ヤろうとしたら、ハードカバーの本でぶん殴られたときの話

あれは大学4年生のとき。

ピュアボーイだった私は、クソな恋愛商材に書かれていた、

「イジれば女にモテる」

というノウハウ()を鵜呑みにし、超上から目線で女の子に接していた。

ある日、サークルの後輩と二人でデートに行った際、

「お前それはバカだろw」
「意味わかんないわw」

と、クソ気持ち悪いイジり方をしていた。

見た目もダサかったのに。黒歴史。

とにかく、今以上にイタい男だった。

そんなキモいイジりをしていた私はとどまることを知らず、居酒屋を出たあと、ラブホ街へ行き、

「ちょっとヤってくか!!」

という世界一雑なオファーを投げた。

すると彼女は、持っていた紀伊国屋の紙袋(中身はハードカバー数冊)で、

ドンッッッッッッ

と、私の顔面にフルスイングしてきた。

「ふざけんな!!!私にかけるお金と時間が足りない!!!」

と言われた。

ハードカバーが道にザザーーーッッ と散らばる。

私は、ダメージを負った頬を抑えながら、散らばった本を拾う。

道行くカップルが

(えっ?ヤバくない?ww)

とクスクス笑っている。

「ごめん!!」

とあやまったが、

「帰る!!!」

と言われ、ダッシュで帰られてしまった。

ソッコーでLINEはブロックされ、二度と連絡できなくなった。

「下には下がいるんだな」

と思ってもらえれば幸いです。

 

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===