デート中に次の話題が思いつかないときは「何で?」を繰り返していく。

デート中に次の話題が思いつかないときの対処法は、

「何で?」を繰り返していくこと

です。

1.デート中に次の話題が思いつかないときは「何で?」を繰り返していく。

デート中に次の話題が思いつかないっていうのは、要するに、

「会話の広げ方が分からない」

ということですが、その答えを杜美緒先生がおっしゃっているので、🔥焼き土下座🙇‍♂️しながら学びましょう。

1:48〜

まずスタートは質問をしっかりしていくこと

カバン持ってる奴に「カバン可愛いね」って言っても仕方ない。

違うんだ。

「何でそのカバン持ってるんですか?」

と聞く。

ゴスロリの女の子に、

「ゴスロリ可愛いです」
「ドレス可愛いです」

ピンク好きな女の子に、

「ピンク可愛いです」

って言っても仕方ない。

違うのよ。

「何でピンクなんですか?」
「何で”そう”なんですか?」

それをちゃんと質問すること。

「何でそんなドレス着てるの?」
「何でそんなフリフリなの?」
「何でそのカバン好きなの?」

「何で?」
「なぜ?」

これをちゃんと聞いていくこと。

「何で”そう”なんですか?」

と聞いたときに、必ず相手は答えてくれる。

だって自分の美学であり、好きなことだから。

相手の特徴に対して、質問してあげること。

「何でですか?」
「何であなたは”そう”なんですか?」

と聞いてあげる。

答えてくれたこと。

この答えに対して、しっかりと自分の価値観を持って会話すること。

「このカバンは壊れにくい」
「この形が好きです」
「このブランドは〜〜で〜〜なんだよ」

そこに対して、自分が思ったことをしっかりと喋る。

そこでちゃんと噛み合ったときが、「理解者」になれる瞬間だから。

「私の友達には、こんな人がいます」
「義理がたくて、優しくて、何かあったらいてくれる」

「そんな素敵な友達がいるのは何で?」

簡単じゃん。

「君がそういう人だからだよね。」

とか。

「そういう友達に恵まれている理由って何?」

そこについて褒めてあげれば、相手も、

「この人はきちんと私の言っていることを考えて、しゃべってくれる人だ。」
「分かってくれる人だ。」

と思ってくれるわけ。

というわけで、次の話題が思いつかないときは

「何で?」

を繰り返していきましょう。

2.「職務質問」にならないよう注意⚠️

上の動画を見て、

「おお!!そうか!!女の子に『何で?』を繰り返していけば良いのか!!よぉ〜し!!次のアポから、早速試してみるぞ☝️(⌒▽⌒)☝️」

と思ったピヨちゃん🐤はマジで注意な⚠️

「何でですか?」
「何であなたは”そう”なんですか?」
「何でそんなドレス着てるの?」
「何でそんなフリフリなの?」
「何でそのカバン好きなの?」

と、本当にそのまま質問攻めにしてしまったら、それはただの「職務質問」です。

犬のお巡りさん爆誕の瞬間です。🐶🚓🎂🎉

↓下記の動画では、犬のお巡りさん問題🐶🚓について、熱い議論が繰り広げられています。🌝🔥

2:30〜

「私の中で呼んでるのが、履歴書系ホスト
「ああ、例えばだけど、『どこ住んでるの?』『趣味は?』『血液型は?』
「うるせえ。ほっとけ。笑」
質問攻めな感じね。笑 お前に面接されに来たんじゃねえよと。笑」

では、どうすれば良いかというと、質問攻めにならないように、

「質問に聞こえない相づち」

というのをマスターしないとダメなんですね☝️😉 ✨

「質問に聞こえない相づち」というのは、例えば、

  1. 自分話の挿入(例:「俺も〜〜ということがあった」「俺の友達も〜〜って言ってた」)
  2. あえて逆のこを言う(例:「〜〜じゃないんだ?」「普通は〜〜が多いよね」)
  3. 相手の印象を言う(例:「〜〜っぽい」「〜〜に見える」)

