先日お話していた会社の本命の子と2回目のランチしてきました! 結果としてはクロージングには至りませんでした。

神崎さん

こんにちは、◯◯です。

先日お話していた会社の本命の子と2回目のランチしてきました!

結果としてはクロージングには至りませんでした。

以下、かなり長くなるのでお時間ある時にお読みください。

 

◼︎今回のランチ

  • 会話が盛り上がることもあったが、緊張していたため沈黙が何回かあった
  • 沈黙において、つまらなそうにしてる表情の指摘や、すべり芸ができないこともあった(できたこともあった)
  • 仕事の話ばかりで踏み込んだ話の割合が少なかった→自分の恥部晒し不足が原因かと
  • 食後、少し盛り上がったタイミングで「この後空いてます?」と聞いたところ、2時間後くらいに美容室の予定を入れていたため、カラオケオファーはしなかった

 

◼︎ミス・下手打ち

  • 相手の予定まで微妙な時間の空き方をしていたため、1時間半以上ランチしてしまった
  • 相手のことを神格化し過ぎていた →顔大きいなぁとか、肌そこまで綺麗じゃないなぁとか、化粧落としたら目小さそうとかは思ってましたが笑
  • クロージングするんだ!と肩に力が入り過ぎて余計に緊張していた →相手にも緊張が伝わってそう。。

 

◼︎そもそもの話…。

元々、ある程度いじり合うことはできてましたが、ブランディングを構築できてなかった可能性もあります。。

社内では、本命ちゃんよりもルックスレベルの低い女の子や、既婚女性との会話は盛り上げてましたが(お互い席は見えるし会話も聞こえる距離です)、

  • 初めてまともに喋った時は、飲み会で自分から話しかけに行ってしまっていた(会話自体はこの時が一番盛り上がってたかも。。)
  • ↑の飲み会の帰り

*相手が終電を無くし
*お互いかなり酔っており
*二人きりの状況で

「◯◯さん、好きですわ」と言われたことに内心舞い上がっていた

→テストされてるなと思ったので、その場では「軽すぎ!笑」と言って流しました(神崎さんならどのように判断しますか?)

→この後、がっつきすぎたことを反省して、一ヶ月間くらい会社では割と素っ気ない態度で最低限の絡みしかしませんでした。

  • 会社で無意識に相手を目で追っていたことがあった
  • 前回のランチも少々グダってしまい、相手に「この後、会社行きません?笑」と判断を委ねてしまっていた →休みの日に一緒に会社に行って差し入れして帰りました
  • 前回のランチから今回のランチまで20日弱しか経っていない

 

◼︎現状の問題点

  • 下手打ち、予定の打診によりブランディングが低下している
  • そもそも、

この子を本当に抱きたいのか?
付き合いたいのか?
そんな可愛くなくね?

という気持ちになっている

→恐らく今回うまくいかずに凹んでいるだけだと思いますが笑

 

◼︎解決策

  • 相手からの誘ってサインがもう一度出るor相手から明確にデートに誘われるまではデートしない
  • 引き続き、社内でルックスレベルの低い女性との会話を盛り上げる
  • ペアーズも継続してもっといい女性とデートする  →本命が変わってもいいし、そもそも本命って意識が緊張を加速させるのでやめた方がいい

以上、今の僕の状況になります。

ここまでお読み頂きありがとうございます!

もしもお時間ございましたら、コメント、アドバイス頂けると幸いです!

 

 

 

◯◯様

こんばんは。神崎です。

本命の女の子とのランチデートおつかれさまでした。

いくつか気づいた点について、コメントさせて頂きますね。

◼︎今回のランチ

  • 会話が盛り上がることもあったが、緊張していたため沈黙が何回かあった
  • 沈黙において、つまらなそうにしてる表情の指摘や、すべり芸ができないこともあった(できたこともあった)
  • 仕事の話ばかりで踏み込んだ話の割合が少なかった →自分の恥部晒し不足が原因かと
  • 食後、少し盛り上がったタイミングで「この後空いてます?」と聞いたところ、2時間後くらいに美容室の予定を入れていたため、カラオケオファーはしなかった

◯◯さんの推測通り、

踏み込んだ話ができなかった理由は、おそらく「恥部さらし」の不足(つまり、アイスブレイク不足)

