私は女の子とホテルに行きたいとしか考えておらず、外的報酬ばかりを追い求めていたと気づく事ができました。

神崎先生、ご相談のメールに返信していただきありがとうございました。先生のおっしゃる通り、私は女の子とホテルに行きたいとしか考えておらず、外的報酬ばかりを追い求めていたと気づく事ができました。

また、ホメオスタシスの件でも納得できました。私は20代を休日はダラダラ過ごすことに費やし、女の子とデートなど考えられない毎日でした。

30代になってようやくこのままじゃ駄目だと思い立ち、童貞卒業キャンプに出会い、少しずつ見た目を改善していきました。自分ではないような感覚を覚えています。急激な変化が自分を過去の自分に戻そうとしたのだと思います。

ただ、神崎先生のメールにありました、女の子を笑わせて楽しいと思った手ごたえのようなものは、確かに私にもありました。こんな自分でも通用するんた!と嬉しい気持ちは今でも思い出せます。

これからは、遠すぎる目標である、ホテルに行く事ばかりを見るのではなく、目の前の女の子を笑わせて自分が楽しむこと。なぜ自分が変わろうと思ったのかを改めて振り返り、ノートに書くことなどを意識して、またペアーズに取り組んで行きます。

返信が遅れて申し訳ありませんでした。毎日童貞卒業キャンプの更新を楽しみにしております。ありがとうございました。

 

〇〇様

ご返信ありがとうございます。

先生のおっしゃる通り、私は女の子とホテルに行きたいとしか考えておらず、外的報酬ばかりを追い求めていたと気づく事ができました。

もちろん

「女の子とホテルに行きたい」

という気持ちは大切ですし、気づけば外的報酬ばかりを追い求めてしまうのは私もまったく同じです。苦笑

ただ、

「外的報酬だけをモチベーションの源泉にして、行動し続けるのは難しい」

です。

特に〇〇さんの場合は、

「外的報酬よりも内的な動機にフォーカスした方が行動できるタイプ」

だと感じたので、そのようにお話しさせて頂きました。

また、ホメオスタシスの件でも納得できました。私は20代を休日はダラダラ過ごすことに費やし、女の子とデートなど考えられない毎日でした。

30代になってようやくこのままじゃ駄目だと思い立ち、童貞卒業キャンプに出会い、少しずつ見た目を改善していきました。自分ではないような感覚を覚えています。急激な変化が自分を過去の自分に戻そうとしたのだと思います。

そうですよね。ホメオスタシスによって、急激に変化しようとしている〇〇さんを、過去の〇〇さんに揺り戻そうとしたのだと思います。

なので、

「なぜ急にやる気がなくなってしまったのか、分からない…」

というときは、自分を責めるのではなく、

「潜在意識が、過去の自分に戻そうとしている」

と考えると、精神的にラクになるかと思います。

女の子を笑わせて楽しいと思った手ごたえのようなものは、確かに私にもありました。こんな自分でも通用するんた!と嬉しい気持ちは今でも思い出せます。

そうですよね!女の子を笑わせるのは普通に楽しいですよね。

「女の子を笑わせて楽しい」
「こんな自分でも通用するんだ!」

という気持ちをぜひ大切にして頂きたいと思います。

結局、多くのスト師がストでビタ止めできない原因は、

「女の子を笑わせていないから」

の一言で片付けられる 、と思っています。

Pairsでも全く一緒で、次回のアポにつながらない原因は、

「女の子を笑わせていないから」

の一言で片付けられる 、と思っています。

これからは、遠すぎる目標である、ホテルに行く事ばかりを見るのではなく、目の前の女の子を笑わせて自分が楽しむこと。なぜ自分が変わろうと思ったのかを改めて振り返り、ノートに書くことなどを意識して、またペアーズに取り組んで行きます。

おっしゃる通りですね。

  • 今までの常識を捨てて見た目を改善したこと
  • Pairsに登録してみたこと
  • Parisのプロフィール写真をきちんと撮影したこと
  • Parisのプロフィール分をきちんと作成したこと
  • Pairsでマッチングできたこと
  • Pairsで二人もアポが取れたこと
  • アポで女性を笑わせることができたこと

など、〇〇さんがこれまでに達成したことをノートに書き出してみて、

「過去の〇〇さんからどれだけ成長しているか」

というところにフォーカスしてみてください。

「俺はまだ一人も女の子とホテルに行けていない…」

と考えてしまうのではなく、「過去の自分に勝っていること」に注目してみてください。

「今まで歩いた道のり」を振り返ってみてください。おそらく〇〇さんはすでにスタート地点からかなり遠くのところまで歩んでいるはずです。

そして、自分の足で歩んできた過程に関しては、ナルシスト並みに自信を持って良いと思います。笑

過去の自分に打ち勝つことができたのであれば、それが他人から見てどんなに小さなことであっても、自分で自分を手放しで褒めるべきです。

(大人になると誰も褒めてくれる人はいないので、モチベーション維持のコツとして「自分を褒める」というのは非常に重要です。笑)

たかが女、たかが恋愛かもしれませんが、モチベーションを維持し続けるのはとても大変なことです。

だからこそ、

「女の子を笑わせて楽しい」
「こんな自分でも通用するんだ!」

という

「目の前の小さなゴール」
「内的な動機」

に注目することが、何よりも重要だと思います。

もちろんメンタル的にしんどくなったら、無理せず休めば良いと思いますし、そのあたりはご自身の体調と相談しながらやっていってください。笑

以上、よろしくお願いしたします。

神崎

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===