【最重要】イジり合える関係の作り方

私のモテの源泉はこの

「イジり合える関係を作る力」

にあります。

私はイケメンではありません。見た目は普通です。(あ、もしかしたらブサイクなのかも。まぁいいや)

見た目は本当に普通ですが、はっきり言って、自分のルックスとは比較にならないほどのスト高を彼女にしてきましたし、今もそうです。

今回は私のモテの源泉である

「イジり合える関係の作り方」

をガッツリと全てお伝えします。

1.そもそもなぜイジり合える関係を作らなければいけないのか?

一言で言うと、

「イジり合える関係を作っていないと、ラブホへ誘えないから」

ですね。

私はこれまで数々の恋愛商材を購入しました。そして、ストナンをたくさんしてきました。セフレを囲んでたこともありました。

そして、人生の賢者モードとなった今、あなたに伝えたいことは、「美人な彼女を作る」という目標を達成するに当たり、

「イジり合える関係を作る→手をつなぐ→キス→セックス→彼女にする」という流れが最強

ということです。

ここで、あなたが疑問に思うのが、

「そもそも、なぜイジり合える関係を作る必要があるのか?」

ということですよね?

それは、

「イジり合える関係を作っていないと、ラブホへ誘えないから」

です。

あなたは今、

「女の子をラブホに誘う時どういうトークをすればいいのか分からない…」

という状態ですね?

「私がどうやって女の子をラブホに連れ込んでるか」

をざっくり言うと、

  1. まずカラオケ内で手つなぎ・キスまでいきます。
  2. 加藤鷹先生のキステクで感じさせます。
  3. キスで感じさせて女の子がセックスモードに入った状態で、カラオケを退出します。
  4. この時、シーン変化によるグダが出ないように、手をつないだままラブホへと向かいます。
  5. ラブホの手前で、「知ってた?あれ、ホテルって書いてあるけど、本当はカラオケらしいよw」「は?笑」「お姉さん、もうちょっと歌っていきますか。笑」「意味わかんないw」という感じでそのままラブホへと入っていきます。この時の会話のセリフはその時によって違います。「よし!あそこ行こう!笑」とそのまま、手を引いて入ることもあります。

といった流れです。

(ちなみに、こうやって自分の口でクロージングの流れが説明できない奴は、満喫とかでレイプまがいのクロージングして「即!」とかいってるキ○ガイか、酒の力でゴリ押ししているお猿さんなので、気をつけましょうね☆)

ラブホに誘う前段階のカラオケでのキステクニックで女の子がエロモードには入っていることも重要なポイントなのですが、もう一つ重要なのは、

「最後のクロージングでユニークで攻めることができる状態にしている点」

です。

もう、何が言いたいか分かりますよね?

最後のクロージングでイジり合える関係を作ってなければ、ラブホへ誘えないんです。女の子に気を遣わせない誘い方ができないんです。

「ちょっと休憩してく?」

と、気持ち悪い誘い方をするか、一か八かで告白するしかなくなるわけです。

まあ私の場合はキステクで感じさせた段階でほぼクロージングは終わってるので、ラブホに誘う時はいかにその空気を崩さないか(=グダを起こさせないか)しか気を遣わないですけどね。

