スト高に「ねえ、飲みにいこうよ〜」と言われる人生は、たのぴい🐥

僭越ながら、この前一緒に飲んだおにゃのこから、

「ねえ、飲みにいこうよ〜」

とのお誘いを頂戴いたしました。

ほら、ナンパ師って裏で1人でコソコソ口説いているのが常なわけですが、神崎おじさんはもはやリアルの集団の中で、一番レベル高い人から食いつきを得てしまうわけですね。ええ。

人生、たのぴい〜〜🐥

ということで、永遠の下っ端ホスト「神崎おじさん」がウォーミングアップを始めました。🏋️‍♂️

ストイコビッチにストりまくった修行期間を経験してきて、マジで良かったぱごす。

こっちから誘わなくても、おにゃのこから誘われるのって、本当うれぴい🐤

やっぱり、スト高に選ばれる人生はたのちいわ。

男がこぞってデートを打診して玉砕している女性ですが、何と神崎おじさんの場合は「相手から」指名が入ってしまいます。

悪いな、青少年。

恋愛は残酷やねん。

神崎さんの恋愛への基本スタンス↓

仕掛けた罠は二つ。

→「見た目」と「イジり合える関係」ですね。はい。

また一人…また一人…何も知らずに手繰り寄せ…

→「ねえ、飲みにいこうよ〜」「今度、遊ぼうよ〜」とか気軽に言わない方がええで?

 

でも、いったいなぜ神崎おじさんには「女の子の方から」指名が入るのでしょうか?

・・・・・。

・・・・・。

・・・・・。

秘密は

「頭のおかしさ」

にありました。

想像してみてください。

見た目を完璧に作り上げた雰囲気イケメンが、『LOVEドッきゅん』を全力で歌って踊っている姿を・・・。

・・・もはや、「狂気」です。笑

「外見は飾る、内面は飾らない」

を極限まで極めると、こうなるわけですね。笑

「絶対やりたくないわw」
「痛すぎるw」

と思いますよね。

それが普通の感覚です。笑

いや、いいんですよw

これを推奨しているわけではないのでw

ただ、

「神崎おじさんは、他の男がやりたがらないことをやっているからこそ、圧倒的に勝っている」

ということだけは知っておいてください。

美人の周りにうようよいる、お金持ちのおじさんは、『LOVEドッきゅん』を全力で歌って踊れますか?

美人の周りにうようよいる、ガチイケメンは、『LOVEドッきゅん』を全力で歌って踊れますか?

・・・いいえ、できません。

だから、私は勝っているのです。

だから、私はスト高から指名されるのです。

誰でもできることをやっていて、勝てるわけないやん。

  • 金持ちのおっさんにはできないこと
  • イケメンがやりたがらないこと

あちしは常にこれを考え抜いてきた。

そして、自分だけのフィールドを作り上げた。

その結果、

「ホストなった方が良い」
「今までで一番笑った」

という声をたくさん頂いております。

ちなむと、カラオケで歌って踊るのって、仲の良い集団でやるんじゃないですよ。

「自分が新入りで飛び込んだ新しいコミュニティで、10名ぐらいの男女から一斉に冷たい視線を浴びている状態」

でやるのです。

やばいですよね。

引きますよね。

そう、やばいのです。

神崎おじさんのハートは「チタン合金製」なのです。💪

だから、レベルが高い女の子から、圧倒的な食いつきを獲得できるのです。

なぜか?

「周りにそんなクレイジーボーイはいないから」

です。

レベルの高い女の子の周りには、

「高い飯屋に連れてってくれるおっさん」
「モデルをやっているようなルックスの良い男」

は腐るほどいるんです。

でも、

「プライドを捨てて、自分を笑わせようとしてくる、頭のおかしい男」

って、一人もいないんです。

なぜか?

他の男はみんな、

「嫌われたくない」
「好かれたい」

というクソみたいなプライドが邪魔をして、

「レベルの高い女の子の前で、歌って踊ることができないから」

です。

島田紳助は『紳竜の研究』でこう言っていました。

ストリップでも、見に行ってみ?

