さまぁ〜ずが面白い理由から考える、女の子を楽しませるトークの秘訣。

実は、神崎さんは昔から「さまぁ〜ず」が大好きです。

今回は、

「さまぁ〜ずのトークスキルを使って、女の子をどのように楽しませるか?」

についてお話しします。

1.「聞き手が共感できる話題」を選ぶ重要性

なぜさまぁ〜ずは面白いのでしょうか?

それは、

「彼らの『共感力』が異常に優れいているから」

です。

さまぁ〜ずの二人は、

  • さまぁ〜ず×さまぁ〜ず
  • モヤモヤさまぁ〜ず

といった、フリートークでも十分に視聴率が取れる、珍しい芸人です。

彼らは吉本芸人によく見られる「内輪ネタでゴリ押しするタイプの芸人」とは一線を画しています。彼らは誰と組んでも、老若男女の笑いが取れる珍しい芸人です。

女子アナと組んでも、素人と絡んでも、若い女優と組んでも、その素材を十分に活かす、珍しい芸人です。

彼らは他の芸人と何が違うのでしょうか?

何が他の芸人との差別化につながっているのでしょうか?

それは、彼らがフリートークで話す話題はすべて、

「確実にみんなが共感できる話題だから」

です。

さまぁ〜ずの二人が話す話題というのは、

  • 「新型のオーブントースターを家に持って帰ったら、奥さんに『置くとこないけど』と怒られた」という話
  • 「居酒屋で遅れていったときに、残り物を食べさせられるのがムカつく」という話
  • 「息子と一緒に見ていたアンパンマンの映画で、感動して泣いてしまった」という話

などです。

確実にみんなが共感できる話題です。その話を聞いた全員が脳内に具体的にイメージできる話題しか選んでいません。半径3mで起こっている身近な話しかしていません。

「三又が…」
「後輩芸人の〇〇が…」

と、誰も分からない内輪ネタで『おもろいやろ?』と笑いを押し付けてくる吉本勢とは、この点が一番違います。

彼らはトークスキルうんぬんの前に、話題選びの時点で視聴者に寄り添っています。テレビの向こうにいる人に寄り添っています。

だから、彼らはフリートークでも十分な視聴率が取れるのです。

共感力という話で、放送作家の美濃部達宏氏は、こんな興味深い話をしています。

あなたの話を「おもしろい」と思ってもらうには、聞き手ができるだけ共感できるネタを選べばいい。(中略)

人々が関心のある内容の中で、もっともその度合いが高そうなネタを選んで話す。これがスベらないネタ選びのコツなのです。

テレビの世界で話がうまいと言われている有名人や芸能人は、みんなこの法則に則って話をしています。

美濃部達宏(2016)『なぜあなたの話はつまらないのか?』あさ出版 p.70

美濃部氏が言うように、さまぁ〜ずは、

「聞き手ができるだけ共感できるネタ」

しか話していないのです。

2.あなたはデートで「女の子が共感できる話題」を選んでいますか?

「さまぁ〜ずが面白い理由は、聞き手ができるだけ共感できるネタを選んでいるから」

という話をしました。

・・・・・。

この発想、パクリましょう。

あなたはPairsのアポで、女の子が共感できるネタを選んでいますか?確実に女の子が共感できるネタをアイスブレイクで使っていますか?

「おれは会話が下手だから」
「おれはトーク力・コミュ力がないから」

そういう人ほど、女の子が共感できる会話ネタのインプットを疎かにしている印象です。

「トーク力は生まれつきのものだから、どうにもならない」

と言い訳をして、女の子が好きな話題の勉強を怠っているように思います。

魅力的な女性を口説くためのトークに、才能もクソもありません。この私ですらできたのですから、あなたにも確実にできます。

デートにおいても、

「女の子が共感できる話題を選ぶ」

というのは、めちゃくちゃ重要です。

トークが面白い・面白くない以前の問題で、

「女の子が興味のない話題を選んでしまっている」

という下手打ちをしているメンズは大勢います。

あなたは話題を選ぶ上で「女の子の共感」を意識したことがありますか?

