Pairsで美人な彼女を作る上で、常に意識してほしいこと

Pairsで美人な彼女を作る上で、常に意識してほしいこと

について話します。

1.Pairsで女性を落とすための具体的な手順

あなたは今、Pairsでの出会い活動を頑張っていると思いますが、

あなたがPairsで美人な彼女を作るための全体像

はこうです。

  1. Pairsでランチデート(アポ)を取り付ける
  2. ランチデートでイジり合える関係を作る
  3. 「イジり合える関係を作れたな」と判断できたら、カラオケなどのスキンシップがしやすい場所に移動する
  4. 手をつないでみて、好意のテストをする(いわゆるハンドサインの確認)
  5. ハンドサインで拒否がなければ、キスへ持ち込む
  6. 加藤鷹のDVDで学んだキステクニックを使って、キスで女性を感じさせる(セックスしたくなるよう仕向ける)
  7. 女性がセックスしたくなるようなモードに入ったら、その空気を壊さないうちにラブホテルへ誘導し、そのままクロージングする
  8. 初セックスで女性に尽くしまくり、惚れさせて彼女にする

本当にこれだけです。

私が今女性関係で悩まないのは、この全体像がきちんと頭に入っているからです。

ただ、この全体像に沿って行動しているからです。

2.あなたがつまずきやすいポイント

今、あなたが思うような結果を得られていないのであれば、上の全体像をもう一度確認してみてください。

「Pairsでマッチングが増えない」

→プロフィール写真とプロフィール文が悪い。
→髪型とファッションがダサい。

「マッチングはしたけど、すぐにメッセージが途切れる」

→関係ができていないのに、イジってしまって下手うちとなっている、相手女性を怒らせてしまっている。

「メッセージは続くけど、アポが取れない」

→ダラダラと余計なチャットをしてしまっている。
→プロフィール文にランチデートを誘うための伏線が入っていない。
→いきなり夜デートを誘ってしまって、警戒されている。

「1回目のデートはできたけど、次につながらない」

→髪型、ファッションが悪い。(見た目で足切りされている)
→1回目のデートの会話で、女性を楽しませることができていない。
→自虐ネタ・情けない話をできていない。

「デートを重ねているけど、手をつなげる気がしない」

→会話でイジり合える関係を作ろうとしていないいい格好を見せようとしてしまっている

「カラオケや個室居酒屋へ誘うと断られる」

→会話でイジり合える関係を作ろうとしていない女性のあなたへの警戒が解けていない。
→会話で女性を楽しませることができていない。会話で相手を主役にできていない。
→自分話が中心のオナニー会話になっている

3.イジり合える関係を作ることの重要性

今日私があなたに再度強調して伝えたいのは、

イジり合える関係を作ることの重要性

です。

このテーマに関してはいくら言っても言い切れないところではあります。

なぜなら、

  • Pairsでランチデート(アポ)を取り付ける
  • ランチデートでイジり合える関係を作る
  • 「イジり合える関係を作れたな」と判断できたら、カラオケなどのスキンシップがしやすい場所に移動する
  • 手をつないでみて、好意のテストをする(いわゆるハンドサインの確認)
  • ハンドサインで拒否がなければ、キスへ持ち込む
  • 加藤鷹のDVDで学んだキステクニックを使って、キスで女性を感じさせる(セックスしたくなるよう仕向ける)
  • 女性がセックスしたくなるようなモードに入ったら、その空気を壊さないうちにラブホテルへ誘導し、そのままクロージングする
  • 初セックスで女性に尽くしまくり、惚れさせて彼女にする

