Pairsのデートで話が広がらない人は、女の子の◯◯に◯◯していないから。

「Pairsでランチデートにこぎつけたは良いけど、会話が広がらない…」
「一つひとつの話題が全然盛り上がらない…」

となってしまうのは、

「女の子の内面に光を照らしていないから」

です。

例えば、Pairsのランチデートで、女の子が、

「この前〜〜っていうお客さんがいて、めちゃくちゃムカついた!」

という話をしてきたとしましょう。

 

突然ですが、ここで神崎おじさんからクイズです。

 

あなたは女の子に、

「この前〜〜っていうお客さんがいて、めちゃくちゃムカついた!」

と言われたら、何と返しますか?

 

はい。

 

ダメな例から挙げていきますね。

「うわぁそれはムカつくね!俺も前さ…」
「そういうお客さんって多いの?」
「ああ、それはムカつくね〜」

これらはすべてダメな例です。

理由は以下の通りです。

「うわぁそれはムカつくね!俺も前さ…」→すぐに自分話に切り替えてしまうオナニー会話パターン
「そういうお客さんって多いの?」→ただ事実を聞いているだけの職務質問パターン
「ああ、それはムカつくね〜」→安易な感性の一致を狙った赤べこちゃんパターン

正解は、

「よく耐えたね。笑 すごいわ。笑」
「大丈夫?無意識で舌打ち出なかった?笑」

です。

 

ダメな例と正解例では、ある1つの決定的に違うポイントがあるのですが、何か分かりますか?

 

・・・・・。

 

正解は、

「ベクトルが女の子の内面に向いているかどうか」

です。

「うわぁそれはムカつくね!俺も前さ…」
「そういうお客さんって多いの?」
「ああ、それはムカつくね〜」

の例を見てください。

これらの返しはすべて、女の子の内面に光を照らしていません。

「うわぁそれはムカつくね!俺も前さ…」→ベクトルが自分に向いている。
「そういうお客さんって多いの?」→ベクトルが出来事そのものに向いている。
「ああ、それはムカつくね〜」→一見、ベクトルが女の子に向いているように見えるが、「共感して好かれよう」という下心が透けて見える。そして、女の子はそれを見抜く。

一方、

「よく耐えたね。笑 すごいわ。笑」
「大丈夫?無意識で舌打ち出なかった?笑」

の例を見てください。

「よく耐えたね。笑 すごいわ。笑」→ベクトルが「嫌な客に耐えたときの女の子の感情」に向いている
「大丈夫?無意識で舌打ち出なかった?笑」→ベクトルが「嫌な客に耐えたときの女の子の感情」に向いている

・・・・分かりますか?

ほとんどの男の会話は、「ベクトルが女の子に向いていない」のです。だから、話題が盛り上がらないし、話題が広がっていかないのです。

こういう返しの差で、その後の会話の盛り上がりは間違いなく、変わってきます。ダメな例で返した場合、女の子はどういう反応をするかというと、

「うわぁそれはムカつくね!俺も前さ…」
→「ああ、それはむかつくね〜笑」

「そういうお客さんって多いの?」
→「多いかな〜!」

「ああ、それはムカつくね〜」
→「そう〜最悪だった〜」

みたいな感じで反応するでしょう。そして、大して盛り上がりません。当然です。会話のベクトルが自分に向いていないのですから。サバサバしたスト高であれば、露骨につまらなさそうな対応をするかもしれませんね。

一方、

「よく耐えたね。笑 すごいわ。笑」
「大丈夫?無意識で舌打ち出なかった?笑」

という返しは、間違いなくその後の会話が盛り上がります。

「よく耐えたね。笑 すごいわ。笑」
→「そうでしょ!!本当に誰かに褒めてほしいわ笑」

「大丈夫?無意識で舌打ち出なかった?笑」
→「そう!!舌打ち出そうになったww」「さすがにそこまでではなかった。笑」

という、かなり感情レベルの高い返しが返ってくるはずです。間違いないです。

女の子にとって一番楽しい会話は、

「自分の感情を上手にイジってくれる会話」

です。

(ちなみに、ここで言う「イジる」っていうのは、アホ恋愛◯学生の考える「ディスる」とは根本的に異なります。相手の感情に「光を照らす」に近いです。)

「自分の感情を上手にイジってくれる会話」が有効なのは、年齢関係ありません。年上女性、タメ、年下女性、関係なく効果はばつぐんです。

相手が年上なら、

「よく耐えましたね。笑 すごいですね。笑」
「大丈夫ですか?無意識で舌打ち出ませんでした?笑」

と、敬語調に変えれば良いだけです。年上だろうが、年下だろうが、基本的な口説き方は変わらないですからね。

さて、このように、

「話題が広がらない…」

と悩んでいるメンズは、女の子の会話に対して、

「うわぁそれはムカつくね!俺も前さ…」
「そういうお客さんって多いの?」
「ああ、それはムカつくね〜」

という返しをしてしまっているからです。

「よく耐えたね。笑 すごいわ。笑」
「大丈夫?無意識で舌打ち出なかった?笑」

という返しをすれば、自然と話題は広がっていきます。

ポイントとなるのは、

「女の子の内面に光を照らしているかどうか」

です。

会話のベクトルを相手の内面に向ければ、イヤでも話題は広がっていきます。イヤでも会話は盛り上がっていきます。

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===