さまぁ〜ず三村に学ぶ、イジり合える関係を作るための受け身会話

さまぁ〜ず三村って、天才だと思いませんか?

私はいつも三村のトークを

「さすがプロだわ」

と思いながら見ています。

私は常々、

「口説く=イジり合える関係を作ること」

とお伝えしていますが、今回はイジり合える関係を作るための具体的な方法について話します。

1.イジり合える関係を作る際の基本3ステップ

まずイジり合える関係を作るための基本ステップは、

  1. 自虐ネタ、情けない話をする(弱みを見せる)
  2. 相手が自分をイジってきたら、受け身会話で切り返す
  3. 仕返しで相手をイジり、イジり合える関係を完成させる

基本はこの3ステップですね。

私が落としたい女性と喋る時に考えているのは、これだけです。

この3ステップを行うことが、私の中での「口説く」であって、告白とか、口説きセリフなんてのは一切やらないです。

で、大事なのは、最初に「自虐ネタ、情けない話をする(弱みを見せる)」というのも大事なんですが、私の中でのポイントは2ステップ目の

「相手が自分をイジってきたら、受け身会話で切り返す」

という部分です。

「自虐ネタ、情けない話をする(弱みを見せる)」だけだと、いわゆる

「面白い人」
「いい人」

で終わるんですよ。

いい人止まり。

「好感度は高いけど、モノにはできない」

みたいな。

いい人止まりで終わる男と、落とせる男で何が違うかって言ったら、

「相手が自分をイジってきたら、受け身会話で切り返す」

という部分ですよ。

男が先輩で女が後輩の場合など、そもそも職場内などで男の方がブランディングが上の場合、イジり合える関係というのは作りやすいですよね。

そして、世の中の大半の男はそうやって女を落としていると思います。

私がなぜ「ステータスがMAX低い、ブランディングもクソもない、という立場から、スト高を落とせるのか?」と言われれば、そのカラクリは、

「相手が自分をイジってきたら、受け身会話で切り返す」という部分が上手いから

です。

ぶっちゃけ言うとね。

この2ステップ目で何をやっているかというと、少しずつこちらに主導権を移しているんですね。

最初は下から入るんですよ。下から下から。

ただ、会話の中で少しずつ主導権をこちらに移していく。ラブホのクロージングの際に、女性の形式グダを「やかましいw」と流せるぐらいには主導権をこちらに移す必要がありますからね。

「相手が自分をイジってきたら、受け身会話で切り返す」

というのは、それをやっているんですわ。

2.受け身会話の重要性

イジり合える関係を作るための3ステップの

  1. 自虐ネタ、情けない話をする(弱みを見せる)
  2. 相手が自分をイジってきたら、受け身会話で切り返す
  3. 仕返しで相手をイジり、イジり合える関係を完成させる

のうち、「2.相手が自分をイジってきたら、受け身会話で切り返す」が重要だという話をしましたね?

では「相手が自分をイジってきたら、受け身会話で切り返す」とは、具体的に何をやればいいのでしょうか?

どのようにやるのでしょうか?

答えは、

「相手が自分をイジってきた、もしくはバカにするような表情をしてきた時にそれをそのまま笑いながら指摘する」

ということです。

「笑いながら」というのが重要ですよ。

あくまで「目の前の女の子を笑わせる」という軸はブラさずに、相手のイジりを切り返していくイメージです。

直接的にはイジられていなくても、受け身会話で切り返していくんです。

例えば、

【必見】SMAP中居正広に学ぶ、イジり合える関係の作り方

で書きましたが、SMAPの中居君は安室ちゃんに対して、

「今、俺バカにしただろ?笑」

と切り返していますね?

これが「受け身会話」です。

「今、俺バカにしただろ?笑」
「失礼だからw」
「うわぁ、もう傷ついた。笑」
「そんなひどいこと言うなんて、最低w」
「おい、バカにすんなw」

と、セリフはなんでもいいですが、相手のイジりに対して、すばやく、テンポよく切り返してけるかが、勝負を分かちます。

ここが「ヤリチンと非モテの境目」です。

男をイジってる時の女性の表情は、まあそれはそれは楽しそうな顔しますからね。笑 その後にイジり返された時もそれはそれは楽しそうな顔をします。

会話を盛り上げる、会話で楽しませるって言うのは、こういうことですよ。綾小路きみまろみたいに一人でベラベラ漫談したところで、女の子は表情では笑っていても、内心は「話なげえ」と思ってます。

3.さまぁ〜ず三村に学ぶ「受け身会話」

さて、前置きが長くなりました。

さまぁ〜ずの三村は「イジり合える関係を作るための受け身会話」が非常に上手いです。

この動画をみてください。

3:18のあたりで、あびる優が三村の顔を見て笑ってしまった時に、三村は

「笑っちゃうっていうなんか失礼な…」

と切り返していますね。

これ、Pairsのデートでめちゃめちゃ使えますよ。

というか、私はこの切り返しはよく使っています。

特にまだ心の距離が遠い「初めまして」ぐらいの段階から、イジり合える関係を構築していくファーストステップのきっかけとなる切り返しです。

さまぁ〜ずの三村の「笑っちゃうっていうなんか失礼な…」という受け身会話をPairsのデートで使うとどうなるかというと、例えば、

神「俺、めっちゃ目細いから、たまに人に『寝てるの?』って言われるんだよね。笑」
♀「(顔を覗き込み、吹き出しながら)ほんとだw」
神「いや、人の顔見て吹き出すっていうなんか失礼な…笑」
♀「www」

と切り返したり、

♀「眠そうですね。笑」
神「いや、全く眠くないですけどwめっちゃ起きてますけどw失礼なw」

と切り返したりして使います。

使用方法としては、自虐ネタや情けない話で、自分の弱みをばらまいておいて、女の子がそれに対して、あなたを軽くイジってきた時に

「失礼な…笑」

って切り返せばいいだけですね。使い方はカンタンです。

ちなみに、この切り返しを含めた会話の展開は効果バツグンです。女の子はまあ〜楽しそうにキャッキャ喜びます。

「ウケるw」
「はははw」

と、めちゃめちゃ喜びます。

100%笑い反応を取れますし、イジり合える関係の構築がめちゃめちゃ早くなります。

「失礼な…笑」

の言い方は全てさまぁ〜ず三村の言い方をパクりましょう。こういうノリが一番女の子に好かれます。

P.S.

受け身会話ができるようになると、彼女にしたいかどうかは置いといて、あびる優みたいな強気なSキャラの女性も口説けるようになりますよ。

ほとんどの男は無理にイジって口説こうとしてますからね。

女を口説くのが下手な男ってのは、だいたい次のタイプのどれかで、

  1. そもそも見た目の基準が美女の基準に達していない。(「元のルックスが」という意味ではなく、髪型、ファッションなど、自分でどうにでもできる部分で、基準値に達していないという意味。)→そもそも「関わりたくない」と思われている。
  2. 恋愛○学に毒されて、ディスるだけ、マウンティングするだけの男→「ただのKY。ただの痛いやつ」と思われている。
  3. 自虐ネタ、情けない話はするが、相手をイジることはしない男→関係が次に進まない。いわゆる「いい人止まり」
  4. 食いつき・サイン十分にも関わらず、ビビって「手をつなぐ・キスをする」ができないチキン男→これも同じく「いい人止まり」

あびる優みたいな強気なSキャラの女性を無理にイジって口説こうとする男は、2番ですね。

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===