ストリートナンパの極意に学ぶ、Pairsのデートでの正しい立ち振る舞い。

今日の話を聞くと、おばあちゃんのガンが治ります。

「Pairsのデートでの正しい立ち振る舞い」

が分かります。

1.ストナンの極意は「ビタ止め」にあり

おそらく、今あなたは巷のナンパブログも定期的に読んでいるでしょう。もしかすると、ストナンに挑戦したこともあるかもしれません。

今日は、一応ストナンでそこそこ結果を出していた男として、ストナンの極意を教えます。

ストナンの極意は「ビタ止め」

です。

(ビタ止めっていうのは、歩いてる女の子の足を止めるっていうことね。)

ビタ止めできたら勝ちです。

ビタ止めできたら即れるのも時間の問題です。

ナンパをしている男のほとんどは、声をかけた女の子の足を止めることもできません。止まらせて話を聞かせることもできません。

足を止めることができる。笑わせてビタ止めすることができる。

これだけで、めっちゃすごいです。これだけで、もうスト師の中ではかなりの上位に食い込んできます。

巷のナンパブログに興奮して夢を見て、ナンパを始める男は多いですが、みんなここで挫折していくんですね。

いざストナンをやってみるものの、ビタ止めすることもできずに、諦めていくんです。

なぜナンパを始めたばかりの男がビタ止めできないかというと、

「そもそも女の子の足を止めようとも思ってないから」

です。で、なぜ女の子の足を止めようとも思わないのかというと、

「並行トークで女の子をカフェに連れ出せると思っているから」

なんですね。





いや、聞いてないから。ナンパ師の話なんて。

基本的に女性は歩きながら喋りかけてくる男の話なんて聞いてません。耳に入ってません。

ナンパ師本人は、一生懸命面白いこと、気の利いたことを言ってるつもりになっているのですが、女性は全く聞いていません。

だからこそ、まずは止める。まず足を止める。

これが大基本なんです。まず足を止めることが先決なんです。

並行トークの状態でカフェをオファーしてる男がどれほど愚かなことか…。並行トークで連れ出しはムリです。

キャッチもスカウトも、絶対女の子をまず止めてます。

それは、話を聞いてくれるフィールドを作るためにやってるんです。まず足を止めないことには文字通り話にならないことを知ってるからやってるんです。

2.大事なのは第一声のセリフ…ではなく「入り方と間合い」

では、なぜ多くのナンパ師は女の子の足を止めることもできないのか?

それは、

「入り方が悪いから」

です。

ビタ止めできないナンパ師の中で一番多いのは、

「歩いてる子に声をかけるが、後ろから声をかける、または横から声をかけるナンパ師」

です。

ナンパにおいて女の子の横・後ろから声をかけるっていうのは、最悪です。もう一番やっちゃいけない声のかけ方です。

今度歌舞伎町とかセンター街とか行く機会があったら、スカウトとかキャッチが女の子に声をかけてるところをよく見てみてください。

彼らは絶対に横や後ろからは声をかけません。

前から堂々と声をかけます。

彼らは、どういう動きをしているかというと、目星の女の子を見つけたら、まず女の子が進む方向に先回りします。

先回りしたところで、必ず女の子の正面、もしくは斜め前から声をかけます。間違いなく前から声をかけています。

風俗のキャッチとか、おっパブのキャッチとかの動きから学んで欲しいんですが、彼らは絶対に5mぐらい前から、

「おっぱいいかがっすか?笑」

って声かけてるんですよ。

横や後ろから声をかけるっていうのは、「男の自信のなさの表れ」なんですよね。「断ってくれて大丈夫です」って言ってるようなものなんですよね。

私が昔よくやってたのは、女の子の5mぐらい手前からバっとコミカルな動きをしながら近づき、女の子が「えっ…苦笑」って歩くペースが遅くなった時に、

「ちょちょちょw」

っていう軽いノリで笑いを引き出して、女の子の口元に笑みが浮かんだところで、

「いやいやいや、何笑ってるんですかwwこれね、、実はね・・・・・ナンパなんです。いわゆる、ナンパなんです」

と、とにかくふざけて笑わせていました。ナンパなんてピエロにならないとできないですよ。

あと、多くのナンパ師は女の子の足を止めることもできない理由は、

「間合いが近すぎるから」

です。

99%のナンパ師は横から声をかけるわけですが、女の子からすると、ナンパしてきた奴の見た目どーこー以前に、めちゃくちゃビックリするんです。

ビックリしすぎて、話を聞く気にもならないっていうパターンが多いですね。

自分が同じ立場になった時のことを考えてみて欲しいんですが、人に横からいきなり声かけられたら、

「うわっっっっっ!!!」

ってビックリして、イラつくでしょ?

