Official髭男dism『Pretender』に学ぶ、セフレをキープするときのお作法

Official髭男dism『Pretender』って、流行ってますね。

街中で流れすぎてて、家に帰って歌詞を見てみたら、なかなかおもちろい曲だったので、記事にします。

なぜ面白いかというと、この曲は、この曲をどう解釈するかで、

「その男の恋愛偏差値が分かる曲」

だからです。

実は「恋のPCR検査」ができる曲なのです。

この曲は、聴き手によって意味が全く変わってくる曲です。(そういう風に作ってるんだろうけどw)

恋愛偏差値が低いピヨちゃんが聴くと、

「男から女への純情・片思いソング」

に聴こえるでしょう。

(実際、PVはそういう感じで作られている。曲の意味をストレートに表したら、絶対売れないw)

ですが、この曲どう考えても

「セフレの女(観客)に、ひとり芝居を打ち続けている僕(Pretender)」

という曲です。

では、一緒に見ていきましょう。

君とのラブストーリー それは予想通り
いざ始まればひとり芝居だ

ずっとそばにいたって 結局ただの観客だ

ひとり芝居をしている人、曲名の「Pretender(〜のふりをしている人)」は、たぶん男(自分)の方でしょう。

ということは、観客は必然的に「女」になりますね。

芝居をしている人は、観客にはなれないですからね。

ということは、

  • ひとり芝居を打っているのは、男(自分)
  • それを観ている観客は、女(相手)

になるので、この曲の構図は、

「セフレの女(観客)に、ひとり芝居を打ち続けている僕(Pretender)」

という構図でしょう。

感情のないアイムソーリー それはいつも通り
慣れてしまえば悪くはないけど
君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った

おそらく、

「あなたにとって、私は何なの?」
「彼女といつ別れてくれるの?」
「奥さんといつ別れてくれるの?」

と聞かれたときの、「アイムソーリー」でしょう。

感情がないんだから。笑

「Pretend(ふりをする)」してるんだから。笑

そして、それが「いつも通り」で「慣れてしまえば悪くない」のは、この男結構やばいなw

もっと違う設定で もっと違う関係で
出会える世界線 選べたらよかった
もっと違う性格で もっと違う価値観で
愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから

「もっと違う設定で出会いたかった」
「もっと違う関係で出会いたかった」

ということは、今の関係は、

「男側がPretend(ふりをする)しなければいけない関係」

ということでしょうね。

もし普通の恋人関係や片思いの関係であれば、

「もっと違う設定に“なりたかった”」
「もっと違う関係に“なりたかった”」

はあったとしても、

「もっと違う設定で“出会いたかった”」
「もっと違う関係で“出会いたかった”」

なんて、絶対に言わないでしょう。

出会った瞬間の関係に言及しているということは、僕には「嫁」か「本命」がいるんでしょうね。

あ、東出パイセンおはようございます!!!

また、

「愛を伝えていない」

というのがポイントやね。

「もっと違う性格で、愛を伝えられたらいいな」
「もっと違う価値観で、愛を伝えられたらいいな」

ってのは、要するに、

「本命の女がいても、無責任に色恋を使って、『好き』『愛してる』と言えたらいいな」

ってことですな。

グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない
辛いけど否めない でも離れがたいのさ
その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや

これはもう「東出パイセンの唐田えりかへの弁」ということで良いですかね?

