恋愛の現実は“ボーイズ・オン・ザ・ラン”

好きな女もてあそばれて・・・ついでにオマケまでつけて返されて・・・黙ってられんの?ー映画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』より

・・・お前はいつまで夢見てんだ?

ある日突然、新垣結衣が家に転がり込んでくるとでも思ってんのか?ある日突然、モテキが到来して、長澤まさみが恋人になるとでも思ってんのか?あんな“脳内お花畑ドラマ”が流行るんだから、日本もいよいよ終わりだな。

ああ、そうそう。俺の周りの非モテは酒の席で、よくこう言ってるな。

「俺は可愛くなくても普通の子でいいんだよ…」
「なぁ…誰かいい子紹介してくんね?」

・・・フッ、何寝ぼけたこと言ってんだ。

お前が“普通の子”と評した女は、どこかのヤリチンのセフレだよ。今日もどこかのラブホでヤリチンのきったねえチンコをしゃぶってるだろうな。

「俺は恋愛とか興味ないから…」
「男友達といる方が楽しいから…」

お前のそういう考えは大いに結構。「恋愛だけが人生じゃない」ってのは俺も賛成だ。だが「俺は恋愛とか興味ないから…」と言うんだったら、

「彼女欲しいなぁ…」
「なぁ…誰かいい子紹介してくんね?」

なんて、二度と口にすんな。お前にはそんなこと言う資格なんてねえ。お前は自分の弱さと戦うことを放棄した負け犬なんだ。負け犬らしく、黙って指くわえてろ。

・・・俺はお前とは違う。俺は繁華街のど真ん中に一人で突っ立って、道ゆく女に声をかけまくってきたんだ。一人でな。孤独を味わいたいなら、ストナンはオススメだぞ。

そういや、道路の向こう側でリア充っぽい集団が俺のことを指差して、クスクス笑ってたな。「君こんなとこで何やってるの?」って、警官に職質されたこともあったな。

「てめえ、面白いことしてんじゃねえか」って、柄の悪いスカウトに絡まれたこともあったな。「話しかけんなブス」って、女に言われたこともあったな。

俺のことを指差してクスクス笑ってたリア充連中が、今や俺に「女紹介してくれ」って言ってくるんだから、まったく笑止千万だな。

・・・ああ、あとお前に良いこと教えてやるよ。お前が惚れた女に必死に送ってるキモいLINEな、あれベッドの上でネタにされてんぞ。

「このLINEキモくない?」って、その日出会ったナンパ師に公開処刑されてるぞ。見せられた側の男が言ってんだから、間違いねえ。

それから「また彼氏に浮気された!」って女の悩み聞いたことあんだろ?それ聞くたびに、「俺が彼氏だったら浮気なんてしないのに…」って思ったことないか?

あれは要するに、モテる男に女が一局集中してんだよ。税金みたいに再分配されねえんだわ。モテる男がいい女を総取りしてんだよ。

だから、浮気される女がなくならねえんだ。…ん?俺が好きな女はそんな女じゃない?・・・お前は、現実が何も分かってねえな。

お前が惚れた女は、今日もどこかの街で即られてるよ。お前が惚れた女は、今日もどこかのヤリチンに「いつ会える?」ってLINEしてるよ。お前が惚れた女は、今日もどこかのヤリチンに中出しされてるよ。

・・・おい、お前はこんな人生で本当にいいのか?

“恋愛の負け犬”として生きていく人生。女にヘラヘラ媚びて、貢がされ、コキ使われ、一度もヤれない人生。・・・悔しくないのか?

俺はそんな人生まっぴらごめんだった。だから戦った。お前が戦う相手は女じゃねえぞ。お前自身の弱さだ。

惨めな負け犬でいたくなかったら逆境に挑戦し、平凡な人生という最悪の運命を克服しなければならない。ースターバックスCEO ハワード・シュルツ

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===