あなたは、デートの会話の目的を理解しているのかい?

あなたが、

「デートで何を話せばいいか分からない…」
「そもそもデートで何をすればいいのか分からない…」

と悩んでしまうのは、

デートの目的を決めていないから

です。

私の頭の中には、デートの目的がはっきりとあります。結論から言うと、

デートの会話の目的はイジり合える関係を作ること

に尽きます。

以前、お話しした、

イジり合える関係→手つなぎ→キス→セックス

という王道ルートの

第一ステップにして最大の壁

です。

口説くのが上手いか下手かというのは、言い換えれば、

イジり合える関係をどれだけ早く作れるか

ということです。

今回は、

どうすればイジり合える関係を作れるのか?

について話しましょう。

1.デートの会話には2種類ある

デートにおける会話をひとまとめにするのはやめましょう。デートの会話には2種類存在します。それは、

  1. 雑談
  2. イジり合える関係を作るための会話

です。

一つ目はその名の通り「雑談」です。特に何も考えずに喋る会話。二つ目の「立場決定の会話」とは、要はイジり合える関係を作るための会話です。

口説くための会話といってもいいでしょう。どう言う会話かと言うと、

  • 相手に自分をイジらせる会話
  • こちらが相手をイジって笑わせる会話

です。

とにかく、デートには、

  1. 雑談
  2. イジり合える関係を作るための会話

があるということをまず頭に叩き込んでください。

2.あなたがすべき、雑談

あなたがPairsでマッチングして、初デートでまずするべき会話は

「雑談」

です。

具体的には

  • 自虐ネタ
  • 情けない話

の二つです。

この雑談の目的は、何かと言うと、デート会話の主目的である

イジり合える関係を作るための会話の下準備

です。

いきなり相手をイジったり、相手のパーソナルスペースに踏み込んだ会話をするのは、ただのKY野郎か、恋○工学生だけです。

あなたがPairsの初デートでまずしなければいけないことは、

雑談で相手の女性の笑い反応を取ること

です。

ナンパだって、マッチングアプリだって、やることは基本的に一緒です。まずは目の前の女の子を笑わせることです。

「どういう雑談すればいいんだよ…」

と思うかもしれませんが、別に何でもいいんですよね。

私が話している話だと、

  • 頭がデカすぎて、全ての帽子が入らない話
  • よく見ると足が短い話
  • 「声だけイケメンだよね」と言われた話

とかですかね。

雑談で、

  • 自虐ネタ
  • 情けない話

を話す上で、常に頭に入れておかなければいけないのは、

「今俺は、イジり合える関係を作るための会話の下準備のために、雑談しているんだ」

という意識です。

ダラダラ雑談していても意味がありません。デートで何も進展がありません。

デートで二人の関係を進めることができるのは、イジり合える関係を作るための会話のみ

です。

3.あなたがすべき、イジり合える関係を作るための会話

デート会話での一番の目的は、イジり合える関係を作ること

です。

最重要です。

そもそも、

「何でイジり合える関係を作らなければいけないのか?」

ということですが、理由は2つです。

  1. 会話に刺激を与えるため
  2. 主導権を握るため

です。

 3.1.会話に刺激を与えるため

イジり合える関係を作る理由の一つ目は、

会話に刺激を与えるため

です。

ほとんどの男がデートで話している会話はクソつまらないです。

「へえ、そうなんだ〜!」
「おお〜!すごいね〜!」

とうなずいてばかりの、赤べこちゃんばかりです。

後は最近の恋○工学の

「立場を上に見せるために、ディスれ」

というありがたい教え()を真に受けて、雑談で笑わせることもせず、しょっぱなから、

「見かけによらず、頭悪いでしょ?」
「意外とドジなところあるよね?」

という、どこかの会社の上司のように、全く意味不明かつクソ寒いイジりをしている男しかいません。

簡単にいうと、

「目の前の女を笑わせよう」
「目の前の女を楽しませよう」

