【Pairs/ペアーズ】いいね!がもらえる男はプロフィール写真をこう選ぶ。

受講生からPairsのプロフィール写真の選び方について質問があったので、

「Pairsのプロフィール写真の選び方」

を改めて説明しましょうかね。(´∀`)

結論から言うと、ポイントは4つです。

  1. 自分の顔写真3枚、サブ写真1枚
  2. 歯を見せて笑っている写真を選ぶ
  3. 友達と遊んでいることが分かる写真を選ぶ
  4. ランチデートの伏線となるサブ写真を入れる

1.自分の顔写真3枚、サブ写真1枚

まず写真の配分ですが、

「自分の写真3枚、サブ写真を1枚」

が良いです。私がPairsやっていた時は、そうしていました。

(Pairsのプロフィール写真の上限って、確か4枚だったよね?)

あなたが女性のプロフィールを見た時に、顔が写っている写真が1枚だと、

「どんな子か分からん。しかもこれ、詐欺写じゃね?」

と思いますよね。

それと同じで顔写真が1枚だと、もらえていた「いいね」も逃すことになるので、自分の写真は最低でも2枚は入れましょう。

あとはサブ写真を1枚ですね。

Pairsをやる目的は「ランチデートを取り付けること」なので、ランチデートへの伏線となるようなサブ写真を入れておくのがGoodでございます。(これに関しては、後で説明します)

具体的に、私がどんな写真を設定していたかというと、

メイン写真:友達に居酒屋で誕生日を祝われているところを、自分だけトリミングした写真。座っているが全身が映るようなアングル。

サブ写真1:駅のベンチで女友達と2人で自撮りしたところを、自分だけトリミングした写真。自分の胸から上が映るようなアングル。

サブ写真2:花火大会で女友達と3人で自撮りしたところを、他の2人をスタンプで隠した写真。自分の顔だけ映るようなアングル。

サブ写真3:猫の絵柄のラテアートだけが写った写真。(ランチデートへの伏線)

という写真を使っていました。

こういう写真を配置しておけば、女の子は、

「この人は男友達も女友達もいて、コミュニケーションは取れる人みたい。笑っている顔も可愛いし、そんなに怪しい人ではなさそう。」

という印象を受けますよね。私はそういう狙いでやっていました。

2.歯を見せて笑っている写真を選ぶ

一部の受講生に私が以前使っていたPairsのプロフィール写真を参考で送ったのですが、

「かなり笑顔の写真を使うんですね!笑」

という反応でした。(あとなんか歯の白さを褒められた笑)

当たり前です。

女性の男に対する警戒心を見くびっちゃあかんですよ。ましてやネットなんて、犯罪者が紛れているかもしれないので、余計に警戒心MAXです。

そんな警戒心MAX状態の相手に、真顔の証明写真を送っても、怖がられるだけです。プロフィール写真に設定する写真は、

「顔面の筋肉が崩壊するほどニコーーーとなっている写真」

をチョイスしてください。

あなたも、一緒にいて楽しくなさそうな人にはいいねを押さないですよね?

相手も一緒です。プロフィール写真で真顔でカッコつけてる写真を設定している人いますけど、やめたほうが良いですよ。相手はその真顔を怖がっていますよ。

3.友達と遊んでいることが分かる写真を選ぶ

プロフィール写真を見て女の子は何を考えているかというと、

「この人と遊んだら、どんな感じなんだろう?」
「この人、友達いるのかな?」

ということです。

相手のこういった不安に対処するためにも、友達と遊んでいることが分かる写真を選びましょう。

私はまず見た目を改善することをお伝えしていますので、見た目を改善されている方が多いと思いますが、プロフィール写真は必ず、

  • 清潔感
  • 髪型
  • ファッション

「改善した後の写真」にしてください。

「誰かと遊んだ写真はあるけど、見た目がまだダサいときの写真しかない…」

という場合は、

  • 男友達に協力してもらい並んで撮ってもらい、隣の男友達の肩が微妙に映るぐらいでトリミングする
  • 誰かが撮ってる風に、自撮りする。(カメラのタイマー機能を使って、遠い距離から写真に向かってピースして撮るなど)

のどちらかで、プロフィール写真をいったん設定してください。

プロフィール写真の設定でグズグズやっていても、あなたが望む結果を得るのが遅くなるだけなので、とりあえずは上記のやり方でしのぎましょう。

ただ「誰かと遊んでいることが分かるような写真」の準備は並行して進めてください。

4.ランチデートの伏線となるサブ写真を入れる

意外と忘れがちなのですが、

「ランチデートの伏線となるサブ写真」

は必ず入れてください。

Pairsをやっている目的は何でしたっけ?

「ランチデートを取り付けること」でしたよね。

ということは、Pairsのプロフィール写真もプロフィール文も、ランチデートへとつながる伏線を張っておく必要がありますよね。

私が実際にやってみて反応が良かったのは、

  • ラテアートの写真
  • ふくろうカフェのふくろうの写真

でした。

どのように使うかというと、ラテアートの写真は、

女の子
ラテアートの猫可愛いですね笑
神崎
ラテアートと知らずに頼んだら、これ出てきて恥ずかしかったですw
女の子
良いじゃないですか笑
神崎
そういえば、一回お茶でもどうですか? ラテアートの店なら、ご紹介しますよw
女の子
良いですよ!

というような流れで誘っていました。

ふくろうの写真は、

女の子
サブ写真のふくろう可愛いですね笑笑
神崎
ふくろうカフェ行った時にとりました笑 これ10万円するらしいですよw
女の子
そんな高いんですかw
神崎
買いたくなりました?笑
女の子
大丈夫ですw
神崎
そうですかw そういえば、一回お茶でもどうですか?
女の子
良いですよ!

というような流れで誘っていました。

プロフィール写真の選び方に関しては、以上の4つがポイントですね。この4つに気をつけて入れば、まずPairsのプロフィール写真でつまずくことはないでしょう。

もちろん「見た目をしっかり作れている」という前提ですけどね!!

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===