確かに、

「君の運命のヒトは僕じゃない」

だけを聴いたら、純情LOVEソングに聴こえるけど、これまでの前フリがなぁ。。

たぶん、ピヨちゃんはこの部分しか聴いてないんだろうね。

てか、だいたいこれ片思いソングだとしたら、髪に触っている時点で、変質者ですやん。

グッバイ それじゃ僕にとって君は何?
答えは分からない 分かりたくもないのさ
たったひとつ確かなことがあるとするのならば
「君は綺麗だ」

これはやばいね。笑

もしも男が女に片思いしているのであれば、

「君にとって、僕は何?」

と聞くでしょう。

「僕にとって、君は何?」

と聞くのは明らかにおかしいw

てか、

「僕にとって、君は何?」

の答えは、冒頭で自分で「ただの観客」って言ってるけどね。笑

そして、

「僕(東出)にとって、君(唐田)は何?」

っていうのは、言い換えると、

「あなた(東出)にとって、私(唐田)は何?」

となりますね。

そして、その答えが、

「答えは分からない 分かりたくもないのさ」

なので、クズっぷりを遺憾なく発揮しております。

そして、クズ男の常套手段である、

「君は綺麗だ」

に逃げるあたり、さすがは、

「いつも通り」で「慣れてしまえば悪くない」

と言い放つだけのことはありますね。

誰かが偉そうに 語る恋愛の論理
何ひとつとして ピンとこなくて
飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ

これも、なかなかのこと言うとりますなあw

これは要するに、

「恋愛偏差値の低い、下界のピヨちゃんたちが、『セフレとかいけないんだぞ!』『女の子が可哀想だ!』とか綺麗事言ってくるけど、ああ、うざってえ。うざってえ。赤の他人は黙っとけよ。」

ということですね。笑

「誰か」が偉そうに
飛行機の窓から「見下ろした」
「知らない」街の「夜景」

というのは、

「下界に住んでる、赤の他人の綺麗事」

っていう意味でしょうね。

普通、偉そうに言われるときって、「上から」言われるもんね。

それなのに、この男ははるか上空から、「飛行機の窓から見下ろした夜景みたい」って言ってるということは、心の中で見下してるんでしょうね。笑

だから、夜景っていうのは、ここでは「綺麗事」のメタファーでしょうな。

意味もなく「飛行機」とか「夜景」とか出さないだろうしね。

・・・まあ、これだけクズなら、そりゃ一般人の論理はピンとは来ないでしょうねw

もっと違う設定で もっと違う関係で
出会える世界線 選べたらよかった
いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて
「好きだ」とか無責任に言えたらいいな
そう願っても虚しいのさ

これはさっきと同じで、

「本命の女がいても、無責任に色恋を使って、『好き』『愛してる』と言えたらいいな」

という意味でしょう。

あと、

叶った恋を抱きしめて

の部分ですが、恋が叶っている時点で、片思いソングではないですね。

恋人関係だったとしたら、

「もっと違う設定で“出会いたかった”」
「もっと違う関係で“出会いたかった”」

なんかも絶対言わないので、完全に、

「セフレの女(観客)に、ひとり芝居を打ち続けている僕(Pretender)」

という構図で確定ですな。

グッバイ 繋いだ手の向こうにエンドライン
引き伸ばすたびに 疼き出す未来には
君はいない その事実に cry そりゃ苦しいよな

片思いなら、手は繋がないし、エンドラインを引き伸ばすこともできないからねえ。。笑

「手を繋いでエンドラインを引き伸ばしたけど、その未来には君(えりか)はいない」っていうことで合ってますかね?東出パイセン。

それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな
永遠も約束もないけれど
「とても綺麗だ」

これはもう「まんま」すぎてww

そして、この最後の部分で、髭男dismたちは、

「セフレをキープするときのお作法」

を我々に教えてくれています。

それは何かというと、

約束をせずに「とても綺麗だ」で逃げ切る

ということです。

さて、まとめましょう。

この曲で髭男dismたちが伝えたかったのは、片思いソングでも、恋人お別れお涙頂戴ソングでもありません。

「セフレをキープするときのお作法」

です。

それは何かというと、

 

POINT1:「あなたにとって私は何なの?」と詰められた場合は、「答えは分からない 分かりたくもないのさ」というイキフンを出しつつ、とにかく「感情のないアイムソーリー」&「とても綺麗だ」で逃げ切る事(それに「慣れてしまう」と尚良し👍)

 

POINT2:「セフレとかいけないんだぞ!」「女の子が可哀想だ!」といった、下界の他人の綺麗事は無視する事

 

POINT3:永遠も約束もせず、セフレに対して「好きだ」とか無責任に言わない事(Cf.クロージングした女性がメンヘラだった時の対処法でお伝えした鉄則:「好き」「付き合おう」と絶対に言わない、できない約束は絶対にしない)

 

ということです。

 

 

P.S.この曲だいぶエグいけど、流行って良いの?w

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===