「えっ!?お前まだ童貞なの!?」と言われた男の物語

「えっ!?お前まだ童貞なの!?」

大学に入学して初めてできた友人から言われた言葉。

私と彼はよく似ていた。

学力も、スポーツも、ルックスも同じぐらい。違うのは「セックスしたことがあるかどうか」だけ。

私は本当に悩んだ。

「みんな童貞じゃないのか…」

大学に入学した当時の私は、「周りはみんな童貞」だと思っていた。

勉強ばかりしていた高校時代。

「みんなセックスなんてしたことがない」

と思っていた。

でも、違った。友人は「私が童貞であること」に驚いていたからだ。

それからというものの、「童貞であること」が本当にコンプレックスだった。

「まだ童貞の私はおかしいのだろうか…」
「私はモテない人間なのだろうか…」

あれから何人の女性を抱いたのだろうか。

「童貞で悩んでいた私」はもういない。

最近、その友達と再会した。男が飲んで話すことといえば、「女」

「今付き合っている女」の話になり、彼女の画像を見せた。

すると、彼は

「えっ…めっちゃ美人…」

と言葉を失っていた。

彼は今、彼女ができなくて悩んでいるらしい。

何が違いを生じさせたのだろうか?

生まれ持ったルックス、才能ではない。

そもそも大学入学時、私は「童貞」だったのだ。

童貞だった男は、魅力的な女性を彼女にできて、童貞卒業していた男は、今は彼女がいない。

どこで逆転したのだろうか?

違いは、「自分のコンプレックスと向き合い、戦ってきたかどうか」

私は戦った。

ストリートナンパもたくさんしたし、出会い系サイトもたくさんやった。

辛い思いもたくさんした。

「死ねよブス」
「話しかけてくんな」

こんなことを言われたのは、一度や二度ではない。

でも、自分と戦って良かった。

「童貞」というコンプレックスをバネに、戦って良かった。

自分が最高にイイ女と思える女性に

「あなたがいないとダメ」

と言われる幸せ。

イケメンではない私のことを

「最高にかっこいい」

と言ってくれる彼女。

街行く男が目を奪われるほど美しい女性とデートする幸せ。

私もあなたにぜひ、この幸せを味わってほしい。

辛い思いをすることなく「男友達に自慢できるような彼女」を作って欲しい。

 

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===