Pairsのデートで会話が盛り上げるために考えるべき、たった一つのこと。

Pairsのデートで会話が盛り上げるために考えるべきは、

「共有スペースの活用」

です。

1.なぜPairsのデートで会話が盛り上がらないのか?

あなたがPairsのデートで会話が盛り上がらない理由を一言で言えば、

「共有スペースを活用できていないため」

です。

共有スペースというのは、ナンパ用語で、

「二人の目の前にあるもの」

という意味の単語で、

  • カフェのメニュー
  • カフェにいるお客さん
  • 女の子の持ち物
  • 女の子のファッション
  • 女の子の表情

などはすべて「共有スペース」に入ります。

私がいろいろな男を観察していて思うのは、

「話題の選び方を間違えている」

ということです。

たいていの男は、Pairsでデートが始まると、

「どんな仕事してるの?」
「今までどれぐらい会った?」

と、いきなりパーソナルな部分に踏み込んでいますが、会ったばかりの段階で、パーソナルな部分に踏み込むのはNGです。

デートにおけるアイスブレイクのコツは「自分の恥部をさらすこと」

の記事でも話しましたが、基本的にあなたがパーソナルな話題(恥部)をさらしていない状態で、相手のパーソナルスペースに踏み込むのはルール違反です。

Pairsで会ったばかり状態で、会話を作る際に一番良いのは、

「共有スペースの活用」

です。

例えば、カフェ店内集合にして会ったばかりの会話の出だしは、

「今日、超暑くないですか?笑」(「天気」という共有スペース)
「荷物多くないですか?笑」(「女の子のバッグ」という共有スペース)
「ここすぐに分かりました?」(「カフェの立地」という共有スペース)
「もしかして、このカフェ前に来たことありました?」(「カフェ」という共有スペース)
「一時間ぐらい待ちました。嘘です、5分ぐらいしか待ってないです。笑」(「自分が先にカフェで待っていた」という共有スペース)
「何か飲みます?グリーンスムージーとかありますよ笑」(「カフェのメニュー」という共有スペース)
「てか、あのアプリすぐ落ちません?笑」(「Pairsのアプリ」という共有スペース)

という感じです。

このようにして、会話を切り出していって「あとは連想ゲームで広げていく」という形で会話を作っていきます。

とにかく、大事なのは、

「共有スペースを使う」

という意識です。

共有スペースを使わなければ、女の子は反応しづらいです。リアクションが取りづらいです。

2.相手に近い話題を選ぶことの重要性

なぜ共有スペースの活用が重要なのかというと、それは、

「相手に近い話題だから」

です。

同じように、女の子自身の話をさせるのが、なぜ一番盛り上がるのかといえば、

「女の子にとって最もなじみのある話題だから」

私が常々、

「ジャニーズを勉強しろ」
「イケメン俳優を勉強しろ」

と言っているのは、相手にとってなじみのある話題を選ぶためです。相手にとってなじみのある話題を選ぶことによって、トーク力のなさをカバーするためです。

「トークに自信がありません…」

という人ほど、必死に

  • すべらない話
  • フリオチ

などを勉強しますが、最も重要なのは、

「共有スペースの活用を学ぶこと」

です。

相手が反応しやすい話題を選び、なおかつ自分にも知識がある状態であれば、

「会話が全然盛り上がらない」

ということは、まず起こりません。

会話をするときは、いつも、

「できるだけ相手に近い話題を選択する」
「二人が同じ空間で共有しているものをネタにする」

という意識を持ってください。

こういう意識を持たずに会話していて、反応が取れなないのは当たり前です。

「会話は連想ゲーム」

です。

  • カフェのメニュー
  • カフェにいるお客さん
  • 女の子の持ち物
  • 女の子のファッション
  • 女の子の表情

といった共有スペースから会話を始めて広げていく、という意味で、

「会話は連想ゲーム」

です。

ただ、連想ゲームと言っても、頭の中には常に、

「できるだけ相手に近い話題を選択する」

という意識を持つ必要があります。

連想ゲームで会話がどんどん相手から離れてしまう場合がありますので、その場合は急いで相手に近い話題に戻してください。

3.ストナンに学ぶ、共有スペースの活用法

共有スペースの威力は、ストナンではさらに顕著です。

例えば、

  • 声かけして女の子の笑い反応が取れた
  • 歩くスピードが緩まった
  • もうひと押しすればビタ止めできそう

という状態で、ビタ止めするときの方法で、私が以前よく使っていたのは、

「ちょ、ちょ、ちょ、マジで一回この段差に登ってwそしたらおれ満足して帰るからw マジで一回この段差に登ってw」

と意味のわからないことを言って、

「は?w 何?w」

という反応を取るという戦法を取っていました。

この戦法も、

「低い段差に意味もなく登らせる」

というシュールな笑いを狙っていますが、何より重要なのが、

「目の前の段差」

という共有スペースを使っている点です。女の子は、目の前の段差は見たらすぐ分かります。共有しているものです。

だから、反応が取れるのです。高確率で笑い反応が取れるのです。

ナンパというのは、ビタ止めができれば勝ちみたいなところがあるので、このビタ止めの技術は非常に重要です。

他にも、

  • 声かけして女の子の笑い反応が取れた
  • 歩くスピードが緩まった
  • もうひと押しすればビタ止めできそう

という状態であれば、

「ほらw歩くスピードも遅くなってきたことですしw」

と言えば、女の子は間違いなく歩くスピードをわざと早めてきます。

そしたら、

「いや、わざと早くすんなってw」

と、再度共有スペースを活用していきます。

さて、これをデートではどのように活用すれば良いのでしょうか?

Pairsのデートでは、共有スペースを意識して会話すれば、簡単に笑いが取れます。ストナンの場合は不審者スタートですが、Pairsの場合はまともな人スタートなので、めっちゃ楽に笑いが取れます。

例えば、二人で横並びに歩いているときに、

「あ、そこ水たまりあるよ」
「あ、そこ段差あるよ」
「あ、そこ横断歩道あるよ」

と、共有スペースを活かしたユーモアをかましてみて、笑い反応が取れれば万事OKですし、もし苦笑いなどの反応であった場合は、

「先生、苦笑いはやめてもらっていいですかw」

と、またもや共有スペースを活用していきます。

会話はこうやって作っていくのです。

私がこういう会話を作れるのは、

「目の前にあるものをいかにネタにしていくか」
「いかに共有スペースを活用してくか」

という視点を常に持っているからです。

===

 

生まれつきモテる男へのジャイアントキリング @ 神崎

コンプレックス持ってる奴は、強いぜ。

長年お前が自分を変えたいと思ってきたその想い…

そいつはすげえパワー持ってる。

敵のド肝を抜け。

お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ。

   

===