と思って、トークをしている男なんて、ホストとスト師しかいないわけです。

そして、刺激的な会話とは、

お互いがイジリ合っている会話

です。

イメージとしては、男子校で男同士でお互いをディスり合って、笑っているイメージですね。まあ、そこまで激しくはディスらないですけど、そんな感じです。

なぜ私がガチイケメンを差し置いて、良い思いができているのかというと、

「イジり合える関係を作る」

ということだけを考えているからです。

 3.2.主導権を握るため

イジり合える関係を作る理由の二つ目は、

主導権を握るため

です。

なぜなら、

  • 手をつなぐ
  • キス
  • セックス

の前段階では、こちらにある程度主導権がある状態でないとキツイからです。

ただ、主導権を握るというと、どうも「力ずくで奪う」というイメージですが、ちょっと違いますね。

他の男がボクシングをやっているところを、私は柔道をしているイメージ。相手の力を利用して、投げるイメージ。

言ってて、私も意味が分からなくなってきましたが、こういうことです。

神崎をイジっているうちに、楽しくなってきた。
もっと話したいと思ってしまった。
気づいたら、流れで手をつないでしまった。
気づいたら、流れでキスしてしまった。
気づいたら、流れで寝てしまっていた。
気づいたら、惚れていた。

というイメージです。

分かんねえな。何ていうんでしょうね。

ほとんどの男って、自分をイジらせることはしないんですよね。見栄なのか、プライドなのか、知りませんが、自分の弱みをさらけ出している人はいないわけです。

特に美女の前では。

そんな中、

  • 頭がデカすぎて、全ての帽子が入らない話
  • よく見ると足が短い話
  • 「声だけイケメンだよね」と言われた話

をしてくる私みたいな男が出てきたら、当然浮くわけです。

「何こいつ?笑」

というフックが生まれるわけです。

私は私で、

「確かに、頭でかいかもw」
「あっ!ほんとだ!足短い!」
「確かに声はイケメンw」

というリアクションを待ち構えていて、そういうリアクションが出てきたら、

「やかましいわw」
「嬉しそうに言うなw」
「分かってるわw」

と、相手を楽しませつつツッコミ、徐々にイジり合える関係を作っているわけです。

相手がどんどん私の罠にはまっていくわけです。

4. 面白ければモテるのか?

あなたは今、

「俺は面白くないから…」
「俺はトークが下手だから」

と悩んでいるかもしれません。

実際、私も悩んでいた時期もありました。

ですが、一つ言えるのは、

面白ければモテるはウソ

です。

理由は二つ。

  1. 男の面白いと、女の面白いは違うため
  2. どんなに面白くても、イジり合える関係が作れなければ意味がないため

 4.1.男の面白いと、女の面白いは違うため

ロンブー淳とウーマン村本から学ぶ、女性ウケするトークとは?でも話しましたが、

男が面白いと思うのはは、フリオチの聞いたエピソードトークですが、女が面白いは、ノリとテンポの良いトークです。

簡単に言えば、女性が好きな笑いは内容がなくてもいいんです。

淳や村本みたいに、ノリのテンポで笑わせるトークの方が、女性は好きなんです。反応しやすいんです。

例えば、狩野英孝とか、男から見たら、

「どこが面白いんだよ」

っていう感じですよね?

ですが、若い女性からしたら、ああいうノリとテンポで笑わせてくれる男の方が、一緒にいて楽しいんです。

分かります?

ここを勘違いしたまま、ほとんどの男は、松本人志みたいなトークを披露しようとしますが、女からすれば寒いだけですよ。マジで。

 4.2. どんなに面白くても、イジり合える関係が作れなければ意味がないため

イジり合える関係を作って、追う関係から追わせる関係に帰るプロセスに変えなければ、いくら話が面白くても落とせません。

そもそも、大勢の客を笑わせるのは大変ですが、目の前の女性を笑わせることぐらい、パターンを練習すればまったく問題ありません。

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===