です。

女の子との会話に限らないことですが、相手とのコミュニケーションにおいて、

「相手に恥部をしゃべってほしいなら、まず自分が恥部をさらさないとダメ」

です。

言い換えるなら、

「相手に腹を見せてほしいなら、まず自分が腹を見せないとダメ」

ということです。

ただ、改善点がご自身でしっかり理解できているので、すばらしいと思います。

また、無理にカラオケオファーをしなかったのは、正解です。

◼︎ミス・下手打ち

  • 相手の予定まで微妙な時間の空き方をしていたため、1時間半以上ランチしてしまった
  • 相手のことを神格化し過ぎていた →顔大きいなぁとか、肌そこまで綺麗じゃないなぁとか、化粧落としたら目小さそうとかは思ってましたが笑
  • クロージングするんだ!と肩に力が入り過ぎて余計に緊張していた →相手にも緊張が伝わってそう。。

1時間半以上ランチしたのは、特に問題ないです。

ただ、アポ前に「クロージングするんだ!」と意識するのは、あまり良くないです。笑

いずれにせよ、アポの中でサインが出揃わないと、クロージングには進めないので、

「サインが出たら、クロージングするか〜」

ぐらいの気軽な気持ちで臨んだ方が、良い結果が生まれます。

◼︎そもそもの話…。

元々、ある程度いじり合うことはできてましたが、ブランディングを構築できてなかった可能性もあります。。

社内では、本命ちゃんよりもルックスレベルの低い女の子や、既婚女性との会話は盛り上げてましたが(お互い席は見えるし会話も聞こえる距離です)、

  • 初めてまともに喋った時は、飲み会で自分から話しかけに行ってしまっていた(会話自体はこの時が一番盛り上がってたかも。。)
  • ↑の飲み会の帰り

*相手が終電を無くし
*お互いかなり酔っており
*二人きりの状況で

「◯◯さん、好きですわ」と言われたことに内心舞い上がっていた

→テストされてるなと思ったので、その場では「軽すぎ!笑」と言って流しました(神崎さんならどのように判断しますか?)

→この後、がっつきすぎたことを反省して、一ヶ月間くらい会社では割と素っ気ない態度で最低限の絡みしかしませんでした。

  • 会社で無意識に相手を目で追っていたことがあった
  • 前回のランチも少々グダってしまい、相手に「この後、会社行きません?笑」と判断を委ねてしまっていた →休みの日に一緒に会社に行って差し入れして帰りました
  • 前回のランチから今回のランチまで20日弱しか経っていない

組織恋愛においては、

  • 組織内のブランディングの向上
  • ターゲットとのイジり合える関係の構築

の2点が必要になってきますが、お話を聞く限り、現在はどちらもまだ弱いかもしれないですね。笑

  • 会社内でターゲットから話しかけられる
  • 会社内でターゲットから興味を持って質問される
  • 会社内でターゲットがこちらを意識させるような行動を取る(例えば、少し離れたところで、こちらに聞こえる声で自分の話題をしゃべる等)

といった行動が一つもないのであれば、組織内のブランディングがまだ弱いです。

そして、イジり合える関係の構築については、

「仕事の話ばかりで、踏み込んだ話の割合が少なかった」

とのことなので、イジり合える関係はまだ作れていない状況だと思います。

そして、

「◯◯さん、好きですわ」

というのは、おっしゃる通り「テスト」です。(無意識だとは思いますが。笑)

なので、

「軽すぎ!笑」

と流した対応はすばらしいです。

私が同じ立場でも、全く同じ返しをすると思います。

また、

「がっつきすぎたことを反省して、一ヶ月間くらい会社では割と素っ気ない態度で接した」

というリカバリーはすばらしいです。

また、無意識に相手を目で追うのは、やめた方が良いですね。笑

相手にはバレていないつもりでも、おそらくバレています。

なので、会社の中にいるのであれば、

「本当にいないと考えて、チラ見も一切しない」

を意識した方が良いです。

細かいかもしれませんが、こういう些細なところが、後々のブランディングにかなり響いてきます。

選抜コースの方でお伝えしたか忘れましたが、

「クロージングしたいのであれば、与えるべきは『安心感』ではなく『興味』」

です。

チラチラ見ているのが一度でもバレると、

「あ、やっぱり私のこと好きなんだ」

という安心感を与えてしまいますが、普段一切視線を送らないことを徹底していれば、

「あれ、私のこと興味ないのかな?」

という興味(フック)へと感情が動いていきます。

また、

「前回のランチから今回のランチまで20日弱しか経っていない」

というのは、特に気にされなくても大丈夫です。笑

そして、これはとても大事なことですが、

「デート中に相手に判断を委ねることは厳禁」

です。

何かの狙いがあって会社に差し入れに行ったのであれば良いですが、

「(時間が余ったから)会社でも行きますか?」

というのは絶対ダメです。笑

  • サインが出揃ったなら、クロージングする
  • サインが出揃わなかったら、解散する

とはっきりさせた方が良いです。

グダってムダに長時間過ごしてしまうと、自分の価値が薄れてしまい、クロージング率が下がるので、気をつけた方が良いです。

◼︎現状の問題点

  • 下手打ち、予定の打診によりブランディングが低下している
  • そもそも、

この子を本当に抱きたいのか?
付き合いたいのか?
そんな可愛くなくね?