巷の何も分かってない、もしくはストナンもできないくせにテキトーに恋愛ハックを垂れ流しているバカは、

「ラブホに誘う時は〜というセリフが鉄板!」
「エッチに誘う時は、ストレートに言うのが一番!」

みたいなしょーもないことしか言っていませんが、大事なのは

「あなたと女の子の関係性」

です。

この関係性を私は

「イジり合える関係」

と表現していますが、端的に言うと、

「どれぐらいこちらに主導権があるか」

ということです。

最後の最後、ラブホに誘う段階になった時に、女の子とあなたの立場は少なくともイーブンもしくはあなたに主導権がある状態でないと、クロージングはできません。

こちらに主導権がある程度ないと、クロージングなんてできません。

ですが、いくら主導権を取りたいからって、最初からイジって、ディスって、立場を上に見せようとするのは、バカ恋愛○学生がやることです。

私が見てきたヤリチンや真のスト高を本カノにできている男というのは、総じて押しが強いですが、押しの強さを出すのは最後の最後だけです。

女の子が女子会で「強引だったからヤっちゃった」という言い訳を作ってあげるために、最後の最後に押すだけです。

つらつらと語りましたが、要は、

「ヤりたいなら、イジり合える関係が必要」

ということです。笑

2.見た目が重要な理由は、イジり合える関係を作りやすくなるから。

私は今まで「恋愛は見た目が全て」と繰り返し叫んできました。あなたがうんざりするほど叫んできました。

その最大の理由は、

「イジり合える関係を作りやすくなるから」

です。

世の男たちは見た目の重要性をナメすぎなんですよね。口説きたい女の子との関係を

「無関心→イジり合える関係」

へと変えていくに当たり、清潔感・髪型・ファッションを最高レベルまで引き上げていなければ、それはそれは辛い戦いになります。

あなたは学校時代に女子から

「あれ?俺ナメられてね?」

と思ったことありませんか?ありますよね。それは、女があなたの見た目を心の中で見下していたからです。

本当に、何回も言いたいのですが、見た目がダサい男に対して、女はナチュラルに見下すんですよ。恋愛対象うんぬん以前に「関わりたくない」というのが正しいです。

「俺が好きになるのは、そんな性格悪い女じゃねえし」

とか、ふざけたことは言わないでくださいね。

「見た目がダサい男はナチュラルに女に見下される」

というのはストリートナンパだと常識です。

見た目がダサくて終わってる男が女の子に声かけすると、どうなるかというと、完全にナメられてるので、舌打ちされたり、シカトされたりします。

一方、見た目が洗練された男が声かけするとどうなるかというと、厳しい反応は明らかに少なくなります。シカトされることはありますが、舌打ちされることはほとんどなくなります。

Pairsだとこれに気づかないんですよ。

「自分の見た目がダサくて女にナメられてる」

ということに気づかない。誰も指摘してくれない。誰もアドバイスしてくれない。だから、結果が出ない。

3.実践!デートの会話でイジり合える関係を作るには?

さて、ここからは、

「私がデートでどのようにイジり合える関係を作っているのか?」

「どのような考えを持ってデートの会話を組み立てているのか?」

について話していきます。

まず、結論から言うと、

「自分のことをイジらせたら勝ち」

です。

当たり前ですが、イジり合える関係というのは、女の子があなたをイジって、あなたが女の子をイジってという関係ですから、どちらかが先にイジり始めないと関係が作れませんよね?