ですね。

1つ目の「自分話の挿入」っていうのは、例えば、

♂「え、何でピンク好きなの?」
♀「何でだろう…え、だって可愛いじゃん。笑」
♂「おっしゃる通りですね。笑」
♀「笑」
♂「そういえば、俺の友達もピンク好きなんだけどさ、その友達用にピンクのポーチをお土産に買ったのよ。で、他の友達用に、赤のポーチも買ってたのね。で、一応『どっちが良い?』って聞いたら、『あ、赤が良い』って。『え、ピンク好きじゃなかったっけ?』って聞いたら、『気分による』って。笑 『いや、分かんねえよ』って。笑」
♀「あー、でも気持ち分かるw ずっと好きなわけではないんだよねw」
♂「それ何なの、気分ってw ピンクの日とかあるわけ?」
♀「そんな感じw」
♂「意味わからんw」
♀「笑」

みたいな感じですよね。

♂「ピンク好きなの?」
♀「だって可愛いじゃん。笑」
♂「可愛い系が好きなの?」
♀「まあ、どちらかと言えば?」
♂「何で可愛い系が好きなの?」
♀「何でって言われても…」

と質問攻めにならないように、あえて自分話を挿入しているわけです。

ここで、注意しなければいけないのが、

「自分を知ってもらうために、自分話をしているわけではない」

ということです。

基本的に、女の子は最初あなたに対して1ミリも興味がありません🙅‍♂️

あなたの話なんか、どうでも良いのです🤪

相手がしゃべりやすい環境を整備するために、自分話をするのです😃

分かりますか、この感覚。

2つ目の「あえて逆のことを言う」っていうのは、例えば、

♂「え、何でピンク好きなの?」
♀「何でだろう…え、だって可愛いじゃん。笑」
♂「え、意外!青が好きそうだと思った。」
♀「何で?笑」
♂「何となく。笑 だから、めっちゃ意外。笑」
♀「もう、家とか全部ピンクだよ?笑」
♂「あ、そうなんだw 青色の家具はない?笑」
♀「そもそも青色の家具とかないでしょw」

みたいな感じですよね。

私はこういう感じで会話を広げていますね。

たとえ「青が好きそう」だと思っていなくても、

「あえて逆のことを言ってみる」

というのは、私はよくやっています。

こうやって、逆のことをあえて当て込んでいくと、だいたい会話が広がっていきます。

3つ目の「相手の印象を言う」っていうのは、例えば、

♂「え、何でピンク好きなの?」
♀「何でだろう…え、だって可愛いじゃん。笑」
♂「確かにピンク好きそうな感じした。笑」
♀「それ、ピンク着てるからでしょ?笑」
♂「いやいや、マジで。笑 最初見たときから思った。」

みたいな感じです。

これは覚えておいてほしいのですが、

「〜〜っぽい」
「〜〜に見える」

というのは、かなり反応が取れる返しです。

なぜなら、

「自分のことを話題にされていて、かつ、質問口調でないから」

です。

これは、絶対使った方が良いですよ。

3.会話は「共通点探し」ではない☝️

会話において、

「共通点を探すこと」(共有スペースを活用すること)

はもちろん大事ですが、共通点が見つからなかったといって、絶望する必要はありません。

デートにおける会話の上手い・下手は、

「どれだけ相手の深い部分を引き出したか?」

で決まります。

極端に言えば、

  • 共通点がたくさん見つかったけれど、相手から深い部分を引き出せなかった会話
  • 共通点はなかったけれど、相手から深い部分を引き出した会話

があったら、会話が上手いのは圧倒的に「後者」です。

イジり合える関係を作りやすいのは、圧倒的に「後者」です。

たとえ共通点がなかったとしても、最初にお話したように、

「何で?」を繰り返していくこと

によって、会話は広がっていくわけです。

そして、口説くのが上手い男というのは、

「何で?」と聞こえないような、間接的な聞き方・相づち

を、自分なりにマスターしているわけですね。

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===