という全体像の中で、

イジり合える関係を作るというのが、一番難しいところだから

です。

私の感覚としては、キスさえできれば落とせたも同然と考えています。

なぜなら、キスさえできれば加藤鷹のテクニックで女性を感じさせるのはめちゃくちゃ簡単だからです。

そして、女性は一度感じると、止まらなくなります。

「私、付き合ってない人以外でエッチするとかマジで無理」
「告白もしてないのにエッチするとか最低」

とどんなに口で言っていていても、結局エッチさせてくれます。

私の経験上。

どんなに口で拒否していても、本能には逆らえません。

で、話を戻すと、

イジり合える関係さえ作れれば、キスに持ち込むのは非常に簡単です。

めちゃくちゃ簡単です。

だから、

女性を落とす上で、一番難しいところは、キスに持ち込むことでもなく、セックスに持ち込むことでもなく、イジり合える関係を作るというステップ

です。

ほとんどの男性は気づいてませんが。

私が一番注力しているのは

ランチデートでイジり合える関係を作る

というステップです。

ここさえできれば、あとは結構トントン拍子で進んでいきます。

マジです。

「そんなわけねえだろ…」
「セックスに持ち込むのが一番難しいだろ…」

と思うかもしれませんが、そういう悩みが多いのは、

イジり合える関係を作れていないのに、キスに持ち込もうとしたり、セックスに持ち込もうとしたり、
告白して彼女にしようとしたり、する男が多すぎるから

です。

私からすると、早すぎるんです。

次に進むステップが。

「じゃあ、どうやってイジり合える関係を作ればいいんだよ?」

という話になりますが、

これに関してはたくさん話してきましたよね。

  • 共有スペース
  • 悪共有
  • イケメンネタ
  • 顔芸
  • 相手の行動をそのまま指摘するテクニック
  • 自虐ネタ
  • 情けない話

たくさんお話ししてきました。

そして、私だって誰とでもイジり合える関係をすぐに作れるわけではありません。

成功と失敗の確率でいえば、もちろん失敗の方が確率は高いです。

ただ、あなたよりは女性とイジり合える関係を作るのは上手いと思います。

では、なぜ私があなたよりイジり合える関係を作れるのか?

と聞かれたら、その答えは、

「見た目」

です。

私は今まで、

「恋愛は見た目がすべて」

というお話をたくさんしてきました。

そして、それは、

女性とイジり合える関係を作る上でも大いに関係します。

なぜなら、

「見た目でナメられてないから」

です。

美人は見た目がダサい男をナチュラルに見下しています。

自分の見た目への意識が高いからこそ、

「何そのファッション…」
「何その髪型…」

と、ナチュラルに見下しています。

要するに、

見た目がダサいと、聞く耳を持ってもらえないんですね。

で、ほとんどの男は、自分の見た目はイケてると思っています。

「俺は無難なファッションだし、大丈夫」
「変な髪型じゃないから、大丈夫」

と思っています。

でも、実際は全然大丈夫じゃない。

美人からすると、

「話しててつまんなそう」
「女性経験少なそう」
「こいつモテなさそう」

と思われている。

だから、

イジり合える関係を作る以前の問題で、聞く耳を持ってもらえない。

なぜ私がこれほど見た目にこだわっているかというと、

イジり合える関係を作るというステップで楽をしたいから

です。

当たり前ですが、自分の見た目がその女性に刺さっていれば、イジり合える関係を作るのは、めちゃくちゃ楽なんです。

イケメンが何を言っても、女性は笑うのと同じで、見た目が刺さっていれば、トーク力がなくても、イジり合える関係を作れるんです。

イジり合える関係を作れるってことは、その女性を落とせるってことですからね。

見た目がダサいまま、イジり合える関係を作るのは、まあ大変です。

イバラの道です。

相当のトーク力を要求されます。

食いつきゼロの状態からイジり合える関係まで持っていくのはしんどいです。

私は楽がしたいんです。ワイは楽がしたいんや。

美女を落とす上で、ムダな労力を使いたくない。

それよりは、早く美人な彼女を作って、

  • 一緒に海外旅行に行ったり、
  • 部屋で料理を作ってエッチしたり、
  • 一緒に表参道をショッピングデートしたり、

ってことをした方が楽しいじゃん。

だから、見た目なんですよ。

徹底的に女性に刺さる見た目を作ることで、イジり合える関係を作る時にラクができる

ということです。

  • 女性を落とす上で一番大事なのは、イジり合える関係を作ること
  • そして、徹底的に女性に刺さる見た目を作ることで、イジり合える関係を作る時にラクができる

ということを忘れないでください。

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===