で、99.9%の男は、先に女の子をイジってしまうんです。女の子が自分のことをイジってきていない段階で、

「魔法使いみたいな帽子だねw」
「背小さいからキャタツいるねw」

と、イジってしまうんです。無味無臭な会話を防ぐために女の子をイジるという作戦は合っていますが、問題は順番です。

「あなたが女の子をイジるのは、女の子があなたのことをイジってきた後」

です。

これが鉄則です。

私はこの鉄則を守っているから、年上の女性でも、ドSな女性でも口説けるんです。高値の花的な女の子も落とせるんです。

まず相手に自分をイジらせる。自尊心をくすぐる。そして、反撃としてイジり返して、二人の会話を最高潮に盛り上げる。

カンタンに言うなら、

「まず相手に自分をイジらせる」

これだけです。Pairsのデートで意識すべきは、

「まず相手に自分をイジらせる」

だけで大丈夫です。私はこれしか意識していません。

「まず相手に自分をイジらせる」

を意識しておけば、下手打ちしにくいんです。まず自分を落として笑いを取りにいっているため、あなたが女の子に

「魔法使いみたいな帽子だねw」
「背小さいからキャタツいるねw」

とイジっても、女の子はイラッとしません。なぜなら、先に女の子があなたをイジっているから。

女の子はあなたを先にイジっているため、そのあとに自分がイジられても、

「楽しませるために言っているのね…笑」

とわかるので、怒りません。

むしろ、

「失礼だからw」
「全然面白くないw」

と、会話そのものを楽しもうとしてきます。こういう反応が取れたら、もう勝ちですね。あとは、

「失礼だったねwすみませんでしたw」
「面白くない言うなw」

と、相手をイジるというか、軽くツッコむだけで、簡単にイジり合える関係を作ることができます。

ここで面白いのが、一度会話でイジり合える関係を作ると、どんな話題の時でもイジり合うことができるようになるんですよね。

例えば、前の会話で女の子が「美意識高い女子が周りにいると疲れる」という話をしていたら、

神崎「え!スムージー作るんだ?笑 あれですね。美意識高いですね。笑」
♀「思ってないでしょw」
神崎「あ、バレた?笑」
♀「うざw」

と、イジり合える会話を続けられるんですよね。

この感覚、分かります?

とにかく、イジり合える関係を作るためには、

「自分のことをイジらせたら勝ち」

と覚えてください。

4.誠実系のアプローチは一見良さそうに見えるが、打ち手がなくなるだけの「愚策」

最後に、

「誠実系アプローチはクソ」

という話をします。

私がお伝えしているような、

「会話でイジり合える関係を作って、手をつないで好意のテストして、キスして感じさせて、流れでセックスして、セックスで全力で尽くして惚れさせて、彼女にして…」

という口説き方は、世間一般で言えば

「チャラい」
「最低」

と呼ばれる方法だと思います。

しかし、私は非常に戦略的にこの作戦を取っているのです。イケメンでもない、金持ちでもない、特別トークが上手いわけでもない男が、美人を落とすには頭を使わなければいけません。

「まずはLINE(メール)で仲良くなる→デートを重ねて仲良くなる→頃合いを見て告白する→付き合う→セックスする」

が、世間一般では「まとも」と思われている口説き方だと思います。いわゆる「誠実系アプローチ」がよしとされる世の中です。

私は、あえて言いたい。

「誠実系アプローチはクソ」

であると。

なぜクソかというと、一言で言うなら、

「誠実系アプローチでは、美人は絶対に落とせないから」

です。

誠実系アプローチは、ぶっちゃけブスには通用します。ブスはチヤホヤされ慣れてないので、優しく接して、仲良くなって、告白すれば、カンタンに落とせます。

でも、美人は絶対に落とせません。絶対にスト高は落とせません。保証します。

「俺はそこそこの子でいいんだよ…」
「性格が良ければ可愛くなくてもいいから…」

というのは、許しませんよ?

そもそも、あなたがそこそこと思うような女の子は、イケメンやヤリチンやナンパ師が性欲処理にしています。都合よくキープしています。

『ボーイズオンザラン』は見たことありますか?あれが現実です。モテキとか、電車男とか、逃げ恥に憧れているハナタレ小僧は、私が許しません。

覚えておいてください。恋愛市場はスーパー勝者総取りの世界です。中間がありません。一部の勝ち組と、その他負け組。

いいんですか?一生恋愛負け組で。

誠実系アプローチで落とせる場合は、男側がそもそもイケメンな場合だけです。男側がそもそも魅力のスペックが高い場合だけです。

私はこれまでに、

「告白せずにエッチしようとする男はマジで無理」

と言っている女性と告白なしでセックスしたことが何度かあります。理屈じゃないんですよ。マジで。

馬鹿正直に女の言ってることを受け止めてたら、ハートが何個あっても持ちませんよ。その日その日で言うこと変わりますから。女は。

あと、誠実系アプローチがクソなもう一つの理由は、

「自ら自分の行動のキャパを狭めてしまうから」

という理由です。

平たく言えば、

「ギラつけなくなる」

ということです。少しでもセックスを誘うようなそぶりや、スキンシップをしようものなら、

「えっ…そんな人だと思わなかった…」

と、ドン引きされること間違いなしです。

「今度よかったら…」
「今日も可愛かったです…」

と、真面目に誠実にアプローチするということは、オセロで言えば、序盤で真ん中の石を全て取ってしまうようなものです。

あとになって、

「あれ…打つ手がない…告白しかない!」

ってなって、撃沈していくわけです。海に散っていくわけです。

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===