答を見ていきます。

「〇〇さんは何の曲が好きですか?」

という返しだと、この後の会話でユーモアを作れる流れを想定していないので、NGですね。

「え、共感しませんか?過去の恋愛に重ねたりしません?笑」

という返しで、「恋愛話へつなげる」という狙いは良いですが、このタイミングでこの返しをすると、

「恋愛話につなげたいんだな」

というのが、あからさまなので、あまり良くないです。笑

なので、

「一旦、ユーモアを作ってから、恋愛話やフック話へつなげる」

というのを意識した方が良いと思います!

以上、よろしくお願いいたします。

神崎

 

 

 

 

神崎様

四問ともすべて添削していただけるなんて、本当にありがとうございます!!

いま見返してて思ったんですが、めっちゃキモいメールでしたね苦笑

このメールを書いたときはまだよくわかってなかったのですが、最近選抜講義23のメールをいただき、「女の子の話を本当はしっかりと聞いていない」ことがわかり、ストンと納得しました!

女の子が話したいことを見抜き、それを質問で邪魔しないようにする

ということを意識していきたいと思います。

お忙しい中本当にありがとうございます!!

◯◯

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===