スタイリングについて

いつも為になる情報をありがとうございます。

メール講座を受講させて頂いている◯◯と申します。

今回はスタイリングについて質問があり、メールさせて頂きました。

前髪・サイドを長めに残し、ひし形を目指すという鉄則や紹介されていた二つの動画を参考にスタイリングの練習をしているのですが、さっぱり上手くいきません。

もはや何が悪いのかも分からないので、神崎さんに私の髪型をチェックしていただきたいのです。

(面倒であれば無視してください!)

お手数をかけて申し訳ございません。

よろしくお願いします。

 

 

 

◯◯様

はじめまして。神崎です。

この度はご連絡頂きまして、ありがとうございます。

また、ご返信遅くなりまして、申し訳ありません!

さて、ご質問の件に回答させて頂きますね!

頂いた画像を拝見しましたが、率直な感想として、

「すごく良い」

と思います!!

特に、

「前から見たときのひし形のシルエットが綺麗」

です。

なので、ここからのお話は、

「今の状態でもすごく良いけれど、もっと良くするなら・・・」

という前提でお聞きください。笑

もし◯◯様のスタイリングをもっと良くするならば、

  1. バックの髪があまり立ち上がっていないので、バックの髪をしっかり立ち上げる
  2. 毛束が少し太いので、散らす
  3. トップの位置が少し前すぎるので、トップの位置を後ろにズラす

の3点を意識すると良いかと思います。

まず、1点目と2点目の、

  1. 「バックの髪があまり立ち上がっていないので、バックの髪をしっかり立ち上げる」
  2. 「毛束が少し太いので、散らす」

についてですが、この動画↓の2:00〜2:25部分で、ショウヘイ君が語っている通り、

  • 握って揉みこむ
  • 太い毛束を散らして整える

という2点を意識すると、かなり良くなると思います。

また、おそらく今◯◯様がスタイリングをするとき、

「合わせ鏡」

をあまりしていないのではないでしょうか?

(していた場合は、申し訳ございません。笑)

「髪型のシルエットで重要なのは、サイドとバック」

なので、スタイリングをするときは、

「合わせ鏡」

をしながら、

  • サイドのシルエット
  • バックのシルエット

をしっかりチェックすることが重要になってきます。

なので、1点目の

「バックの髪があまり立ち上がっていない点」

については、

「バックの髪にもワックスを握って揉みこむ」
「その際は『合わせ鏡』をしながら、シルエットをしっかりチェックする」

を意識して頂いて、

2点目の、

「毛束が太すぎる点」

については、

「太い毛束を散らして整える」

を意識して頂くと、さらに良くなると思います。

最後に、3点目の、

「トップの位置が少し前すぎる」

については、

「トップの位置を少し後ろにズラす」

ということを意識して頂くと良いと思います。

こちらのブログ記事

つむじ割れ・ぺったんこメンズをカッコよくするパーマ。そのポイントとは・・・!

が分かりやすいですが、髪型のトップの位置は、

両方の耳を結ぶ直線上の頭の一番高いところ

です。

現在の◯◯様のトップの位置は、

「両方の耳を結ぶ直線上の頭の一番高いところより、少し前」

に来てしまっています。

なので、トップの位置が

両方の耳を結ぶ直線上の頭の一番高いところ

になるように、スタイリングして頂くとさらに良くなるかと思います。

◯◯様から頂いた画像にトップの位置を加筆した画像を添付いたしましたので、ご確認ください。笑

以上、ご参考になれば幸いです。

よろしくお願いいたします。

神崎

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===