という気持ちになっている

→恐らく今回うまくいかずに凹んでいるだけだと思いますが笑

お話を聞く限り、現在大きな下手打ちはしていないので、ご安心ください。笑

上でもお話しましたが、現在の課題はそれぞれ、

  • 組織内のブランディングが弱い
  • ターゲットとのイジり合える関係の構築

であり、それぞれの解決策は、

  • 組織内のブランディングが弱い
    ターゲット以外の女性を楽しませることを心がけ、その光景をターゲットに見せる。
    ターゲットへのチラ見を一切やめる。
  • ターゲットとのイジり合える関係の構築
    踏み込んだ話ができていないということは、アイスブレイク(恥部さらし)が足りない。
    「好かれたい」「良く思われたい」という感情を全て捨てて、恥部さらしによって相手の笑顔を引き出すことに執着する。

です。

また、

「この子を本当に抱きたいのか?」
「付き合いたいのか?」

というのは、抱いた後に決めれば良いことです。笑

◼︎解決策

  • 相手からの誘ってサインがもう一度出るor相手から明確にデートに誘われるまではデートしない
  • 引き続き、社内でルックスレベルの低い女性との会話を盛り上げる
  • ペアーズも継続してもっといい女性とデートする

→本命が変わってもいいし、そもそも本命って意識が緊張を加速させるのでやめた方がいい

「相手からの誘ってサインがもう一度出るor相手から明確にデートに誘われるまではデートしない」

というのは、おっしゃる通りです。

  • 組織内のブランディングが弱い
    →ターゲット以外の女性を楽しませることを心がけ、その光景をターゲットに見せる。
    →ターゲットへのチラ見を一切やめる。
  • ターゲットとのイジり合える関係の構築
    →踏み込んだ話ができていないということは、アイスブレイク(恥部さらし)が足りない。
    →「好かれたい」「良く思われたい」という感情を全て捨てて、恥部さらしによって相手の笑顔を引き出すことに執着する。

の2つに専念して、相手から誘ってサインが出るまでは、デートしない方が良いです。

今の状態でデートを繰り返しても、おそらく泥沼に突っ込むだけなので、相手の温度が上がってくるまでは「引き」に徹した方が良いです。

99%の男性は精神コントロールが下手すぎるので、この「引き」ができないのですが、今後の訓練だと思って、頑張りましょう。

「あの女の子は何の価値もない」

と10万回ぐらい脳内で唱えて、自己洗脳していると、本当に何も価値を感じなくなってきます。笑

そして、本当に価値を感じなくなったときに、相手から誘ってサインが来るようになります。

「引き続き、社内でルックスレベルの低い女性との会話を盛り上げる」

というのも、その通りです。

引き続き、ルックスレベルの低い女性との会話を頑張ってください。

「・ペアーズも継続してもっといい女性とデートする →本命が変わってもいいし、そもそも本命って意識が緊張を加速させるのでやめた方がいい」

今のセフレの女性で満足していないのであれば、Pairsは継続した方が良いですね。

そして、おっしゃる通り、抱く前から「この子は本命」と意識するのは、絶対にやめた方が良いです。

なぜかというと、「この子は本命」と意識しているということは、

「ターゲットに対して、価値を置きまくっているから」

です。

そうやって潜在意識で価値を置いてしまうと、ふとしたときの対応やしぐさで、惚れていることが相手に漏れ伝わってしまいます。

再度まとめますと、現在の◯◯さんの課題と解決策は、

  • 組織内のブランディングが弱い
    ターゲット以外の女性を楽しませることを心がけ、その光景をターゲットに見せる。
    ターゲットへのチラ見を一切やめる。
  • ターゲットとのイジり合える関係の構築
    踏み込んだ話ができていないということは、アイスブレイク(恥部さらし)が足りない。
    「好かれたい」「良く思われたい」という感情を全て捨てて、恥部さらしによって相手の笑顔を引き出すことに執着する。

です。

以上、よろしくお願いいたします。

神崎

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===