職場の好きな女性にどうやってアプローチすれば良いのか?コツは相手の嫉妬心を煽ること。

Yahoo!知恵袋におもしろい質問が投稿されていたので、神崎おじさんが勝手に見解を発表したいと思います。

片思い中です。20代前半の男です。

経緯です。

今年の4月に出会った職場の女性と何度か仕事をする中で自然と彼女を意識するようになり、私からお願いしてLINEを交換しました。

LINEの文は基本的に長文で、一言一言に対してちゃんと反応して丁寧に返してくれていました。

LINEでは共通の話題や趣味などで盛り上がっていたので2人で飲みに行く約束をしました。

実際に仕事からお互いのプライベートなことについてたくさん話しをし、帰り際とLINEで本当に楽しかったと言ってくれました。笑いも絶えなかったです。

とても雰囲気がよかったので、私は今度はデートに誘いました。予定があったらぜひ!と言って頂けたので、どこに行くかというところまで話が進んでいました。

しかし、そこからしばらく返信がありませんでした。

3日後に返事が帰って来ました。

内容としては、「他に好きな人がいてそんな状態で遊びに行くのは申し訳ない。自分勝手でごめんなさい、また機会があったらその時行きましょう」というものでした。

私はそれに対して

  • 勇気を持って正直に好きな人がいると言ってくれたことに感謝
  • 彼女が幸せならその恋を応援する
  • 彼女自身の今の気持ちを大切にして欲しい
  • 悩みがあれば相談に乗る

ということを伝えました。

彼女は「こんなに真剣に考えてくれる人は初めてで、こんな人に出会わせてもらったことにも感謝したい」という内容のことを言ってくれました。

私はそういった彼女の考え方も含めてより好きになってしまいました。

彼女との繋がりがなくなるのは嫌なので、相談役に徹したり、応援したり、できるだけ彼女の近くにいたいと思いました。

好きな人がいるからといって、諦めない。

という前提で、今後私がとるべき行動やアドバイスなどがあればお願いします。。

また、迷惑じゃなければ飲みに誘いたいと考えていますが、どうすればいいでしょうか?

Yahoo!知恵袋「片思い中です。20代前半の男です。」

 

さあ、このアプローチのどこが間違っていたんでしょうか。

 

あなたも考えてみてください。

 

ヒントはココ。

私からお願いしてLINEを交換しました。

 

実は、この時点で、すべての決着が着いています

 

1.「お願い」から入っている時点で、未来はない

上の質問を読んで、ほとんどの人は、

「初デートの内容が悪かったんじゃないの?」
「他に好きな人がいるなら、仕方ないんじゃない?」

と考えますが、大事なのはそんなところではありません。

仕事をする中で自然と彼女を意識するようになり、私からお願いしてLINEを交換しました。

ココです。

実は、「一番最初のアプローチですべてを間違えている」のです。

詳細な言葉は分かりませんが、

私からお願いしてLINEを交換しました。

という書き方から言って、おそらく、

「良かったら、LINE教えてもらっても良いですか?」
「良かったら、LINE交換しませんか?」

というアプローチをしていますよね。

この時点で、「負け」が確定しています。

なぜなら、

「接し方があまりにも媚びすぎだから」
「惚れていることがバレバレだから」

です。

クロージングの原理は、

「この人に認められたい」

というものということは何度もお伝えしていますが、あなたは、

「良かったら、LINE教えてもらっても良いですか?」
「良かったら、LINE交換しませんか?」

と「お願い」してくる相手に認められたい、と思いますか?

思わないですよね。

だから、この時点でクロージングの芽が完全に摘まれているのです。

私からすれば、

「お願いしてLINEを交換している時点で、負け」

です。

2.まずやるべきは「1対1の状況を作り出すこと」ではなく「組織内のブランディングを上げること」

「でも、まずは二人っきりになれるように、LINEを交換しないとダメでしょ?」
「だって、早く連絡先を交換しないと、他の男に取られちゃうでしょ?」

そう思いますよね。

そうです。

そこなのです。

ド素人は、組織恋愛において、すぐに1対1の状況を作り出そうとします

これが諸悪の根源です。

視点が近すぎるのです。

一方、玄人は違います。

「そのコミュニティの女性全員」を落とすつもりでいきます。

そして、その中から自分が一番好みの女性とセックス します。

どういうことか、説明いたしましょう。

組織恋愛というのは、「一種のキャバクラ」だと思ってください。

ド素人は何とかして、狙った女性の連絡先を聞こうとします。

「良かったら、LINE教えてもらっても良いですか?」
「良かったら、LINE交換しませんか?」

職場というTPOもありますから、当然交換してくれるでしょう。

「良いですよ〜」
「交換しましょう〜」

ですが、そこには何の感情も入っていません。

なぜか?

「あなたに興味がないから」

です。

あなたに興味がゼロの状態で交換させられた連絡先だからです。

一言でいえば、「死に番」ってやつですね。

一方、玄人は違います。

狙った女性がいるのなら、その周りの女性を攻めます。

他の女性との会話を徹底的に盛り上げます。

(このとき、その狙っている女性よりルックスが劣る女性であれば、なおグッドですね)

すると、狙っている女性は、こう思います。

「何であそこ、あんなに盛り上がっているんだろ?」
「何で私じゃなくて、あの可愛くない子なの?」
「あの男の人、誰なんだろう?」

ここで、あなたに対して、初めて食いつきが生まれるのです。

こういう「焦らし」を繰り返していると、狙っている女性は、必ず会話に参加しようとしてきます。

「必ず」です。

このときのその女性の心理は、

  • 「私が会話に参加したら、この男はどう反応するんだろう?」
  • 「この男は私のことをどう評価しているんだろう?」

という2つのテストです。

絶対に参加してきます。

なぜか?

