【人見知り克服方法】雑談ネタ=相手にしゃべらせるための道具

女子と二人きりになると、何しゃべっていいか分からない…

「女子と二人きりになると、何しゃべっていいか分からない…」と悩んでませんか?結論から言うと、その原因は、女子の好きな話題に関する知識不足です。

私もナンパを始めるまでは、女子の好きな話題なんて全く知りませんでした。興味もありませんでした。

  • ジャニーズ
  • V系
  • K-pop
  • 若手イケメン俳優
  • カフェ
  • ファッション
  • アロマ

などなど、「くだらねえww」と思ってた男でした。まあ、だから、モテなかったんでしょうね。

知識不足による会話の難しさはデートに限った話ではありません。英語がしゃべれれば、仕事で使えるのかというと、そうではないですよね?業界の専門用語の英語を知らなければ、仕事で使うことはできませんよね?

・・・逆に、こんな経験ありませんか?

日常英会話は得意じゃないのに、専門用語の英語だけは分かっていたから、仕事では何となくうまくいった。こんな経験ありますよね?

この理由って、“仕事で使う英単語を知っていたから”じゃないですか?“あなたの英語力が高かったから”ではないですよね?

デートでの会話でも同じです。二人男がいるとします。女性の好きな話題の知識がゼロの男と、女性の好きな話題に詳しい男。女性ががこの二人とデートした時、どちらの男と一緒にいた方が楽しいと思うかは明らかですよね?

あなたは、女性の好きな

  • ジャニーズ
  • V系
  • K-pop
  • 若手イケメン俳優
  • カフェ
  • ファッション
  • アロマ

といった話題についてちょっとでも勉強したことはありますか?勉強までいかなくても、女性誌を本屋で立ち読みしたことはありますか?

・・・おそらくないと思います。

つまり、あなたが「女子と二人きりになると、何しゃべっていいか分からない…」というのは当たり前なんです。前提知識が少なすぎるんです。

前提知識が少ないのに、「デートでどう盛り上げれば…」と考えるのは、はっきり言ってムリです。共通の話題がないのに、会話を盛り上げるなんてそれこそ、会話の達人のなせる技です。苦笑

私自身、別にトーク力はありませんが、ある程度女性経験があるのは、女性が好きな話題について、キモいほど勉強したからです。

前提知識がたくさんあるからです。共通点がたくさんあるからです。

だから、どんな女性が相手でも、まあそれなりに楽しく会話することができるんです。トーク力があるからではありません。トーク力があったら、私は学生時代からモテていたでしょう。苦笑 “童貞に悩む期間”もなかったでしょうw

でも、女に媚びる男はモテないでしょ?

“女性に媚びる男はモテない”というのは、正しいです。しかし、それは態度の問題です。女性に“媚びる男はモテない”からと言って、“女性の好きな話題を全く勉強しない”“そもそも興味を持とうとしない”というのは、ただの自己中です。

結果を出しているナンパ師というのは、狙った属性が好きなアーティストやアニメやファッションをマジで病的なまでに研究し尽くしていますよ。ほんと。苦笑

それは、“いかに楽に狙った女性を落とすか”というのが頭にあるからでしょう。で、不思議なことに、そういう知識を入れまくっていると、いつの間にか好きになるんですよねw

「たいぴーカッコいい♡」
「yasuに抱かれたいw」

みたいな気分になるんです。不思議なことに。笑

米国NLP協会認定NLPトレーナーの松橋 良紀氏が

雑談ネタは、自分が得意げになって知識を披露したり、「すごいね!」と言わせて優越感を得るためのものではありません。「相手にしゃべらせるための道具」として考えてください。

松橋 良紀(2015)『会話の達人の話し方を真似したら人見知りの僕でも楽しく雑談できました』SBクリエイティブ.

と著書で言っていますが、確かに

  • 世界で2番目に大きい山は…
  • あの会社の創業者は実は…

というような、駅の売店に売ってる“雑談ネタ100選”みたいなのは、得意げに披露してもうざがられるだけです。

しかし、女子の好きな話題をたくさん知っているというのは、間違いなくデートの会話においてかなりのアドバンテージです。だって、そんなこと勉強している男、いないですから。ほとんどの男が

  • 女を口説くためのLINEテンプレート
  • 復縁のためのマル秘テクニック

みたいなのを必死になって買い漁っていますが、私のようにジャニーズの勉強をしている男なんて、まずいません。ジャニーズ聴きまくってる男なんて、まずいません。

騙されたと思って、女子が好きなジャニーズ、V系、K-pop、三代目、サブカルの音楽を聴いてみてください。女子の好きなラテアートのカフェとか行ってみてください。多分、人見知りの悩みなんて、一瞬で吹き飛びますよ。笑

ちなみに、私はナンパで女を落とすために、最初はしぶしぶV系を聴いていましたが、今ではめっちゃファンですww

女が好きな音楽を浴びまくると、マジでモテるようになる

言葉に表すのは難しいんだけど、女子の感性が分かってくるんですよね。ジャニーズとかV系とか聴きまくってると。Kis-My-Ft2のキラキラ感とか、普通にファンになる。

ヤリチンが女を落としまくっている一方で、彼女がずっとできない男がいる原因は“感性のギャップ”です。

感性のギャップというのは、抽象的な次元ですが、具体的な次元で言うなら、

  • ファッションのレベル
  • 髪型のレベル
  • 清潔感のレベル
  • 聴いてる音楽のジャンル

というところになります。

偉そうに語ってる私ですが、私もそもそもファッションもジャニーズも全く興味のない男でした。しかし、ナンパで女を落としたいというやむを得ない理由から、勉強していったクチです。笑 で、今になって思うのが、こういう勉強をしていくと、雑談がマジで楽になるんですよね。

落としたい相手と感性が似てくるから、Kis-My-Ft2やAcidBlackCherryについて話す時は、普通に女目線でしゃべれるわけです。

たまに「なんかオネエみたいw」と言われますが、これは狙い通りです。“時代は中性”と言いましたが、これは何も外見に限ったことではありません。私が見てきたナンパ師を含め、女性と長時間、女子会のトークができる男は、モテ方が異常です。

で、彼らのルックスは全然カッコよくありません。ブサイクではないですが、断じてガチイケメンではありません。

ガチイケメンでモテない男と、イケメンじゃないのにモテる男の違いを「話の面白さ」で片付けるのは、ちょっと違う気がします。

一番の違いは「感性」です。

  • 美意識の高さ(清潔感、ファッション、髪型)
  • 好きなアーティスト

という点で感性が違うのです。

あなたは信じないかもしれませんが、意外と美女はあなたにルックスの高さは求めません。まあ、自分が持っているからでしょうね。

私の経験上、美女があなたに求めているのは、

「一緒にいて楽しいかどうか」
「刺激があるかどうか」

です。

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===