そういうことです。

だから、横とか後ろから声をかけちゃいけないんですよね。

横からヘラヘラしながら

「あの、すみません…」

なんてやってても、一生スト高は落とせないですよ。

前から堂々と女の子の目線を合わせて、アイコンタクトで制圧しながら、シカトできない空気を作っていかないと、ビタ止めなんてできるわけないんですよね。

横から入ってる時点で負けてるんですね、女に。

3.笑わせたら勝ち。そしてこれはデートでも一緒。

さて、そろそろあなたに関係のある話をします。笑

あなたは今、Pairsでデートを重ねて恋愛活動を頑張っているところですよね?

今までの私の

  • ストナンの極意はビタ止め
  • 声かけは絶対に前から堂々と
  • ナンパはビタ止めできたら勝ち

という話を踏まえて聞いて欲しいんですが、

「ビタ止めするには?」

って結局、

「いかに笑わせるか?」

なんです。

笑わせたら女の子の足は止まるんです。

本当です。

で、ほとんどの男はトークで笑わせようとするんです。気の利いたセリフで笑わせようとするんです。

違うんですよ。

トークで笑わせるっていうのは、めちゃくちゃ男性脳なんですよね。言葉で笑わせようとするのは。

大事なのは、ノリ、テンポ、変顔、コミカルな動き、とかそういうの

なんですよ。

私がストってた時なんて、5m手前に回り込んで、真正面から「ちょちょちょちょちょwww」だけで止めてました。それでビタ止めしてました。

男はどうしても

  • 面白いセリフ
  • 面白いトーク

で笑わせようとしますが、セリフなんてどうでもいいんですよ。女の子は男が何言ってるかなんて、聞いてないんで。

吉本NSCでは授業の一環でストナンをやらされるらしいですが、何か分かる気がします。ノリとかテンポとか、そういうのが鍛えられるんですね、ストリートは。

ノリ、テンポ、変顔、コミカルな動きが大事っていうのは、Pairsのデートでも一緒

です。

「どんなセリフで口説こうか?」
「どんなトークで惚れさせようか?」

ということに躍起になる男は多いですが、

「どうやって笑わせようか?」
「どんな変顔で笑わせようか?」
「どんなコミカルな動きで笑わせようか?」

ということに躍起になる男はほとんどいません。

目の前の女の子を笑わせることに集中していたら、

「俺は面白い話ができない…」
「俺はトークが下手だから…」

とか、そんなことで悩まないと思うんですよね。必死になって笑わせようと変顔したり、コミカルな動きしたりするはずなんですよね。

「いや、そんな恥ずかしいことできないから…」

って言う男が多いからこそ、やるんですよ。イケメンでもないくせにカッコつけてる男が多いからこそ、そういうのをやるんですよ。

じゃなかったら、どこで差別化するんですか?

要するに、まとめると、

  • Pairsのデートでは難しいことを考えずに、目の前の女の子を笑わせることに集中する。
  • 重要なのは面白いセリフや面白いトークではなく、ノリやテンポや表情。ぶっちゃけ、女は男の話なんて聞いてないから。

ということですね。

P.S. 昨今の「チビ・ブス・コミュ障でもナンパで一発逆転」の風潮には疑問を覚える。

ストナンって、恋愛の中で一番厳しいステージですよ。だからこそ、

「ストナンでは即れなかったけど、ストナンやり始めてから、組織恋愛で今までは相手にされなかったような美女と付き合えるようになった」

っていうのは、あるあるな話です。

それぐらい、ストリートナンパには恋愛の全てがつまっているんですね。もちろん、ストナンで無視・シカトからフィードバックを受けて、軌道修正できる素直さ・柔軟性が必要ですが。

巷のナンパブログには「チビでもブスでもコミュ障でもヤレる!」みたいなことが書かれてますが、そんなわけないじゃないですか。

ストリートは、一番見た目が厳しく判断される場所です。一番トーク力が厳しく判断される場所です。夢を見るのはいいけど、ちゃんと現実も見ないとね。

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===