美人は、許せないのです。

ルックスレベルが高ければ高いほど、今までチヤホヤされてきた経験があればあるほど、

「自分より可愛くない女がチヤホヤされている状況」

が許せないのです。

気にくわないのです。

だから、あなたが他の女性と盛り上がっている会話の最中に、

「あ、◯◯ちゃん、そういえば、これどこ置くんだっけ?」
「ごめん、ホチキス借りても良い?」

と会話に割り込んできます。絶対に。

その女性が期待しているあなたのリアクションはこうです。

「あ、◯◯さんも、まだ仕事中なんだ?」
「そういえば、◯◯さんはこれどう思う?」

と会話に入れてもらえるリアクションです。

当然です。

今までクラスでも一番チヤホヤされてきて、大学のサークルでもチヤホヤされてきていますから、

「私と会話したいんでしょ?」

という気持ちがビンビンです。

ということで、あなたがやるべきは、この期待を叩き割ることです。

「あ、◯◯ちゃん、そういえば、これどこ置くんだっけ?」
「ごめん、ホチキス借りても良い?」

という「構ってサイン」をフルシカトして、

「でさ、あれなんだけど、、」
「いや、あれはあいつが、、」

と、他の女性との会話を続行します。

こういう「焦らし」を繰り返すと、最終的にはあなたに直接話しかけてきます。

ここまで来たら、かなり良い兆候です。

あちらから話しかけてくるようになったら、もう普通にしゃべってください。

いつものイジり合える関係構築テクニックを使って、会話を盛り上げてください。

そうすれば、会話の中で、

「あ、そういや、まだLINE交換してなかったねw」

という関係性になるでしょう。

そうやって初めてLINEを交換するのです。

分かります?

3.接点が全くない場合は、どうすれば良いのか?

「『他の女性と盛り上がっている会話を見せつける』っていっても、接点が全くない場合はどうすれば良いの?」

という場合もあるでしょう。

そんなときは、「狙っている女性と接点がある女性」を探してください。

一人ぐらいいますよね?

まずはその一人と普通に友達になって、接点を作ってください。

接点を作ったら、男2人・女2人とかで一度飲み会でもやったら良いんですよ。

影でコソコソLINEを交換しようとしないでください。

組織恋愛って、簡単じゃないですからね。

結構、めんどくさいんですよ。

ブログでもメール講座でも何度もお話ししてきましたが、かなり「頭を使う」恋愛ですよ。

4.この投稿の女性心理の解説

ついでに、この投稿の女性心理を解説しておきましょうか。

今年の4月に出会った職場の女性と何度か仕事をする中で自然と彼女を意識するようになり、私からお願いしてLINEを交換しました。

交換したのは、職場の人だから。ただ、それだけ。

LINEの文は基本的に長文で、一言一言に対してちゃんと反応して丁寧に返してくれていました。
LINEでは共通の話題や趣味などで盛り上がっていたので2人で飲みに行く約束をしました。

LINEが長文なのは、仕事の人だから。

明日も顔を合わせる人だから。

飲みにいくのをOKしたのは、たぶん「まあ、一回ぐらいは行くか〜」というテンション。

実際に仕事からお互いのプライベートなことについてたくさん話しをし、帰り際とLINEで本当に楽しかったと言ってくれました。笑いも絶えなかったです。

別に誰と行ったとしても、「楽しかった」ぐらいは言うよ。

とても雰囲気がよかったので、私は今度はデートに誘いました。予定があったらぜひ!と言って頂けたので、どこに行くかというところまで話が進んでいました。

「予定があったらぜひ!」=「もう勘弁して!」

しかし、そこからしばらく返信がありませんでした。

3日後に返事が帰って来ました。

内容としては、「他に好きな人がいてそんな状態で遊びに行くのは申し訳ない。自分勝手でごめんなさい、また機会があったらその時行きましょう」というものでした。

ああ、この人、直接的に言わないとわからない人か〜。行間読めない人か〜。めんどくさいけど、ちゃんと断るか〜。

私はそれに対して

・勇気を持って正直に好きな人がいると言ってくれたことに感謝
・彼女が幸せならその恋を応援する
・彼女自身の今の気持ちを大切にして欲しい
・悩みがあれば相談に乗る

ということを伝えました。

彼女は「こんなに真剣に考えてくれる人は初めてで、こんな人に出会わせてもらったことにも感謝したい」という内容のことを言ってくれました。

うわ、やば。。ストーカーになりそう。。変に刺激しないように気をつけよう。。

5.ド素人がやりがちなアプローチに対する講評

「相手の仕事に気を配り、何かとフォローをする」
→絶対にやめましょう。あなたの下心がすべてバレます。

「接する頻度をとにかく増やしまくる」
→絶対にやめましょう。女子会でネタにされること間違いなす🍆

「仕事の会話でもなんでも接する機会を増やす」
→キモすぎます。

「他の男に取られたくないから、早く告白したい」
→ディズニーのファストパスじゃないんだから。彼氏がいようが、彼氏候補がいようが、関係なす🍆

組織恋愛はもうちょっと大局を見ないとね。

あれです、サッカーと一緒ですよ。

小学生がサッカーやると、ボールばかり追いかけるでしょ?

でも、プロになると、「ボールに触っていない時間」の方が大事になるでしょ?

まさに、それと同じ。

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===