「恋愛で結果が出なくて焦るとき」に持つべきマインドセット

結果が出なくて焦ることってありますよね。

私も昔は、

「本当に俺が美女を落とせるのか?」
「このまま出会いを増やしても彼女を作れるのか?」

とよく焦っていました。特にストを始めた初期なんかは、

「また声かけられなかった・・・」
「連れ出しすらできてない・・・」

と焦りまくってましたね。

そんな「常に焦りとともに生きてきたマン」が、結果が出なくても焦らないためのマインドセットをお教えしましょうかね。

結果が出なくても焦らないためのマインドセットは、

  1. 遠くの目標を見ない。目の前の目標だけを見る。
  2. 焦るのは「行動していないから」
  3. 成長曲線に注意する

の3つです。

1.遠くの目標を見ない。目の前の目標だけを見る。

一番伝えたいのはこれですな。

あなたが焦ったり、諦めたり、挫折したりする理由の第一位は、

「遠いゴールばかり見て、目の前の小さな目標が見えていないから」

です。

もちろん、

  • 美女とヤる
  • 美女を彼女にする

という「遠いゴール」を見るのはすばらしいです。それはすばらしいのですが、

その前段階のステップはきちんと見えていますか?

私が

▼全体の流れ

  1. 見た目を死ぬほど磨く
  2. Pairsで出会いを増やす
  3. ランチデートでイジり合える関係を作る
  4. ハンドサインで好意を確かめる
  5. 個室でキステクニックで感じさせる
  6. キスで感じさせた流れでラブホへクロージングする

と口説きを細分化しているのは、

「あなたに目の前の課題に集中してほしいから」

です。遠いゴールばかり見るから焦るのであって、目の前の目標だけを見ていたら焦らないですよ。

みんな高い目標を見すぎだからね。だから、心が折れるんだよ。

「よし、あの女を連れ出すぞ!」
「よし、あの女を即るぞ!」

なんてことを目標にしていたら、ストなんてできません。ストは声かけできた時点で「成功」なのです。

同じように、Pairsも

「アポが取れた時点で成功」

なのです。

アポが取れたというのは、

  • あなたの見た目が女の子にとってアリだった(ナシではなかった)
  • やりとりの中で「一度会っても良いかな」と思わせることができた

ということを意味しています。

Pairsでアポが取れるということは、実はすごいことなのです。すごいことなのに、こういう足元の成果はシカトしておきながら、

「もう半年もPairsをやっているのに、いまだに彼女ができていない・・・巷のナンパブログのやつは女とヤりまくってるのに・・・」

みたいな謎の焦り方をしているんでしょ?

もうナンパブログとか読むのやめなよ。変に脳内インフレ起こして、頭の中の妄想だけがブクブク膨れ上がるだけじゃん。

そもそも、どうせほとんどのナンパ師はブスとメンヘラしか拾えてないんだから。ナンパ師がどういうレベルの女を即ってるかは、この目でたくさん見てきたから。苦笑

2.焦るのは「行動していないから」

何とも逆説的な話ですが、

焦るのは「行動していないから」

です。

簡単な話で、

焦るということは、何かを考えている時間がある

ということです。

行動しながら焦ることは無理です。

女の子とのデート中に、

「このまま出会いを増やしても彼女を作れるのか?」

と焦ることはできません。

女の子とのアポを取るために、メッセージを送っている途中に、

「やっぱり俺は無理なんじゃないか?」

と焦ることはできません。

「このまま出会いを増やしても彼女を作れるのか?」
「やっぱり俺は無理なんじゃないか?」

焦るのは要は「ヒマ」だからです。行動で埋めつくしていないから、そういう焦りが生まれるわけです。

  • Pairsにログインしまくる
  • 範囲を「全国かつ年齢層すべて」にしてあしあとをつけまくる

という地道な活動はできるでしょう。

マッチングアプリなんてほぼチートアイテムなんだから、これで結果が出せないのなら、ストなんて200%無理ですよ。

ストの場合は、

声かけ→ビタ止め→連れ出し→イジり合える関係→手つなぎ→キス→セッ◯ス

ですが、Pairsの場合は連れ出しの状態からスタートですからね。

あと、実際にストってみたら分かると思いますが、Pairsで出会えるレベルの女の子をストで連れ出そうと思ったら、まあ〜〜〜大変ですよ。

とりあえずは、

「とにかくPairsで15人の女の子とランチデートする」

というのを直近の目標にしましょう。

「ランチデートでイジり合える関係を作って、、カラオケに連れ出して、、」

というところまで考えるから苦しいのであって、

「アポを取る」

だけを目標にすればいいんですよ。例え一回目のアポで連絡が途切れても、気にしない。そこを目標にしない。

「とにかくPairsで15人の女の子とランチデートする」

だけを見つめて行動すれば良いのです。

てか、Pairsやるのなんて何の苦労もないでしょう。たくさんログインして、たくさんあしあとたくさんつけて、あしあとあった女の子にいいねを打っていくだけでしょう。つべこべ言ってないで、それぐらいさっさとやれよ。笑

3.成長曲線に注意する

成長というのは、右肩上がりじゃないからね。効果が実感できない時間がたくさんあって、あるとき急に成長するものです。

あなたも経験ないですか?

「あんなに転びまくっていたのに、あるとき急に自転車に乗れるようになって、そのあとはもう転ばなくなった」
「あんなにおぼれそうになっていたのに、あるとき急に背泳ぎのコツがわかって、そのあとはもうおぼれなくなった」

という経験ないですか。あるでしょ。

恋愛もまったく一緒でござるよ。

実際、このブログに来るまではあなたの見た目は終わっていたのですから、実質あなたは今歩き始めたばかりのひよこです。

よちよち歩き始めたぴよちゃんです。そんなぴよちゃんが立派なドードリオになってそらをとぶためには、たくさん走らなきゃ。

公文式が良いことおっしゃってますな。

学習を途中でやめてしまうと、本当の実力を身につけることなく終わってしまいます。なぜなら、学習の成果は、進んだり、足踏みしたりしながら大きく伸びていくからです。

(中略)

「何だかうまくいかないなあ」という時期でも、あきらめないこと。大きな成果を得るためには、誰でも、この時期を通過することが必要なのです。

「何だかうまくいかないなあ」

という時期を乗り越えないと、基本的にレベルの高い女を落とすのは無理です。

  • 自転車に乗る練習をするとき
  • 英会話を勉強するとき
  • バイトのレジ打ちを練習するとき

何でもそうですが、

「いちばん最初が一番大変」

なのです。初動が一番エネルギーがいるのです。ここの一番大変なところを走りきれるかが、あなたのすばらしい成功(性行)を左右するのです。

P.S.ちなみに神崎式は「後ろからケツを蹴り上げる方式」を採用しております(ニッコリ)

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===