私のオチンチンはツルツルです。

これからの「オチンチン」の話をしよう。

1.なぜ私はオチンチンの毛を脱毛しているのか?

なぜ私はオチンチンの毛を脱毛しているのでしょうか?

それは「モテるため」です。

もう一度言いましょう。

「モテるため」です。

「キモっ!!!」
「そこまでする必要ないだろ…。」

と、スマホを持ちながら「真顔(・.・)」で引いているあなた。

はっきり言って、遅れています。

遅れすぎています。

昭和生まれですか?

「チン毛は男の象徴」なんていう前時代的な発想はゴミ箱にポイポイしてください。

女性からすると、「チン毛」というのは、フェラするときのジャマ以外の何物でもありません。

(※注:フェラ…女性にオチンチンをしゃぶってもらう行為)

女の子に向かって、「おれ下の毛ないんだよね!」と言うと、今のあなたのような感じで

「え、何で?」

という反応を100%されます。

神崎さんはそんなとき、必ず

「だって、フェラするとき、口に入るのイヤでしょ?」

と答えます。

すると、

「あー!確かにー!」
「ウケるんだけどw」

という反応が確実に返ってきます。

これが真実です。

※ちなみに「脱毛」というトークテーマは女子とはかなり盛り上がる。

2.モテたいなら「女の美意識」を超えていけ。

私が話したかったのは

「モテるためには、チン毛を脱毛しろ!!」

という話ではありません。

一番言いたかったのは、

「チン毛を脱毛するかどうか悩む」というレベルで美意識を高めていけ

ということです。

あなたが口説こうと思っている美女というのは、24時間365日おはようからおやすみまで、

ず~~~~~~~っと

自分の「外見」のことを考えています。

ぶっちゃけ、見た目をずっと気にしているオバケだと思ってください。オバケ。あなたは「見た目を気にしすぎオバケ」と戦わなくてはいけないのです。

「ひのきの棒」だけでボス戦に挑もうとしないでください。

「男は見た目じゃない!中身だ!」

という男がたま~~にいますが、そういう頭がピーマンの方の戯言は全てフルシカトしましょう。

そんな綺麗ごとは、クソの役にも立ちません。

そういうゴミみたいな綺麗ごとをヌカしている男ほど、モテていません。良い女を連れていません。

「恋愛は綺麗ごとではない」

ということは、恋愛で辛い経験をしたことのあるあなたならよく分かっているはずです。

『電車男』や『俺物語』といったドラマは現実では100%起こりません。

万が一起こったとしても、それは『不思議の勝ち』です。

プロ野球・野村克也監督は言いました。

勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。勝つときには、どうして勝ったのか分からない不思議の勝ちがある。

テキトーな見た目のまま、奇跡的に付き合ってくれた美女というのは、間違いなく不思議の勝ちです。

「なぜ自分が落とせたのか分からず、美女と付き合う」

というのは、悲劇以外の何物でもありません。

なぜなら、奇跡的に付き合ってくれた、そのたった一人の美女にフラれた瞬間、あなたの気が狂ってしまうからです。

「俺を捨てないでくれ!!」
「俺をフるなら、自殺してやる!!」

こういう悲劇を生んでしまいます。

(実際、こういう事件、たくさんあるでしょ)

大事なのは、

「自分の実力で、確実に女性を落とせるようになる」

ということです。

自分はなぜその美女を落とせたのか」ということをちゃんと理解しておけ、ということです。私はあなたに「本物の美女」を落としてもらいたいと思っています。

3.間違っても「ワイルド系」は目指してはいけない。

あなたが口説きたいであろう、18~24歳の美女というのは、好きな芸能人に、「ジャニーズ・KPOP・V系・サブカル・三代目」のどれかが、必ず含まれています。

「必ず」です。

  • Hey!Say!JUMP
  • Kiss-My-Ft2
  • SUPER JUNIOR
  • SHInee
  • L’arc-en-Ciel
  • AcidBlackCherry
  • クリープハイプ
  • ゲスの極み乙女
  • 星野源
  • 三代目J Soul Brothers

はい、彼らの見た目どうですか?ヒゲ生えている男なんていないですよね?

時代は中性です。青ヒゲなんて「言語道断」です。

女性はあなたの青ヒゲを「キモチワルイ」と思っています。(※これはマジで命懸けてもいいぐらい、リアルな女性の感想)

青ヒゲになっているなら、今すぐヒゲ脱毛してください。

ヒゲ脱毛【メンズクリア】(私はここで全身脱毛までやった。)

たった7万円ですよ?

女に使うカネがあったら、自分の見た目に「自己投資」してください。

「時代は中性」ということに気づいている恋愛強者だけが、一発独り勝ちでモテまくっています。

「でも、三代目の今市君はヒゲ生えてるじゃん!」

とあなたは思うかもしれません。

確かに三代目の今市君は、女子からめっちゃ人気がありますし、ヒゲが生えています。

でも、待ってください。

今市君はそもそも「超絶イケメン」です。

「ヒゲが生えているから、かっこいい」

ではないのです。

「ヒゲの有無に関係なく、かっこいい」

のです。

われわれのようなフツメンがモテるためには、「見た目を少しでも女性に近づける」以外、方法はありません。「オカマになれ」ということではありません。

あなたのような「男が脱毛なんて」という化石みたいな考えを持っている男が多いからこそ、恋愛強者は独占状態をキープしているのです。

恋愛の現実は『ボーイズオンザラン』です。「田代」みたいな恋愛弱者は、「青山」みたいな恋愛強者に美女を全てかっさらわれます。

『俺物語』の剛田猛男みたいな「毛むくじゃら男」が美女を落とせることはありません。平成の現代において、「毛むくじゃら男」は一部の層にしかモテません。

そして、その一部の層は確実に「30代」です。(もっと上の世代かもね)

とにかく

  1. モテたいなら「チン毛を脱毛するかどうか悩む」というレベルで「美意識」を高めていけ
  2. 間違っても「ワイルド系」は目指してはいけない。

という2点を今すぐ頭にぶちこんでください。

 

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===