すべらない話で、芸人が選ぶトークテーマが

「家族」
「学生時代の話」

が多いのには理由があります。

「話を聞いている誰もが確実に共感できるから」

です。これはあなたが魅力的な女性を口説く上でも、とても重要な考え方です。

ただ、ここで、

「そうか!じゃあ、家族の話をすれば良いのか!」
「デートでは、学生時代の話をすればいいのね!」

と考えてしまうのは、短絡的です。

なぜかというと、テレビに出ているお笑い芸人は、マスを相手にしています。大衆を相手にしています。若い男性もいれば、若い女性もいれば、おじさんもいれば、おばさんもいます。

そういう広い層を相手にしている以上、特的の層にしか刺さらない話はできません。マニアックな話題はできません。

よって、

「家族」
「学生時代の話」

という、安パイを取りに行っています。

ですが、あなたが女性を口説くときは違います。

あなたが口説こうとしているのは、広めに見積もったとしても、

「20〜35歳の女性」

です。

相手が共感できる話題を選ぶのが鉄則ですが、老若男女が共感できる話題を選ぶ必要はありません。「20〜35歳の女性」という特定の層に刺さる話題を選ぶ必要があるのです。

美濃部氏は、共感のピラミッドとして、より多くの人が共感する順番を、

  1. 家族(父母・祖父母・兄弟姉妹・夫婦・子ども)
  2. 学校(子ども・学生時代の思い出)
  3. 食・住
  4. 恋愛・仕事(会社・お金)
  5. 芸能

と挙げています。

注目して欲しいのが、

4.恋愛・仕事(会社・お金)
5.芸能

です。

この2つは共感してくれる人の割合が絞られる話題です。特定の人にしか刺さらない話題です。

ですが、裏を返せば、

「特定の人にはめちゃくちゃ刺さる話題」

ということです。

なぜ私が、日頃から、

「ジャニーズ、V系、K-POPの知識をインプットしろ」
「若手イケメン俳優に詳しくなれ」

と言っているのか、もうお分かりですよね?

「特定の人にはめちゃくちゃ刺さる話題だから」

です。

イジり合える関係を作るのには、何もトーク力だけが全てではありません。

  • 見た目の力
  • 優れた話題選択

といった外部の力を存分に利用するべきです。

会話ネタのインプットに関しては、

ナンパ師が語る、デート会話ネタのインプット方法
Pairsデート会話ネタのために、若手イケメン俳優の勉強しようず。

で詳しく話しているので、ご参考にどうぞ。

3.あなたはアポ負けをムダ死にさせていませんか?

恋愛活動をしていると、

  • 1回目のデート以降、連絡が取れなくなった
  • 3回デートしてみたけど、イジり合える関係を作れなかった

というような失敗がたくさんあります。

いわゆる「アポ負け」というやつでうね。成功するまでBETし続ければ失敗ではないですが、世間一般の定義で言えば「失敗」ですよね。

さて、ここであなたに質問です。

あなたは「アポ負け」をムダ死にさせていませんか?

あなたは「失敗」をムダ死にさせていませんか?

  • デートで女の子がどんな話題を好んでいたか?
  • どんな冗談を言ったとき、女の子は反応が良かったか?
  • 女の子はどんな会話のかけあいを好んでいたか?

こういう情報を次に活かしていますか?

こういうフィードバックに敏感になっていますか?

女性に人気のある男が、さらに人気になるのには理由があります。アポを重ねることで、上に書いたような情報が自分の中にどんどん蓄積されるからです。

「この話題はかなりアツい」
「このアーティストが今人気がある」

といった情報が絶えず、自分の中にストックされていくからです。

そうやってストックされていくことによって、「女の子が共感できる話題」を自然に出すことができるのです。だから、大してトーク力がなくても、女の子を楽しませることができるのです。

トーク力とは、話し方だけではありません。話題選びの時点で、すべてが始まっています。

今度テレビでさまぁ〜ずを見る機会があったら、よく注意してみてください。彼らは「聞き手が共感できる話題」しか選んでいないです。

デートもまったく同じです。

「女の子が共感できる話題」

を選んでください。そして、それは自分で絶えずインプットをしていくのはもちろんこと、

  • Pairsで女の子がプロフィールでどんな芸能人ことを好きと言っているのか?
  • アポで女の子がどんなアーティストの話をしているのか?

といった、実際の経験で磨いていくものです。アポ負けを単なる失敗として片付けるのではなく、次のアポでの成功材料に変えていってください。

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===