女性とイジり合える関係になる中で、敬語とタメ口の使い分けなどのコツがあれば教えて下さい。

初めまして。

毎日、ブログをチェックさせていただいております。

本気で、読者への、モテる事への応援に感謝しています。

質問ですが、女性といじりあえる関係になる中で、敬語とタメ口の使い分けなどのコツがあれば教えて下さい。

初対面の女性とは基本的に敬語を使っています。

タメ口の方がいじりあえる関係に近づきやすいと思うのですが、どこかで切り替えるタイミングがあるのでしょうか。

それとも最初の最初は敬語で、すぐにタメ口に持っていくべきでしょうか。

それとも敬語でいじりあえる関係を作ってからでないと話にならないレベルでしょうか。

ぜひ教えて下さい!!

 

 

〇〇様

初めまして。神崎です。

ご連絡ありがとうございます。

質問ですが、女性といじりあえる関係になる中で、敬語とタメ口の使い分けなどのコツがあれば教えて下さい。

とのことですね。

なるほど、、良いご質問ですね。笑

「敬語か、タメ口か」

というのは私自身も昔かなり悩み抜いてきたテーマなので、その経験をもとにお話しさせて頂きます。

まず、結論から申し上げますと、

「敬語→タメ口への切替のコツは、受け身会話のタイミング」
「敬語・タメ口のどちらでも、イジり合える関係は作れる(クロージングできる)ので、無理にタメ口に持っていかなくても良い」

ということです。

では、順番にご質問に回答させて頂きます。

タメ口の方がいじりあえる関係に近づきやすいと思うのですが、どこかで切り替えるタイミングがあるのでしょうか。

とのことでしたので、今、一番疑問に思われているのは、

「どのタイミングで敬語からタメ口に切り替えればよいのか?」

というところですよね?

タメ口の方がいじりあえる関係に近づきやすいと思うのですが、

とおっしゃって頂いた通り、

「敬語よりタメ口の方がイジり合える関係を作りやすい」

のは間違いないです。

ストナンであればいきなりタメ口でも問題ないですが、Pairsなどの場合は最初は敬語からスタートすることになると思います。

(初対面の女性に対して、敬語を使うことは全く問題ないです。むしろ、そちらの方が良いです。笑)

ここで、問題になるのが、

「どこでタメ口へ切り替えれば良いのか?」

というところですよね。

ここからが、私の中での結論になりますが、敬語からタメ口への切替のタイミングというのは、

「受け身会話のタイミング」

です。

Pairsに限らず、イジり合える関係を作るときの

  1. 女の子を笑わせる
  2. 女の子に自分をイジらせる
  3. 自分が女の子をイジる

という3ステップのうち、2ステップ目で、

「女の子に自分をイジらせるための受け身会話を入れていく」

というのをブログやメール講座ですでにお話しさせて頂いていると思います。

具体的には、

「人の顔見て笑うっていう、なんか失礼な…笑」
「すみません、真顔やめてもらって良いですか。笑」
「絶対バカにしてるじゃないですか。笑」

みたいな返しのことですね。

タメ口へ切り替えるベストなタイミングというのは、ココです。

「受け身会話のタイミング」

です。

この受け身会話をしている段階というのは、1ステップ目の

「女の子を笑わせる」

という段階が終わっているので、ある程度打ち解けているかと思います。

なので、

「タメ口へ切り替えても、不自然ではない」

というのが理由の一つです。

そして、もう一つの理由が、

「受け身会話はツッコミに近いため、タメ口でしゃべっても不自然ではない」

という点です。

例えば、上に書いたような受け身会話をするときに、

「人の顔見て笑うって、失礼だからw」
「ちょっと、真顔やめて。笑」
「絶対バカにしてるわ。笑」

と、タメ口へ切り替えても、全く不自然ではありません。

場合によっては、こちらの返しの方が会話が盛り上がることもあります。笑

なので、

「受け身会話でタメ口へ切り替えた後、ずっとタメ口で行く」

というパターンが良いかと思います。

そうすることで、3ステップ目の

「自分が女の子をイジる」

というフェーズにも移行しやすいかと思います。

ということで、

それとも最初の最初は敬語で、すぐにタメ口に持っていくべきでしょうか。それとも敬語でいじりあえる関係を作ってからでないと話にならないレベルでしょうか。

とのことですが、上でお話しした通り、

「『会ってすぐ』の段階で、無理にタメ口へ持っていかなくて大丈夫」

です。

「受け身会話のタイミング」でタメ口へ切り替えるのが良いと思います。

そして、今回のご質問とはそれますが、

「敬語か?タメ口か?」

というテーマで必ずぶつかる悩みが、

「年上の女性には、敬語か?タメ口か?」

という悩みだと思います。

これに関しては、

「どちらでも良い」

が回答になります。

私自身、敬語のまま年上女性と寝たことは何度もあるので、

「タメ口でないと、クロージングできない」

ということはありません。

一番最初にお話ししましたが、私は、

「敬語・タメ口のどちらでも、イジり合える関係は作れる(クロージングできる)ので、無理にタメ口に持っていかなくても良い」

という感覚です。

ただ、実は年上女性を相手にするときは、

「タメ口の方が、相手女性は喜ぶ」

という事実がありますね。笑

年上の女性に対して、ずっと敬語を使うということは、実は、

「あなたは僕より年上です」

というメッセージをずっと発し続けていることを意味します。

なので、年上女性を相手にするときは、早めにタメ口へ切り替えた方が相手が喜ぶことは多いですね。

これは、知識として持っておかれた方が良いかと思います。笑

まとめますと、

「敬語→タメ口への切替のコツは、受け身会話のタイミング」
「敬語・タメ口のどちらでも、イジり合える関係は作れる(クロージングできる)ので、無理にタメ口に持っていかなくても良い」

というのが、ご質問に対する回答ですね。

よろしくお願いいたします。

神崎

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===