俺、ときどき、行くねん。

何か、勇気出んねん。

感動すんねん。

何年か前に『風、スローダウン』っていう映画を作ったときも、映画撮ってる途中に、石田靖を昼間4時間空いたから、

「ちょっと、来い!」

って言うて。

客全然おらんストリップや。

姉ちゃんらが足開いて、全て見せてるわけやろ。

「石田、見てみ。

この人らは、見せてまで、客を納得さそうとしてんねんで?

俺らしてるか?こんなん。

俺ら毎日、NGKでパンツ脱いでチンコ見せろってできるか?

失礼やけど、俺たちの方が志高いんちゃうんか?

なのに、ここまでされんねんど?

お前、どう思うねん?

映画で芝居するのにも、もっと必死にやれ。

もっと、夢中になれ。

何が恥ずかしいねん。

普段の舞台もそうやろ?

失礼やけど、ストリップ劇場って、お前らどこかで心の中で下に見てるやろ?

でも、違うやろ?すげえやんか。」

だから、俺ね、ほんまにね、たまに行くのよ。

「すごいな」

って思うよな。

「これは、すごいなぁ。ようし、明日から頑張ろ」

って。

「テレビ出て、こんな話恥ずかしいとか、かっこ悪いとか、何を言うてんねん、俺。」

って。

あそこに、同じ舞台に立つ、『舞台人としての原点』があると思うのよ。

人が人を興奮させたり、人が人を笑わせたり。

ボクサーは相手のアゴを殴って、脳を動かして、お金もらうやんか?

俺たちは、相手の心を動かして、金もらうんやから。

俺もストリッパーと全く同じや思うねん。

相手の感情に変化を与えへんかったら、

「しょうもな!!」

って、客は帰りよるねん。

「来んといたら、良かった!!」って。

客は何を求めてくるか?って言ったら、変化を求めてくるんやから。

だから、絶対ストリッパーと一緒やと思うねん。

ほんまにな、へこんだときに、あんなの見にいかなあかん。

 

DVD『紳竜の研究』より

上記の、

「紳助兄やんの教え」

はとても重要なので、のどちんこが取れるまで、おうちで復唱しておきましょう🎤

あなたは「舞台人」なのです。

女の子は「お客さん」なのです。

「デート」という舞台において、お客さん(女の子)の心を動かすことができなかったら、お客さん(女の子)は、

「しょうもな!!」

という捨てセリフを心の中でつぶやいて、帰るのです🐸

女の子が男に何を求めるかといえば、

「刺激」
「感情の変化」

を求めているんですねー。

刺激を求めて、わざわざ貴重な時間を使っているのです。

あなたは、その現実を分かっていますか?

「相手の感情を動かすことができない」
「何の刺激も与えられない」

っていうのは、空気ですよ。空気🍃

「いない」のと同じです😱

ニュージェネレーショングループ代表の桑田 龍征氏が、動画内でこう言っています。

「日々疲れていたりとか、あまり面白くない」

という生活をしている女の子が、

「刺激

を求めてくるのがホストクラブなんですね。

僕は、

「感情型ジェットコースターエンターテイメント」

と言っていますが、

「女の子を怒らせること」

も僕はエンターテイメントだと思っていて、

嫉妬させたり、日常に“ざわざわ”という感情を吹き込む

のがホストだと思っている。

  • 悩みを聞く
  • 共感する

とか、そんなの「心理カウンセラー」とか「占い師」の仕事やねん。

そもそも、そんなの「女友達」でもできるねん。

あちしらメンズモンズがやることではないねん。

ホストと違ってお金はもらっていないけれど、女の子からこの世で一番大切な『時間』を頂いているわけだから、相手の心を動かすことに必死にならないとね♡

神崎おじさんは、女の子の心をブルブルにSHAKEしているから、

「ねえ、飲みにいこうよ〜」

と指名が入るわけです。

だから、

「恥ずかしい…」
「カッコ悪い…」
「プライドが…」

とか、本当うるさいんだよ。笑

目をチョキで突くぞ♡

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===